【スーパーGT】もてぎレース2予選(GT500):39号車が圧巻の連続PP獲得

SUPER GT最終戦予選500クラスは、#39 DENSO KOBELCO SARD RC Fが昨日に続いてポールポジションを獲得した。

 11月13日日曜日、ついにSUPER GT最終戦の予選が行われた。GT500クラスは平手晃平のドライブする#39 DENSO KOBELCO SARD RC Fがポールポジションを獲得した。

 15分で行われるこの予選はタイム順でグリッドが決まる。なおこの最終戦は、ウエイトを積まない予選となる。

 セッションは予定時刻に開始されるも多くのマシンは、残り時間9分を切ったところでコースインする展開になった。

 残り時間5分を切って、まずは#1 MOTUL AUTECH GT-Rが1分38秒111をマークし、いきなりコースレコードを上回る。しかし#39 DENSO KOBELCO SARD RC Fがさらにそのタイムを更新して1分37秒115 をマーク。#6 WAKO'S 4CR RC Fも1分37秒776を記録し2番手、レクサス勢が大幅にタイムを上回った。#36 au TOM'S RC Fが3番手タイム、#38 ZENT CERUMO RC Fは4番手タイムを計測し、2度目のアタックに向かった。

 その2度目のアタックでは、#1 MOTUL AUTECH GT-Rは5番手タイムで精一杯。#39 DENSO KOBELCO SARD RC Fは先ほどのタイムをさらに更新し、1分36秒491をマーク。昨日は不運に見舞われた#37 KeePer TOM'S RC Fは2番手に浮上。#6 WAKO'S 4CR RC Fが3番手、#12 カルソニック IMPUL GT-Rは4番手でレクサス勢に割って入った。

 これがラストレースの#15ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GTは牧野任祐のドライブで13番手、#1 MOTUL AUTECH GT-Rはタイムを更新するも順位は上がらず。#19 Wedsport ADVAN RC Fはインパルを抑えて4番手、#36 au TOM'S RC Fは6番手、昨日の勝者#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rは12番手だった。NSX勢は、#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTの10番手が最上位となった。

 最終的に、#39 DENSO KOBELCO SARD RC Fが昨日に続いてポールポジションを獲得。トップ4をレクサス陣営が独占し、39号車を筆頭にこの最終戦でチャンピオンを狙う形になった。

 最終戦の決勝レースは、今日の13時30分より行われる。

スーパーGT もてぎラウンドレース2予選結果(GT500

1. #39 DENSO KOBELCO SARD RC F/1'36.491

2. #37 KeePer TOM'S RC F/1'36.774

3. #6 WAKO'S 4CR RC F/1'36.776

4. #19 Wedsport ADVAN RC F/1'37.141

5. #12 カルソニック IMPUL GT-R/1'37.144

6. #36 au TOM'S RC F/1'37.226

7. #38 ZENT CERUMO RC F/1’37.270

8. #46 S Road CRAFTSPORTS GT-R /1'37.483

9. #1 MOTUL AUTECH GT-R/1'37.635

10. #17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT/1'37.741

11. #8 ARTA NSX CONCEPT-GT/1'37.786

12. #24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R/1'37.812

13. #15ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT/1'37.977

14. #100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT/1'38,114

15. #64 Epson NSX CONCEPT-GT/1'39.424

【関連ニュース】

【スーパーGT】もてぎラウンドレース2(最終戦):タイトル決定条件とは

 【スーパーGT】コバライネン「今日も明日も勝つために全力を尽くしたい」

【スーパーGT】もてぎ:レース1予選GT500クラス レースレポート

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 ツインリンクもてぎ
サーキット ツインリンクもてぎ
記事タイプ 予選レポート