【スーパーGT】立川「明日はぶっつけ本番になる。変な緊張はない」

スーパーGT第3戦・最終戦もてぎ 金曜日フリー走行が終了した#38 ZENT CERUMO RC Fのふたりが、明日の意気込みを語る。

 第3戦・最終戦もてぎラウンド フリー走行は11月11日金曜日に行われた。

 レインコンディションのフリー走行1回目はレッドフラッグが3回振られ、大きく荒れた。ドライが予想されたフリー走行2回目も結局、雨に降られてしまい、セッション時間が40分間延長された。明日の予報は気温20℃の晴れであり、ドライでの走行ができなかったドライバー達は、そのまま予選を迎えることになる。

 #38 ZENT CERUMO RC Fのふたりは、GT500クラスフリー走行1回目で4位(1’56”615)、2回目で9位(1'46"306)につけている。

立川祐路(#38 ZENT CERUMO RC F )

「ウェットコンディションとなった今日の走行は明日、明後日につながる走行にならなかった気がします。ドライでクルマがどうかということについては正直言ってわからないままでした。その結果、明日の予選はぶっつけ本番になってしまうことになってしまいました。天候もどうなるかわからないし、もしドライコンディションになったら、ぶっつけ本番になってしまいます。ただ、やってみないとわからないというのも逆に楽しみという部分もあります。今回はレースも2回あるので、逆転できるということもあるし、まずは1レース次第ということになりますが、変な緊張はありません」

「みんな、ドライで走っていないし、走ってみないとわからないので、仕方がないですね。やってみないとわからないということでエンジニアはしびれていますが、ここまできたら、僕は行くだけです」

石浦宏明(#38 ZENT CERUMO RC F )

「なかなかしびれる状況ですが、まだチャンピオン獲得のチャンスは残っています。ドライタイヤでも確認できると思っていたのですが、悩んでいても仕方がありません。逆に中途半端に走れていたら、もっと悩んでいたかもしれないので、これで良かったと思っています。チームにはテストで蓄積したデータもありますし、セットアップに不安はありません。もてぎについては、二人とも得意なので、落ち着いて戦えると思います。今回は3レースあるので、これから42ポイント獲得できるというのはラッキーですね。厳しい状況ではチームの力や運も必要になりますが、このいい流れのまま戦えられれば、行けると思います」

【関連ニュース】 

スーパーGT第3戦・最終戦もてぎ:金曜日フリー走行1回目タイム結果

【スーパーGT】第3戦・最終戦もてぎ:金曜日フリー走行2回目タイム結果

 【スーパーGT】最終戦もてぎラウンド:搬入日のフォトギャラリー

【スーパーGT】今年の王者もついに決着。最終もてぎ2連戦プレビュー

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 ツインリンクもてぎ
サブイベント 金曜日 フリー走行
サーキット ツインリンクもてぎ
記事タイプ 速報ニュース