スーパーGT第5戦富士予選(GT300):55号車M6 GT3が全セッション首位。初優勝へ!

スーパーGT第5戦富士の予選が行われ、GT300クラスのポールポジションは、#55 ARTA BMW M6 GT3が獲得した。

3号車と7号車が脱落。波乱のQ1

 14時25分から行われたGT300クラスの予選Q1。まず好タイムを記録したのは#9 GULF NAC PORSCHE 911で、1分40秒479である。

 しかし、これをあっさりと上回ってみせたのは、ヤン・マーデンボローがドライブする#3 B-MAX NDDP GT-R。9号車のタイムを2秒近く上回ってみせた。

 #5 マッハ車検 MC86、#25 VivaC 86 MC、#63 DIRECTION 108 HURACANがどんどんこれを上回っていくが、これらを大きく上回ったのは、#55 ARTA BMW M6 GT3。1分37秒600と、2番手以下を約0.6秒引き離してみせた。

 その後、#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSがトップまで0.15秒差の2番手に上がり、#30 TOYOTA PRIUS apr GTが3番手となる中、残り4分というところで赤旗中断。#108 DIRECTION 108 HURACANが300Rでストップしてしまったのだ。

 #108 DIRECTION 108 HURACANは、午前中の公式練習を走行することができなかった。その時の原因は、ミッションのオイル漏れ。この対策パーツは今晩届くということで、チームは応急処置を施してコースに送り出した。しかし、この対策が功を奏さなかったということかもしれない。

 セッション再開後は#2 シンティアム・アップル・ロータスが3番手にジャンプアップしたものの、その他はなかなかペースを上げることができない。

 結局、セッション終了時点でトップだったのは#55 ARTA BMW M6 GT3。#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS、#2 シンティアム・アップル・ロータスと続いた。

 ただ、このレースの本命格と見られていた#3 B-MAX NDDP GT-Rや、自信を語っていた#7 Studie BMW M6がQ1脱落となっている。

Q2も55号車。ここまで全セッション首位の圧倒的強さ

 迎えた予選Q2。やはり#55 ARTA BMW M6 GT3が速い。

 セッション序盤をトップで推移したのが、#4 グッドスマイル 初音ミク AMG。しかし、#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSなどが上回っていく。

 #55 ARTA BMW M6 GT3を駆る高木信一は、1分37秒545を記録してトップに浮上し、ポールポジション獲得を決めた。公式練習、予選Q1、予選Q2と、ここまで全セッションでトップタイム。まさに完璧な初日と言えよう。

 以下、#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS、#51 JMS LMcorsa 488 GT3とFIA-GT3車両が上位を占める中、4番手にはJAF-GT勢トップである#61 SUBARU BRZ R&D SPORTが入った。5番手に#4 グッドスマイル 初音ミク AMG。6番手にはもう1台のJAF-GT勢、#31 TOYOTA PRIUS apr GTが入っている。

 ここ富士では、連続でポールポジションを獲得することになった#55 ARTA BMW M6 GT3。戦前から小林は、「ポールポジションを狙う」と明言してきた。ただBMW M6 GT3には”燃費が悪い”という弱点がある。これをどう補い、結果につなげてくるだろうか? また、SUGOでも後方グリッドから5位まで浮上して見せた#3 B-MAX NDDP GT-Rも、まだまだ侮れない。

■スーパーGT第5戦富士予選結果(GT300クラス)
1. #55 ARTA BMW M6 GT3/1'37''545
2. #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS/1'37''889
3. #51 JMS Lmcorsa 488 GT3/1'37''908
4. #61 SUBARU BRZ R&D SPORT/1'37''979
5. #4 グッドスマイル 初音ミク AMG/1'38''145
6. #31 TOYOTA PRIUS apr GT/1'38''172
7. #65 LEON CVSTOS AMG-GT/1'38''534
8. #88 マネパ ランボルギーニ GT3/1'38''638
9. #25 VivaC 86 MC/1'38''770
10. #63 DIRECTION 108 HURACAN/1'38''804
11. #11 GAINER TANAX AMG SLS/1'38''877
12. #26 AUDI R8 LMS/1'39''418
13. #30 TOYOTA PRIUS apr GT/1'39''529
14. #2 シンティアム・アップル・ロータス/1'39''990
15. #5 マッハ車検 MC86/1'38''837
16. #33 Excellence Porsche/1'38''870
17. #3 B-MAX NDDP GT-R/1'38''873
18. #48 DIJON Racing GT-R/1'38''887
19. #0 GAINER TANAX GT-R/1'39''013
20. #7 Studie BMW M6/1'39''050
21. #87 triple a ランボルギーニ GT3/1'39''421
22. #18 UPGARAGE BANDOH 86/1'39''444
23. #50 ODYSSEY SLS/1'39''555
24. #108 DIRECTION 108 HURACAN/1'39''674
25. #360 RUNUP Group&DOES GT-R/1'39''678
26. #9 GULF NAC PORSCHE 911/1'39''960
27. #111 エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT/1'40''039
28. #22 アールキューズ SLS AMG GT3/1'40''127
29. #60 SYNTIUM Lmcorsa RC F GT3/1'40''985

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 富士Ⅱ
サブイベント 土曜日 予選
サーキット 富士スピードウェイ
記事タイプ 予選レポート