石浦「90kgのウエイトハンデの中ではベストな結果。より多くのポイントを持ち帰る」

LEXUS TEAM ZENT CERUMO スーパーGT第7戦予選レポート

2016 AUTOBACS SUPER GT Report

BURIRAM SUPER GT RACE
第7戦 チャン・インターナショナル・サーキット
ZENT CERUMO RC F
#38 立川祐路/石浦宏明
◆10月8日(土) QUALIFY
公式予選総合結果 11位(1分25秒140)

<公式予選>天候:晴れ コース状況:ドライ

 見事な勝利を飾った8月のSUPER GT第6戦鈴鹿を終え、LEXUS TEAM ZENT CERUMOは約1ヶ月のインターバルを経て、シリーズ終盤の大事な一戦となる第7戦タイを迎えた。舞台となるのは、今年で3年目のSUPER GT開催となるタイ王国ブリーラム県のチャン・インターナショナル・サーキットだ。

 鈴鹿での勝利により、ZENT CERUMO RC Fの立川祐路/石浦宏明のコンビはドライバーズランキングでも合計45点で2位に浮上。トップの#1 GT-Rのコンビに11点差まで迫っている。ただ、ここで思うようにポイントを加算しきれないのがSUPER GTの難しさ。このタイでのレースに向けて、ZENT CERUMO RC Fは90kgのハンデウエイトで挑むことになる。

 驚異的とも言える僅差のGT500クラスの戦いのなかで、90kgのハンデは非常に厳しいところ。もちろんLEXUS TEAM ZENT CERUMOはより上位、そして表彰台を目指してタイに乗り込んでいるが、最低限の目標はランキング首位の#1 GT-Rよりも前でフィニッシュすることだ。そのためにも、予選順位は非常に重要だ。

 外国ならではのリラックスした雰囲気で過ごした金曜日までとはうって変わって、10月8日(土)の朝からは一気に本番モード。LEXUS TEAM ZENT CERUMOは現地時間午前10時からの公式練習に臨んだ。

 ZENT CERUMO RC Fは立川がステアリングを握りコースイン。まずは実際に90kgのウエイトがどんな影響を及ぼすのか、そして予選に向けてどんなタイムを出すことができるのか、セットアップを確認していく。

 しかし、これまでテストでも搭載したことがない90kgというハンデは、予想以上のものだった。特に、これまで少しずつウエイトを積み重ねてきた状態ならまだしも、いきなり前戦から50kgも増えるのは、繊細なレーシングカーにとって大きな影響となった。

「初めてこのクルマで90kgものウエイトを積むので、想像以上でしたね」と村田卓児エンジニアも、“未知の領域”に驚きを隠せない様子だった。

 しかし、驚いてばかりもいられない。LEXUS TEAM ZENT CERUMOは立川にステアリングを委ねたまま、立川中心に90kgへの対処を進めていく。石浦も自らの走行時間を削り、セットアップに時間を費やした。最終的に、公式練習では立川が22周を走行し、専有走行の時間帯にマークした1分25秒644がベストタイムに。石浦は9周のみの走行となった。

 結果としては13番手というタイムだったが、予選に向けて好材料は見つかった。タイらしいゆったりとした雰囲気のピットウォーク等を経て、迎えた午後3時20分からのGT500クラスの公式予選Q1。ステアリングを握るのは、終始セットアップを進めていた立川だ。

 ZENT CERUMO RC Fを駆る立川は、2周をウォームアップに費やしアタックを展開。1分25秒140と、公式練習からのセット変更が功を奏し大幅にタイムを上げ、その時点で3番手につける。しかし、その後ウエイトの軽いライバル勢もタイムを上げ、ひとつ、またひとつとポジションを下げてしまう。終わってみれば11番手。ZENT CERUMO RC Fは惜しくも8台が進出できるQ2への切符を手に入れることができなかった。

 しかし、予選を終えた後のLEXUS TEAM ZENT CERUMOのメンバーの表情は、思ったほど暗くはなかった。90kgのハンデウエイトのなかで充分なパフォーマンスを発揮できたからだ。特に、ライバルとなる#1 GT-Rよりも前のグリッドを獲得できたことは大きい。

「明日の決勝で、いかにポイントを獲るか」が今回のZENT CERUMO RC Fの勝負。最終戦もてぎに繋げるレースが期待される。

ドライバー/立川祐路
「今回は90kgというハンデウエイトもあり、苦しい戦いになるのではないかと思っていました。今までテストも含めて体験したことがない領域でしたからね。実際に公式練習からこれまで同様の思ったような流れではいかず、苦しい展開となりました。ただ、予選では改善することができて、最低限の目標である#1 GT-Rの前にいくことができました。ただ、明日はもっと前のポジションにいって、ポイントを獲らなければいけませんからね。がんばります」

ドライバー/石浦宏明
「ウエイトを積むことによってバランスも今までと異なっていたりと、走ってみないと分からないことも多く、走りはじめから難しい展開でしたね。立川選手を中心にセットアップを進めた方がいいと感じ、エンジニアに伝えて僕は朝はニュータイヤも履かず、少ない周回にとどめました。その中で感じたことを立川選手にトライしてもらったりと、チームが一丸となって90kgというハンデウエイトに立ち向かった一日でした。その甲斐もあって、90kgの状態でのベストは出せたのではないかと思います。予選でもいい感触でしたし、明日のレースに一歩ずつ繋がる流れで進めることができました。勝負は明日。少しでも多くのポイントを持ち帰れるようにしたいですね」

高木虎之介監督
「同じレクサスRC Fを使うチームで、我々と近いハンデウエイトのチームが前にいるので、まだまだクルマの部分でやれたところはあるかもしれません。あとコンマ2秒上げることができたら、もう少し違った展開もあったかもしれないです。そこは詰めたかったですね。公式練習から予選までにさまざまなトライをしましたが、#1 GT-Rより前にいることができているので、しっかりポイントを獲っていきたいと思います」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 ブリーラム
サブイベント 土曜日 予選
サーキット チャーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Hiroaki Ishiura , Toranosuke Takagi , Yuji Tachikawa
チーム Cerumo
記事タイプ 予選レポート