谷口信輝「生き残れただけラッキーな8位」:グッドスマイル 初音ミク AMGレースレポート

GOODSMILE RACING & TeamUKYO レースレポート:ミスなく終わるも、ウェイトハンデも相まって8位入賞が精一杯

SUPER GT 2016 第7戦
会期:2016年10月8〜9日


場所:チャーン国際サーキット
(タイ・ブリーラム)


天候:晴れ


動員:6万336人(3日間)


予選:9位


決勝:8位

■10月8日(土)上位陣の速さには届かず予選は9位
 3年目を迎えたSUPER GTタイラウンド。昨年は6月開催だったが、今年は初年度と同じ10月の第7戦に設定された。熊本地震のため中止となった第3戦の代替レースを最終戦のツインリンクもてぎで行なう予定であり、その代替レースが実質の第7戦にあたるため、今回のタイはウェイトハンデがフル(ポイント×2kg)で争われることになった(通常、第7戦のハンデはポイント×1kgに減る)。

 舞台となるサーキットはバンコクからクルマで6時間ほどのブリーラムにある「チャーンインターナショナルサーキット」。レースウィークはほぼ雷雨の予報だったが、予選日は気温30度を超えるほどの快晴だった。

 8日、予選日朝の練習走行はもちろんドライ。最初に片岡選手、途中で谷口選手に変わり、マシンの手応えを探っていく。ベストタイム「1分34秒542」を出し、その後もユーズドタイヤを履いて34秒台で走行するなど調子は悪くなかったが、ライバルたちは続々と33秒台を記録し、最終的に14番手で終了した

 予選1回目(Q1)は谷口選手が担当。クリアラップを取るため、5分ほどピットで様子を見てから出発。3周目に「1分34秒161」を出したが徐々に順位は下がり、足切りとなってしまう15番手になってしまう。Q1突破ならずかと思われたが、4輪脱輪(コースアウト)したクルマがタイム抹消となり、なんとかギリギリの14位で通過した。

 予選2回目(Q2)は片岡選手がステアリングを握る。4周目のアタックで「1分33秒673」を記録する。だが上位陣が続々と32秒台を出し始めたため、9位で終了となった。決勝は9番グリッドからのスタートが決定した。
■10月9日(日)ミスもトラブルもなかったが……

 9日、決勝日も朝から太陽の強烈な日差しが降り注ぐ。フリー走行では「1分35秒160」、2階建てバスが走ったサーキットサファリで「1分34秒778」を記録した。

 スタートドライバーは片岡選手。1周目から1台を抜いて8位にアップするも、3周目に87号車(triple a ランボルギーニ GT3)に抜かれ、元のポジションに戻ってしまった。その後、背後から31号車(TOYOTA PRIUS apr GT)がピタリと付け、片岡選手はGT500を利用して差を広げたものの、31号車はすぐに追いつき、14周目についに抜かれてしまう。

 順位は10位までダウンしたものの、16周目に87号車を抜き返して9位に、18周目に88号車(マネパ ランボルギーニ GT3)を抜いて8位、そしてミクAMGはピットインのタイミングを遅らせていたため、ほかのマシンたちが続々とピットに入った29周目には1位を走っていた。

 それからも片岡選手でかなり引っ張って、38周目にピットイン。タイヤは左側2本のみ交換し、ピット作業時間を短縮。ドライバーを谷口選手に交代して再びコースに戻った。

 アウトラップは10位まで落ちたものの、42周目には9位に復帰する。しかし、48周目に65号車(LEON CVSTOS AMG-GT)にオーバーテイクを許してしまうも、53周目にクラッシュしたマシンがあり再び9位に上がる。この時点で前を走るマシンとの差は大きく、9位でフィニッシュかと思われたが、レース終了間際にトラブルでピットに入ったマシンがあり、ギリギリのタイミングで8位に上がってチェッカーを受けた。

 今回の結果から、ポイントは36に、ランキングは6位になった。トップとの差は18ポイントだが、ツインリンクもてぎの2連戦では勝利を掴みたい。

■チーム関係者コメント

安藝貴範代表
 今回は完敗でした。前戦の鈴鹿でちょっと周りに追いつけたかなと思ったんですが……。クルマの本来のポテンシャルが出せているのかどうか、まだ検討すべきところがありますね。重量(ウェイトハンデ)も原因ひとつかもしれません。ほかのクルマの速さをみていると、次のもてぎがAMGに合っているかどうかわかりませんが、やれることはまだあると思うので、次に向けて対策を練っていきます。

片山右京監督
「結果から言うと残念なレースでした。GT3勢ではGT-Rが速かったし、マザーシャーシ勢はタイヤ交換をしなくてもあれだけ速く走れる。ちょっと勝負権がなかったですね。今回、ウェイトハンデで66kg積んでいたし、ほかのタイヤも速かった。今シーズンを通してクルマを見てきて、良いところと悪いところも分かってきたので、できることをミスなく遂行してなんとかするしかありません。次の2連戦では巻き返したいですね」

谷口信輝選手
「重量のせいなのかはわかりませんが、とにかく速さが全然なくて。9番手でスタートして8位でゴールできましたが、これは地道に走って生き残っていたというだけで、ラッキーな8位です。この状況は本当に良くない。特にみんなセクター1が速かったんですが、次戦もてぎもこのセクター1のようなサーキットなので、速さを取り戻していかないといけません」

片岡龍也選手
「スタートしてからキレの良い走りもできず、淡々と走るしかありませんでした。とはいえ、途中はトップグループから離されなかったからチャンスがあるかもと思いましたが、勝負権を持つことができませんでした。クルマのバランス、ポテンシャル、あらゆるものが平均点で、悪くもないけど良くもないという状況です。むしろ問題があったほうが、直せば速くなるんですけど、何もないので。ちょっと深刻ですね」

GOODSMILE RACING & TeamUKYO公式応援サイト
http://goodsmileracing.com/

GOODSMILE RACING & TeamUKYO

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 ブリーラム
サーキット チャーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Nobuteru Taniguchi , Tatsuya Kataoka , Ukyo Katayama
チーム GoodSmile Racing & Team Ukyo
記事タイプ 速報ニュース