ニッサン、豪州スーパーカーへの参戦継続。GT選手権、バサースト12時間へも挑戦

ニッサンはオーストラリアのスーパーカーシリーズ参戦を2年延長、そしてGT選手権へフル参戦さらにバサースト12時間の体制拡大を決めた。

 ニッサンは今後少なくとも2年間にわたって、オーストラリアのスーパーカーシリーズへの参戦を継続することを決めた。新シーズンでもこれまで同様V8エンジン搭載のアルティマを使用するという。

 マイケル・カールソは23号車に乗り、2018年末までレースを戦うよう、契約が延長される。

 ニッサンのオーストラリアにおけるプログラムは、スーパーカーシリーズだけではない。オーストラリアGT選手権にも、2017年からフル参戦するという。同シリーズには、15年のGTアカデミーインターナショナル部門勝者のマット・シモンズが参戦GT-Rを走らせる予定だという。また今季僅差で2位に甘んじたバサースト12時間耐久レースにも、2台のGT-Rを走らせる予定だ。

「モータースポーツは、オーストラリアでも、もちろん世界的にも、ニッサンにとってのDNAである」

 ニッサン・オーストラリアのマネージングディレクター兼CEOのリチャード・エメリーは、そう語っている。

「1966年にニッサンがオーストラリアでのビジネスを始めた時、我々が最初に行ったことのひとつは、モーターレーシングに取り組むことだった。我々にとってモータースポーツプログラムは、ニッサンのブランドが何たるかを、我々のレースカーの興奮とファンの心を動かす性質を持つ革新性を通じて、皆様に示すための方法である」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Supercars , Endurance
ドライバー Dale Wood , Michael Caruso , Rick Kelly , Todd Kelly
チーム ニッサン・モータースポーツ
記事タイプ 速報ニュース