アウディWEC開幕戦結果除外裁定に控訴を決定

アウディ・チーム・ヨーストは、WEC開幕戦シルバーストン6時間レースの結果から7号車アウディR18を除外する裁定に対して、控訴することを選択した

 WEC開幕戦シルバーストン6時間レースでトップチェッカーを受けた7号車アウディR18は、レース後の車検でスキッドブロッグが規定された20mm以下だったことが分かり、レース結果から除外された。この結果により、2号車ポルシェ919ハイブリッドのマルク・リーブ、ニール・ジャニ、ロマン・デュマ組が優勝に繰り上がった。

 当初、アウディはこの決定について反論しないとみられていたが、その後チームは除外の裁定に対して控訴する方針を確認した。

「アウディ・スポート・チーム・ヨーストは、レース結果からの除外という裁定に対して控訴している。したがって、2016年FIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦の結果は、暫定のままである」と、アウディは声明を発表している。

「競技技術委員会は、7号車のスキッドブロックの暑さが、LMP1テクニカルレギュレーションの3.5.6 a3に準拠していないことを説明する、テクニカルデレゲートからの報告を受けた。アウディ・スポート・チーム・ヨーストは、レース結果から7号車を排除する決定に対して控訴している。したがってレース結果は、スポーツ仲裁裁判所の決定に委ねられることになるはずだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 シルバーストン
サーキット シルバーストン
ドライバー Andre Lotterer , Benoit Tréluyer , Marcel Fassler
チーム Audi Sport Team Joest
記事タイプ 速報ニュース