ウルリッヒ代表「残念なことにトヨタには僅差で及ばなかった」:アウディWEC富士決勝

【アウディモータースポーツ】Audi、激闘の末にWEC富士戦で2位を獲得

 10月16日 インゴルシュタット/富士:FIA世界耐久選手権(WEC)の富士戦は、これまでにない白熱した大接戦となりました。6時間にもおよぶ長き闘いの末に、アウディ、ポルシェ、トヨタの3チーム間のタイム差はごくわずか。アウディは5時間に渡りトップを走行していましたが、わずか1.4秒差で2位となりました。

 ルーカス・ディ・グラッシ/ロイック・デュバル/オリバー ジャービス(ブラジル/フランス/イギリス)組は、日本のレースファンに驚異的なパフォーマンスを披露しました。彼らは決勝レースを今シーズン2度目のポールポジションからスタートしました。その後は6号車のトヨタと1号車のポルシェを相手に、6時間に渡る非常に厳しい闘いを繰り広げ、わずか1.4秒という僅差で2位となりました。

 アウディモータースポーツ代表のDr.ウォルフガング・ウルリッヒは「3人のドライバーは、素晴らしいパフォーマンスを発揮、最後まで激しいバトルを繰り広げました。トヨタは最後のピットインをギリギリまで遅くし、さらにタイヤ交換をしないという戦略を実行し、初めてトップに立ちました。ロイック・デュバルはトップ奪還のためにトヨタを猛追し、およそ12秒もの間隔を取り戻しました。非常に残念なことに僅差で及びませんでしたが、今大会は希にみる激しい展開となったレースでした」とコメントをしています。

 アウディは富士戦で2位を獲得したことで、チャンピオンシップ獲得にさらに近づきました。今回、ディ・グラッシ/デュバル/ジャービス組は9ポイントを獲得、順位は2番手ですが、ランキングトップのロマン・デュマ/ニール・ジャニ/マルク・リーブ組とのポイント差を、わずか28.5ポイントにまで縮めました。

 7号車マルセル・ファスラー/アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ組は、トレルイエが4番手を走行中の18周目に、ハイブリッドシステム内のモータージェネレーター ユニット(MGU)に不具合が発生しました。レースを続行するために、Audi Sportチームヨーストは、フロントのドライブシャフトを取り外した状態で、マルセル・ファスラーがレースに復帰。同時にアウディはFIA側に、今回の処置がレギュレーション上どの様に解釈されるかを照会したところ、技術委員長からその状態での走行はホモロゲーション規則に違反するとの指摘を受けリタイア。Dr. ウルリッヒは「今回の事態は、非常に遺憾に思っています。チームは、本来の耐久レースの精神に則り、その時点で出来うる限りの努力と判断をもって、マシンを完走させようとしていました」とコメントしています。

 Audi Sport LMPプログラム代表のステファン・ドライヤーも「僅差で2位となったものの、ルーカス・ディ・グラッシ、ロイック・デュバル、オリバー・ジャービスの3人は、非常に素晴らしいパフォーマンスとファイティングスピリッツを発揮しました。彼らに加え、素晴らしいチーム力を発揮してくれた、富士に来たクルーやノイブルクとネッカーズルムでサポートしているすべてのチーム員に心から感謝しています。残念ながら7号車は、テクニカルトラブルに見舞われてしまいました。2度目のトラブル発生に対し誠に遺憾に思います。次回のレースでは、1-2フィニッシュを飾ることを望みます」とコメントしています。

【アウディモータースポーツ配信リリースの翻訳版/アウディジャパン】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 富士
サーキット 富士スピードウェイ
チーム Audi Sport Team Joest
記事タイプ レースレポート