フォードがWEC富士でクラス優勝、2ドライバーの試みが功を奏したか

フォードは日本ラウンドでル・マン24時間耐久レース以来のクラス優勝を果たした。

 フォード・チップ・ガナッシ・レーシングは、WECでル・マン24時間耐久レース以来の優勝を日本ラウンドで果たした。

 66号車のプラ・オリヴィエは最終スティント前にスピンを喫したため、大幅に遅れてトップの67号車の後にフィニッシュした。

 富士スピードウェイのレイアウトは、ライバルであるアストンマーチンやフェラーリより有利なものであったが、67号車のアンディ・プリオールはチームの完璧なパフォーマンスによる勝利を讃えた。

「特別で、素晴らしい週末だった」

「1日を通してピットストップになんの問題もなかった。レース中盤で力強い走りをできたから、僕は結果に期待していた。それに、ハリー(・ティンクネル)も素晴らしい仕事をした」

「金曜日の朝から手応えを感じていた。『ここにチャンスがある』と感じていたよ」

「でも、決勝の後半戦はとても厳しかった。6時間中、5時間も66号車が後をつけてきたんだ。でも僕たちはなんのミスもなく、まさに完璧な走りをした。本当に幸せだよ」

 富士のレイアウトは、フォードGTにとって得意だったのかと訊くとプリオールは付け加えた。

「サーキットとマシンがそれぞれ異なっていたけど、相性は良かったようだ。マシンは僕たちのためによく働いてくれたよ」

「今までのメキシコやオースティンでは、100%出し切って5位という結果だった。僕たちにはこれ以上に勝つためにやれることはなかった」

「今までの戦いからすると、富士は僕たちにとって良いサーキットだと思う。おそらく次戦のWEC上海でも、上を狙っていける良いレースができると思っているよ」

2ドライバーへの変更

 67号車は、WEC富士で2ドライバーチームとして参戦した。フォードは日本ラウンドを含めた残り3レースで、ラインアップからマリノ・フランキッティを外すことを決定した。

 ニュルブルクリンク以降アストンマーチンが2ドライバーにラインアップを変更して以来、67号車はGTE Proクラスで唯一の3ドライバーチームだった。

 プリオールは今回からの2ドライバーが戦いやすかったと認めている。

「マリノと戦えなかったのは本当に残念だ。彼は良い人だから」

「でもその分、フリー走行でたくさん練習することができた。3ドライバーではそうはいかなかったと思う」

「トラックを学習し、マシンを学習してきたけど、それは理想的ではなかった。WEC富士ではそれを証明することができた」

「それだけでなく、フリー走行中にセットアップ作業を行うことができるチャンスが増えた。僕とハリーだけでより多くの時間をマシンに費やすことができたんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 富士
サーキット 富士スピードウェイ
ドライバー Andy Priaulx , Harry Tincknell
チーム Chip Ganassi Racing , フォード・レーシング
記事タイプ 速報ニュース