今季WEC初参戦中のフォードGTが、今週末日本で初レース。「表彰台を狙う」

フォードは、WECのLM-GTE Proクラスに今季から参戦しており、今週末初めて日本でレースを行う。

 今週末の世界耐久選手権(WEC)第7戦富士6時間耐久レースでフォードGTが、日本で初めて公開される。

 IMSA スポーツカー選手権のGT-LMクラスに参戦していたフォードは、10月1−2日に最終戦を戦い終えた。その結果、年間マニファクチャーズランキングで2位、#67フォードGTのドライバーたちが年間ドライバーランキングで2位に輝いた。

 またフォードは、WECのLM-GTE Proクラスにも今季初参戦している。WECで強く名を馳せる為にも、残り3レースでなるべく多くのポイントを獲得することが重要になってきている。

「IMSAでのフォード・チップ・ガナッシ・レーシングの戦いは素晴らしいものだった」

 フォード・パフォーマンスのグローバルディレクターであるデイブ・パリカックは語った。

「デビューシーズンに北米のフォードGTで2位を獲得できたのは、本当に素晴らしいことだ。我々は今季のWECで残り3レースを控えている。日本、中国、バーレーンラウンドでも全力を尽くすつもりだ」

#66フォードGT(ステファン・ミュッケ、オリビエ・プラ)

 #66フォードGTは、ステファン・ミュッケとオリビエ・プラが搭乗する。ふたりは現在ドライバーズランキングで6位に位置している。

「僕は日本ラウンドを本当に楽しみにしている」とミュッケは語った。

「富士スピードウェイは本当に興味深いサーキットだ。そして日本の文化に触れることも楽しみにしている。非常に長いストレートや中間の高速セクション、また最後のテクニカルなセクションを持つ富士は、とても挑戦的なサーキットだ。正しく適切なセッティングを見つけることが、フリー走行での目標のひとつになる。僕らのマシンは富士のコーナーと相性がいいと思う。富士に行って、勝つために戦うまで待ちきれない」

#67フォードGT(アンディ・プリオール、ハリー・ティンクネル)

 #67フォードGTは、アンディ・プリオールとハリー・ティンクネルが搭乗。彼らは現在ポイントランキング9位におり、今季の最終戦までに順位を上げたいと考えている。

「僕にとって今回が初めての富士だ。でも、シュミレーターで走っている」とティンクネルは語った。

「初めのセクションは非常に高速だ。フォードGTはそれに合わせていかなければならない。実際、流れるようなコースレイアウトだから、僕たちの強みはここで生かされると思う。僕は最後の3レースで表彰台に立つことを目標にしている。富士からそれが始まるんだ。僕らは勝利するために戦っている。そのためには残り3つのレースで良い結果を残さなければならない」

 WEC日本ラウンドは、10月15日14時より20分間の予選、10月16日11時より決勝が行われる。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 富士
サーキット 富士スピードウェイ
ドライバー Andy Priaulx , Harry Tincknell , Olivier Pla , Stefan Mücke
チーム Chip Ganassi Racing
記事タイプ プレビュー