BMW、2018年からのWEC参戦計画を発表。LM-GTEクラスに挑戦

BMWは2018年から、WECのLM-GTEクラスに参戦することを発表した。

 BMWは、ポルシェやアストンマーチン、フェラーリ、フォード、シボレーなどが集うWEC(世界耐久選手権)のLM-GTEクラスに、ワークス参戦することを発表した。

 BMWはこれまで、世界的なモータースポーツプログラムの一環として、LMP1もしくはガレージ56枠でのル・マン24時間レース復帰を検討していると考えられていた。しかし、結局はLM-GTEクラスへの参戦ということになったのだ。

「2018年以降、我々はGTレースにおける活動範囲を拡大し、FIA世界耐久選手権だけでなくIMSA WeatherTechスポーツカー選手権に出場したいと思います」

 BMWのモータースポーツディレクターであるジェンス・マーコートは語る。

「これには明らかにル・マンへの復帰が含まれており、これを我々は特に楽しみにしている。WECが辿っている発展への道は、GTレースの大きな未来があることについて、我々に大きな自信を与えている」

「これはまた、カスタマーレーシング部門にとっての、大きな動機付けともなる。すでに先に発売されたBMW M6 GT3が成功し、それがこの部門の先頭に立っているのです」

 GTEプロジェクトの詳細については、後日発表される予定だ。M5やM6をベースに開発される新しいマシンは、来年の夏頃、実相テストが開始される予定だ。

 2016年スペックのBMW M6 GT-LMは、現時点ではアメリカのIMSA WeatherTechスポーツカー選手権のみに出走可能なマシンである。そして、BMWの北米市場の重要性に直結している。また、ブランパンやスーパーGTに参戦しているM6は、FIA GT3規格のマシンである。

 BMWは1930年以降、ル・マン24時間レースでの長い歴史を持っている。1970年代には、カスタマーチームを介して、3.0及び3.5CSLを走らせた。また、1980年だいには伝説的なM1及びM1プロカーを登場させている。

 1995年に関谷正徳、ヤニック・ダルマス、J.J.レートが乗ってル・マンを制したマクラーレンF1 GTRには、BMW製6100ccのV12エンジンが搭載されていた。これが、BMWにとってのル・マン最初の成功とも言える。その後1999年には、ウイリアムズF1チームと共同開発したBMW V12 LMRで、コンストラクターとして初めて同レースに勝利している。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース
タグ bmw, jens marquardt