【F1, WEC】アロンソ「F1でタイトルを取ることが最優先だ」

WEC転向の噂もあるアロンソだが、ル・マン24時間レースよりもF1で3度目のタイトルを獲得することが最優先だと話した。

 バーレーンで行われたWEC最終戦のシーズンエンドパーティーで、ポルシェのマーク・ウェーバーの引退に際してビデオメッセージを寄せたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、そのビデオの中で、自身が”冒険”を始める前に、ウェーバーが引退してしまうことにがっかりしていると話した。

 しかし来シーズンもマクラーレン・ホンダをドライブすることが決まっているアロンソは、木曜日にアブダビで、F1でもう一度タイトルを獲得することが優先事項だと主張した。

 アロンソは、「あのメッセージの内容に目新しいものはないし、それは以前から明らかになっていることだ」と話した。

「来年はこのチームでF1に出ることに100%コミットしている。将来的には、ル・マン24時間レースに出場するのはとても魅力的なチャレンジだ」

「このカテゴリーが好きだし、マシンもそうだ。これまで言ってきたように、良いチャレンジになる」

「でもその将来というのが、2年後なのか、5年後なのか、11年後を指しているのかはまだわからない。それは今に始まったことではない」

「僕がまず最初にやりたいこと、やるであろうことは、F1で3度目のタイトルを獲得することだ。それから考えよう」

【関連ニュース】

来季レギュレーションに慎重な姿勢を取るアロンソ。「来年のF1が成功するかはタイヤ次第」

【WEC】ウェーバー「本当に素晴らしい年だった。まだ最後の仕上げが残っている」

【WEC】マーク・ウェーバー緊急来日。独占インタビュー「これ以上レースですべきことはない」

インタビュー:マーク・ウェーバー①「これをやる必要があるのかと思う割合が増えた」

インタビュー:マーク・ウェーバー②「レースの週末は頻繁に目が醒めるようになった」

インタビュー:マーク・ウェーバー③「オーストラリア人は欧州との文化も違いを学ばなきゃいけない。日本人もそうだ」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC , F1
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース