WECメキシコ決勝:雨、クラッシュ、トラブル……要素満載の6時間を1号車ポルシェが制す

WEC第5戦メキシコの決勝レースが行われ、1号車ポルシェが優勝を果たした。

 薄曇りのメキシコシティ。現地時間午後1時半、世界耐久選手権(WEC)第5戦メキシコ6時間レースのスタートが切られた。スタートから飛び出したのは2台のアウディR18。アンドレ・ロッテラーとルーカス・ディ・グラッシの乗る2台が2台のポルシェ919ハイブリッド、2台のトヨタTS050ハイブリッドを引き離しにかかった。

 レースが10周を終えた時点で7号車アウディのロッテラーが8号車アウディのディ・グラッシを1.126秒引き離し、さらに1号車ポルシェのブレンダン・ハートレーを3.322秒、2号車ポルシェのマルク・リーブを7.218秒離す。圧倒的なスピードだ。2台のトヨタはその後ろ。セバスチャン・ブエミが乗る5号車は7号車アウディから8秒以上、小林可夢偉が乗る6号車が13秒以上遅れて続く。

 最初のピットストップはトップを行く7号車アウディ。ロッテラーによれば、「突然の性能低下でスピードが落ちた」とのこと。そのせいで予定よりかなり早い25周目にピットへ入り、6番手でレースに復帰した。ロッテラーは2スティント目もドライブを続行。実は7号車アウディのブノワ・トレルイエも、トヨタのアンソニー・デビッドソン同様このレースに参加していない。そのために7号車アウディはロッテラーとロイック・デュバルのふたりで走ることになり、1人の受け持ち時間が長くなる。

 レースが30周目を迎える頃、トップは8号車アウディ、2位に1号車ポルシェが10秒遅れてつけ、その後ろに2号車ポルシェ、5号車トヨタ、6号車トヨタと続く。トヨタ勢はスタート直後にブースト圧がないと言って6号車に抜かれた5号車がすぐにスピードを取り戻し、6号車をかわして5番手に上がっている。

 トップが33周目を迎えた頃、LMP2クラスの37号車SMPレーシングがクラッシュ。コース上にボディの破片を落として全コースイエロー(FCY)が出された。スタートから50分を過ぎた時間でもあり、この間にピットインするクルマが続出。上位から8号車アウディ、1号車ポルシェ、2号車ポルシェ、5号車トヨタ、6号車トヨタ……が次々とピットへ飛び込んできた。5号車はブエミから中嶋一貴に、6号車は小林可夢偉からマイク・コンウェイにドライバー交替が行われた。その6号車は、コースを飛び出す場面もあった。

 午後2時29分、トップを走る8号車アウディが38周目に掛かった時グリーンフラッグが出て、レースが再開された。イエローフラッグ中のピットストップの結果、2号車ポルシェは5号車トヨタに先行を許し、レース再開後は2台の激しい3位争いが続いている。

 3位争いに目を奪われている間に、トップ争いに変化があった。ハートレーからマーク・ウェバーに替わった1号車ポルシェが8号車アウディを抜いてトップに躍り出ていたのだ。8号車アウディは目の前でスピンした31号車を避けてスピードを落とした隙に1号車ポルシェに抜かれたのだ。しかし、両者の差は約1秒。ちなみにアウディは1人のドライバーが2スティントを連続で走行、レースがスタートして1時間半経過した段階で、7号車はロッテラー、8号車はディ・グラッシがドライブを続けている。

 ちょうどこの頃、ターン12で31号車を抜こうとした6号車トヨタが接触。31号車は今日は散々な日だ。この接触で6号車にドライブスルーのペナルティが科せられた。

 LM-GTE Proクラスは2台のアストンマーチンがリード。しかし、3番手の67号車フォードGTが上がって来た。4番手には77号車ポルシェが着いている。

 午後3時過ぎ、44号車マノーがガレージに運び込まれる。水圧の問題だ。同じ頃、5号車トヨタがピットイン。ピットロードでフロントカウルを外してチェックした後、ガレージに運び込まれた。時を同じくして、ピットロードをドライブスルーのペナルを消化する6号車が駆け抜けた。

 5号車トヨタのトラブルはリヤのインバーター(ハイブリッドのトラブルと表記)。ガレージで修復を試みたが、午後3時半過ぎに修理不可能とみてリタイアを決めた。トヨタTS050ハイブリッドはメキシコ初日のセットアップに苦労したが、2日目には劇的にタイムをあげ、決勝レースに向けて高いパフォーマンスを確認していただけに、非常に残念な結果に終わった。

 レース開始から2時間を迎える頃、激しいトップ争いが1号車ポルシェと8号車アウディの間で繰り広げられる。1号車ポルシェが逃げ、8号車アウディがピタリとテールに付く。そしてスタジアムセクションを抜けたところで8号車が1号車を抜いてトップに。そして次の周、2台揃ってピットへ入った。

 ピットインはディーゼルエンジンを搭載するアウディは時間を要する。燃料の流量制限がガソリンエンジンより厳しいからだ。この結果、ウェーバーから運転を引き継いだティモ・ベルンハルトの1号車ポルシェは、デュバルに替わった8号車アウディに比べてかなり早くコースに戻り、2台の差は7秒にまで広がった。

 レース開始から2時間半。レースは依然として1号車ポルシェが8号車アウディをリードして進んでいる。3番手に2号車ポルシェ、4番手に7号車アウディ。ところが7号車アウディはピットストップの際、ピットレーンでストップ。燃料切れだ。ドライブしていたファスラーが無線で、「燃料に関してメッセージくれた?」と訴える。

 午後4時15分、レースコントロールが「ウエットトラック」のサインを出す。コースの一部で雨が落ちてきた。

 午後4時半、レースはスタートから3時間が経過。ハートレーの乗る1号車ポルシェがピットレーンのエントリーライン(白線)を踏んだことに対してストップ/ゴーのペナルティが科せられ、ハートレーはそのためにピットへ。そのせいで1号車ポルシェは3番手に転落。替わってトップに立ったのは8号車アウディ、2番手に2号車ポルシェが上がる。1号車ポルシェのドライバーであるウェーバーは「連絡ミスだね。薬飲んで頑張らなきゃ。それにしてもルールが曖昧だね」と語る。そしてその頃、「16時50分辺りから雨が来る」とレースコントロールが発表する。

 3番手に落ち、トップから12秒遅れていた1号車ポルシェだが、ドライバーのハートレーが猛烈なプッシュを始め、2位の2号車ポルシェに0.5秒差まで接近。トップの8号車アウディまでの差も6秒に縮めた。そして午後4時48分、ハートレーはターン1でリーブの2号車ポルシェを抜き去った。デュバルのアウディとの差は5秒を切った。

 ドライバーから、雨が降り始めたことが伝えられる。トップのデュバルは、「もし雨が来たらもう1スティント僕が続けて乗っても良いよ」と無線で語る。そのデュバル、ターン12で1号車ポルシェに掴まり2位に転落、その後にも2号車ポルシェの攻撃に遭い、3番手に転落した。

 雨は徐々に酷くなってくる。すると、6号車トヨタはピットに入ってフルウエットタイヤに交換。4番手の座をキープしている。ポルシェは2台揃ってピットへ。その間に8号車アウディがデュバルからオリバー・ジャービスに替わってすぐ、ターン1でスピン。バリアに突っ込んだ。その後自力でピットに戻るが、ボディ右側に大きくダメージを負っており、修復には時間がかかった。スピンの原因は左前輪のベアリングに何か問題が発生したためだという。

「直線の最後でブレーキが効かず後輪がロックした」とジャービスは語るが、この後退は8号車アウディにとって選手権争いで大きな痛手になった。

 レースは残り2時間余り。雨の得意なロッテラーは猛烈な勢いで3番手の6号車トヨタを追い上げ、午後5時29分についにトヨタを捕らえた。トップはハートレーの駆る1号車ポルシェ。2番手も2号車ポルシェが続くが、その差は20秒。2号車ポルシェはLMP2のクルマに左リヤに追突され、リヤウイングの支柱をもぎ取られた。ピットへ入ってリヤカウルの交換をする間に、7号車ロッテラーに先を越された。

 20周を費やして修復した8号車アウディ。5時43分ようやくレースに復帰するも、再びスロー走行でピットへ。その8号車と正反対に、7号車アウディはロッテラーの俊足ぶりが遺憾なく発揮され、1号車ポルシェがピットへ入っている間にトップに躍り出た。2番手には20秒差で1号車ポルシェが続く。

 注目は3番手争い。2号車ポルシェを6号車トヨタが追い回し、165周目についにそれを捕らえ3番手に上がった。2号車ポルシェは過鳴き始めたコース上の濡れた個所を探して走っていたが、フルウエットタイヤでの走行だった。5時56分、6号車トヨタが2号車ポルシェが同時にピットイン。2号車ポルシェはニール・ジャニに交替するが、6号車トヨタはステファン・サラザンのままだ。しかし、2号車ポルシェが先にピットアウトし、順位は入れ替わった。共にスリックタイヤでレースに復帰。

 レースは残り90分。トップグループが次々とピットに入る。ロッテラーの7号車アウディはピットストップで1号車ポルシェにリードを奪われ、3番手争いが2号車ポルシェと6号車トヨタの間で再び始まった。そして176周目のターン12で6号車トヨタが2号車ポルシェを抜き去って3番手に上がり、その差を広げにかかった。

 残り1時間。トップの1号車ポルシェを追い上げていたロッテラーの7号車アウディの前輪がロックして曲がりきれずにガードレールにぶつかる。再走してピットへ戻ってきたが、ボディをチェックしてすぐにレースに戻った。その間に6号車トヨタが2番手に浮上、1号車ポルシェから1周後れだが、1分27秒台のハイペースでトップを追いかける。

 レースは残り45分、レースをリードする1号車ポルシェが最後のピットストップ。タイヤ交換をして燃料を足してピットアウト。その間に6号車トヨタがさらに差を詰めてきた。その差10秒余り。ただし、6号車トヨタも最後のピットストップが待っている。トヨタの後ろには7号車アウディが続くが、約20秒のギャップがある。

 残り30分、サラザンの6号車トヨタは1号車ポルシェに20秒差に迫るも、最後のピットストップで差は以前同様に1周後れになった。このピットストップで6号車トヨタはインターミディエイトタイヤに履き替えた。予想では間もなく雨が来るはず……。同時に7号車アウディに2番手の座を譲った。しかしこの2号車アウディにも最後のピットストップが残っている。ただ、レースの残り周回数は少なく、そのピットストップは恐らくスプラッシュになるだろうと予想された。トヨタはアウディをキャッチアップ出来るだろうか?

 残り20分、予報通りに雨が落ちてきた。トップグループのクルマのワイパーは動いたり止まったり。果たしてインターミディエイトを履いたトヨタの賭が吉と出るだろうか?

 残り13分、7号車アウディがピットイン。燃料補給とタイヤ交換をしてレースに戻ったが、6号車トヨタに12秒以上の差を付けて2番手をキープする。

 レースのゴールが近づくと、思いもよらぬドラマが起きる。レースをリードしていた1号車ポルシェが最終コーナーでコースアウト。バリアに当たる寸前でストップしてレースに戻ったが、彼は20秒のタイムを失った。しかし、トップは譲らずファイナルラップを迎えた。2番手を走る7号車アウディには1周の差を付けている。サラザンの6号車トヨタはロッテラーの7号車アウディから10秒遅れ。最後に猛烈なプッシュをしたが、僅かに届かなかった。

 初めてのメキシコWECレースは、ハラハラドキドキのドラマに満ちていた。アウディ、ポルシェ、トヨタのトップ3チームも満身創痍。6時間に及ぶ長い耐久レースは、最後まで何が起こるか分からない。

 なおLMP2クラスは地元メキシコのチームである43号車RGRスポーツbyモランドが、LM-GTE Proクラスは97号車アストン・マーチン・レーシングが、88号車アブダビ-プロトン・レーシングがそれぞれ制した。

WEC 2016 Mexico City 

Cla DriversCarClassLapsTimeGapIntervalPitsRetirementPoints
1   1   Mark Webber 
  Timo Bernhard 
  Brendon Hartley 
Porsche 919 Hybrid LMP1 230 6:00'43.702     7    
2   7   Andre Lotterer 
  Marcel Fassler 
  Benoit Tréluyer 
Audi R18 LMP1 230 6:01'45.144 1'01.442 1'01.442 7    
3   6   Stéphane Sarrazin 
  Kamui Kobayashi 
  Mike Conway 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 230 6:01'53.411 1'09.709 8.267 7    
4   2   Romain Dumas 
  Neel Jani 
  Marc Lieb 
Porsche 919 Hybrid LMP1 230 6:02'13.706 1'30.004 20.295 7    
5   13   Alexandre Imperatori 
  Dominik Kraihamer 
  Matheo Tuscher 
Rebellion R-One LMP1 218 6:01'44.598 12 Laps 12 Laps 7    
6   43   Bruno Senna 
  Ricardo Gonzalez 
  Filipe Albuquerque 
Ligier JS P2 LMP2 210 6:01'12.588 20 Laps 8 Laps 7    
7   36   Nicolas Lapierre 
  Gustavo Menezes 
  Stéphane Richelmi 
Alpine A460 LMP2 210 6:01'14.573 20 Laps 1.985 7    
8   31   Pipo Derani 
  Ryan Dalziel 
  Chris Cumming 
Ligier JS P2 LMP2 207 6:01'19.980 23 Laps 3 Laps 7    
9   42   Nick Leventis 
  Jonny Kane 
  Lewis Williamson 
Gibson 015S LMP2 207 6:02'06.005 23 Laps 46.025 7    
10   41   Bruno Junqueira 
  Roberto Gonzalez 
  Luis Diaz 
Gibson 015S LMP2 207 6:02'38.532 23 Laps 32.527 7    
11   35   Nelson Panciatici 
  Ho-Pin Tung 
  David Cheng 
Alpine A460 LMP2 206 6:01'19.643 24 Laps 1 Lap 7    
12   27   Maurizio Mediani 
  Nicolas Minassian 
BR01 LMP2 206 6:01'22.453 24 Laps 2.810 9    
13   26   Roman Rusinov 
  René Rast 
  Alex Brundle 
Oreca 05 LMP2 205 6:01'25.864 25 Laps 1 Lap 8    
14   30   Scott Sharp 
  Ed Brown 
  Johannes van Overbeek 
Ligier JS P2 LMP2 204 6:00'54.134 26 Laps 1 Lap 6    
15   97   Darren Turner 
  Richie Stanaway 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE PRO 202 6:01'30.739 28 Laps 2 Laps 6    
16   51   Gianmaria Bruni 
  James Calado 
Ferrari 488 GTE LMGTE PRO 202 6:01'40.176 28 Laps 9.437 5    
17   95   Marco Sorensen 
  Nicki Thiim 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE PRO 202 6:01'48.981 28 Laps 8.805 5    
18   71   Sam Bird 
  Davide Rigon 
Ferrari 488 GTE LMGTE PRO 201 6:00'44.919 29 Laps 1 Lap 4    
19   67   Harry Tincknell 
  Andy Priaulx 
  Marino Franchitti 
Ford GT LMGTE PRO 201 6:01'45.701 29 Laps 1'00.782 5    
20   77   Richard Lietz 
  Michael Christensen 
Porsche 911 RSR (2016) LMGTE PRO 201 6:02'05.757 29 Laps 20.056 4    
21   4   Simon Trummer 
  Oliver Webb 
  Pierre Kaffer 
CLM P1/01 LMP1 199 6:01'06.959 31 Laps 2 Laps 7    
22   88   David Heinemeier Hansson
  Patrick Long 
  Khaled Al Qubaisi 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 197 6:01'39.852 33 Laps 2 Laps 6    
23   83   François Perrodo 
  Emmanuel Collard 
  Rui Aguas 
Ferrari F458 Italia LMGTE AM 196 6:00'52.159 34 Laps 1 Lap 5    
24   78   Christian Ried 
  Wolf Henzler 
  Joel Camathias 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 196 6:01'09.914 34 Laps 17.755 8    
25   86   Michael Wainwright 
  Adam Carroll 
  Ben Barker 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 196 6:01'43.768 34 Laps 33.854 6    
26   66   Stefan Mücke 
  Olivier Pla 
Ford GT LMGTE PRO 181 6:00'45.547 49 Laps 15 Laps 7    
27   8   Lucas di Grassi 
  Loic Duval 
  Oliver Jarvis 
Audi R18 LMP1 167 6:04'22.532 63 Laps 14 Laps 8    
    98   Pedro Lamy 
  Paul Dalla Lana 
  Mathias Lauda 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE AM 192 6:00'54.881 38 Laps   7 Retirement  
    50   Pierre Ragues 
  Ricky Taylor 
  Yutaka Yamagishi 
Chevrolet Corvette C7-Z06 LMGTE AM 184 5:51'11.518 46 Laps 8 Laps 7 Retirement  
    44   Richard Bradley 
  Matthew Rao 
Alfonso Diaz Guerra 
Oreca 05 LMP2 179 5:36'24.354 51 Laps 5 Laps 8 Retirement  
    5   Kazuki Nakajima 
  Sébastien Buemi 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 62 1:37'13.023 168 Laps 117 Laps 2 Retirement  
    37   Vitaly Petrov 
  Viktor Shaytar 
  Kirill Ladygin 
BR01 LMP2 29 47'49.011 201 Laps 33 Laps   Retirement

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 メキシコ・シティ
サーキット アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
記事タイプ レースレポート