WEC富士フリー走行2回目:ポルシェが0.8秒差でアウディを下す。トヨタは苦戦。

WEC富士フリー走行2回目のトップタイムは、1号車ポルシェをドライブするマーク・ウェバーが記録した。

 FIA世界耐久選手権(WEC)第7戦富士6時間レースのフリー走行2回目は、金曜日の午後15時30分にスタートした。セッション開始時には気温はフリー走行1回目と変わらず16℃だったが、開始から1時間ほどすると気温も下がり、若干冷えてきている。

 セッション開始から5分後に、アンドレア・ロッテラーがドライブする7号車アウディが300Rでスピンを喫し、単独クラッシュした。この事故で7号車はフロントを破損するが、自走でピットインすることができた。

 約5分間のレッドフラッグが解除され、マシンが再びコースイン。7号車アウディもフロントを修復し、無事にピットアウトした。

 西日が富士山の影に隠れ始めたセッション開始から1時間後に、1号車ポルシェをドライブするマーク・ウェバーがは1分24秒074を記録し、この時点トップタイムとなった。

 セッション終了3分前に小林可夢偉の乗る6号車トヨタTS050 HYBRIDは、プリウスコーナー入り口でパワーダウンし、アウト側にマシンを逃した。そして、そのままセッション終了までマシンが動くことはなかった。原因は電気系のトラブルである。

 ポルシェとアウディはFP1より約1秒以上のタイムアップをしているが、トヨタは約0.2秒しか伸ばすことができない。トップタイムの1号車ポルシェから、0.894秒落ちで8号車アウディのオリバー・ジャービスが2番手、姉妹車の7号車をドライブしたマルセル・ファスラーが1分25秒000で3番手に続く。トヨタは5号車のセバスチャン・ブミエが1分25秒657で5位、小林は1分25秒702を記録で6位に終わった。

 LMP2クラスは、43号車RGRスポーツbyモランドが1分31秒919を記録しトップタイム。FP1で首位に立っていた26号車G-ドライブ・レーシングは1分32秒752をマークするも2位に甘んじた。46号車マナーは2位から0.005秒及ばず3位。その姉妹車で、中野信治が駆る45号車マナーは、トップから1.766秒差でまたもやクラス最下位に終わった。LM-GTE ProクラスはフォードGTの66号車がFP1でトップタイムを記録していた姉妹車の67号車を上回り、またLM-GTE Amクラスは98号車アストン・マーティン・レーシングがトップタイムを記録した。

 FP3は明日の午前10時から行われる。

Second practice results:

Cla#DriversCarClassTimeGap
1 1  Mark Webber 
 Timo Bernhard 
 Brendon Hartley 
Porsche 919 Hybrid LMP1 1'24.074  
2 8  Lucas di Grassi 
 Loic Duval 
 Oliver Jarvis 
Audi R18 LMP1 1'24.968 0.894
3 7  Andre Lotterer 
 Marcel Fassler 
 Benoit Tréluyer 
Audi R18 LMP1 1'25.000 0.926
4 2  Romain Dumas 
 Neel Jani 
 Marc Lieb 
Porsche 919 Hybrid LMP1 1'25.078 1.004
5 5  Anthony Davidson 
 Kazuki Nakajima 
 Sébastien Buemi 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 1'25.657 1.583
6 6  Stéphane Sarrazin 
 Kamui Kobayashi 
 Mike Conway 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 1'25.702 1.628
7 13  Alexandre Imperatori 
 Dominik Kraihamer 
 Matheo Tuscher 
Rebellion R-One LMP1 1'29.653 5.579
8 4  Simon Trummer 
 Oliver Webb 
 Pierre Kaffer 
CLM P1/01 LMP1 1'30.515 6.441
9 43  Bruno Senna 
 Ricardo Gonzalez 
 Filipe Albuquerque 
Ligier JS P2 LMP2 1'31.909 7.835
10 26  Will Stevens 
 Roman Rusinov 
 Alex Brundle 
Oreca 05 LMP2 1'32.742 8.668
11 44  Roberto Merhi 
 Richard Bradley 
 Matthew Rao 
Oreca 05 LMP2 1'32.747 8.673
12 42  Jonny Kane 
 Lewis Williamson 
Gibson 015S LMP2 1'32.948 8.874
13 30  Giedo van der Garde 
 Sean Gelael 
 Antonio Giovinazzi 
Ligier JS P2 LMP2 1'32.971 8.897
14 35  Paul-Loup Chatin 
 Ho-Pin Tung 
 David Cheng 
Alpine A460 LMP2 1'33.076 9.002
15 36  Nicolas Lapierre 
 Gustavo Menezes 
 Stéphane Richelmi 
Alpine A460 LMP2 1'33.274 9.200
16 37  Vitaly Petrov 
 Viktor Shaytar 
 Kirill Ladygin 
BR01 LMP2 1'33.364 9.290
17 31  Pipo Derani 
 Ryan Dalziel 
 Chris Cumming 
Ligier JS P2 LMP2 1'33.393 9.319
18 45  Shinji Nakano 
 Tor Graves 
 Alex Lynn 
Oreca 05 LMP2 1'33.675 9.601
19 27  Maurizio Mediani 
 Nicolas Minassian 
 Mikhail Aleshin 
BR01 LMP2 1'34.006 9.932
20 66  Stefan Mücke 
 Olivier Pla 
Ford GT LMGTE PRO 1'38.743 14.669
21 51  Gianmaria Bruni 
 James Calado 
Ferrari 488 GTE LMGTE PRO 1'38.935 14.861
22 71  Sam Bird 
 Davide Rigon 
Ferrari 488 GTE LMGTE PRO 1'39.012 14.938
23 67  Harry Tincknell 
 Andy Priaulx 
Ford GT LMGTE PRO 1'39.219 15.145
24 95  Marco Sorensen 
 Nicki Thiim 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE PRO 1'39.547 15.473
25 97  Darren Turner 
 Richie Stanaway 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE PRO 1'39.548 15.474
26 77  Richard Lietz 
 Michael Christensen 
Porsche 911 RSR (2016) LMGTE PRO 1'39.577 15.503
27 98  Pedro Lamy 
 Paul Dalla Lana 
 Mathias Lauda 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE AM 1'40.112 16.038
28 50  Pierre Ragues 
 Ricky Taylor 
 Yutaka Yamagishi 
Chevrolet Corvette C7-Z06 LMGTE AM 1'40.401 16.327
29 88  David Heinemeier Hansson
 Patrick Long 
 Khaled Al Qubaisi 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 1'40.414 16.340
30 86  Michael Wainwright 
 Adam Carroll 
 Ben Barker 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 1'41.124 17.050
31 78  Christian Ried 
 Wolf Henzler 
 Joel Camathias 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 1'41.286 17.212
32 83  François Perrodo 
 Emmanuel Collard 
 Rui Aguas 
Ferrari F458 Italia LMGTE AM 1'41.414 17.340

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 富士
サーキット 富士スピードウェイ
記事タイプ フリー走行レポート