WEC第4戦ニュルブルクリンク:ポルシェ1号車が今季初優勝。トヨタは首位争いに加われず

WEC第4戦ニュルブルクリンクが行われ、1号車のポルシェ919ハイブリッドが総合優勝を果たした。

 6時間に渡る高速バトルは、ポルシェとアウディの大接戦に終始した。優勝はポルシェ919ハイブリッド#1号車。2位にほぼ1周の差を付けてゴールした。2位、3位にアウディ、4位にもポルシェ。トヨタは5位、5位に入ったが、トップ争いにはまったく付いていけなかった。まるで別クラスのようなレースに甘んじ、残念ながら完全に蚊帳の外だった。ル・マンで見せた速さはすっかり影を潜めた。

 ニュルブルクリンクのグランプリコースは1周4.309km。13ものタイトなコーナーのあるコースで、高速のル・マンと違いクルマには大きなダウンフォースが要求される。ル・マンにローダウンフォース仕様のクルマを持ち込んでピカイチの速さを誇ったトヨタ。ニュルブルクリンク用にハイダウンフォース仕様を仕立ててきたが、同様の仕様を持ち込んだポルシェ、アウディに比べてスピード不足は明らかだった。

 予選でもトヨタはライバルから1秒遅れの5、6番手グリッドしか獲得出来なかったが、レース仕様では盛り返しが期待された。プログラムをレースに向けて組み立て、タイヤの温存までして臨んだ6時間の長丁場。しかし、序盤からポルシェ、アウディのスピードに付いていけなかった。

 レースは序盤から#7アウディがリードし、#1ポルシェ、#8アウディ、#2ポルシェが僅差で続いた。トヨタの2台はその背後を追走するが、スタート後1時間の時点で#5号車がトップから21秒、#6号車が30秒近い差を付けられる苦戦の展開だった。トヨタ失速の理由はタイヤ選択の間違いとも考えられた。高い路面温度を見込んで高温用ソフトタイヤでスタートしたが、性能が十分に発揮出来なかったか、グリップが得られず、コーナーばかりかストレートでもタイムが伸びなかった。そのせいで序盤にライバルに差を付けられた。もちろんタイヤばかりではなく、中嶋一貴によれば「クルマのダウンフォースも十分ではなかったかも知れません」ということだ。中盤からはトヨタもタイム的にライバルに遜色のない走りを見せたが、序盤に開けられた差を詰めることはできなかった。

 結果的に、#5号車は優勝車から1周遅れの5位、#6号車はGTマシンとの接触やエンジン関連部品のトラブル修復に時間を要し、4周遅れの6位が精一杯だった。

 アウディ2台、ポルシェ2台で展開されたトップ争いは熾烈を極めた。4時間を過ぎた頃、トップを走る#2ポルシェがGTマシンと接触、ドライブスルーのペナルティを取られて後退した。代わってわってトップに立ったのは#1ポルシェ。以降、#1ポルシェは最後までレースをリードし、6時間レースが終了した時点では2位の#8アウディに50秒以上の差を付けていた。

 #1ポルシェが独走で視野から消えた後、激しい2位争いが#2ポルシェと2台のアウディの間で行われ、遅いGTマシンの群を縫いながらの戦いに接触も発生、ヒヤリとする場面も何度かあった。クルマの性能としてはポルシェとアウディは高い次元で拮抗しており、後はドライバーの根性戦の様を呈したレースが続き、見る者も手に汗を握った。#2ポルシェと#7アウディの接戦、2台のアウディのチームメイト同士の戦いて……そこにはメーカー間の戦いより、ドライバー個人の戦いの厳しさが見て取れた。

 今回のレースの結果、マニュファクチャラーズ選手権ではポルシェが164点、アウディが129点、トヨタが97点になり、ポルシェの総合力が際立ってきた。

 なおLMP2クラスは#36号車シグナテック・アルピーヌが、LM-GTE Proクラスは#51号車AFコルセが、LM-GTE Amクラスは#98号車アストンマーチン・レーシングがそれぞれ優勝を果たしている。

 次戦は9月3日のメキシコ戦。オートドローモ・エルマノス・ロドリゲスで6時間レースが行われる。

FIA世界耐久選手権第4戦ニュルブルクリンク6時間レース決勝
Cla#DriversCarClassLapsGap
1 1  Mark Webber 
 Timo Bernhard 
 Brendon Hartley 
Porsche 919 Hybrid LMP1 194  
2 8  Lucas di Grassi 
 Loic Duval 
 Oliver Jarvis 
Audi R18 LMP1 194 53.787
3 7  Andre Lotterer 
 Marcel Fassler 
Audi R18 LMP1 194 54.483
4 2  Romain Dumas 
 Neel Jani 
 Marc Lieb 
Porsche 919 Hybrid LMP1 194 1'37.324
5 5  Anthony Davidson 
 Kazuki Nakajima 
 Sébastien Buemi 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 193 1 lap
6 6  Stéphane Sarrazin 
 Kamui Kobayashi 
 Mike Conway 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 190 4 laps
7 13  Alexandre Imperatori 
 Dominik Kraihamer 
 Matheo Tuscher 
Rebellion R-One LMP1 178 16 laps
8 36  Nicolas Lapierre 
 Gustavo Menezes 
 Stéphane Richelmi 
Alpine A460 LMP2 178 36.256
9 43  Bruno Senna 
 Ricardo Gonzalez 
 Filipe Albuquerque 
Ligier JS P2 LMP2 178 52.734
10 31  Pipo Derani 
 Ryan Dalziel 
 Chris Cumming 
Ligier JS P2 LMP2 176 18 laps
11 42  Nick Leventis 
 Jonny Kane 
 Lewis Williamson 
Gibson 015S LMP2 176 0.071
12 44  Antonio Pizzonia 
 Matthew Howson 
 Tor Graves 
Oreca 05 LMP2 176 17.836
13 37  Vitaly Petrov 
 Viktor Shaytar 
 Kirill Ladygin 
BR01 LMP2 175 19 laps
14 35  Nelson Panciatici 
 Ho-Pin Tung 
 David Cheng 
Alpine A460 LMP2 175 28.842
15 27  Maurizio Mediani 
 David Markozov 
 Nicolas Minassian 
BR01 LMP2 175 1'06.488
16 30  Scott Sharp 
 Ed Brown 
 Johannes van Overbeek 
Ligier JS P2 LMP2 172 22 laps
17 12  Nick Heidfeld 
 Nicolas Prost 
 Mathias Beche 
Rebellion R-One LMP1 171 23 laps
18 51  Gianmaria Bruni 
 James Calado 
Ferrari488 GTE LMGTE PRO 170 24 laps
19 71  Sam Bird 
 Davide Rigon 
Ferrari488 GTE LMGTE PRO 170 29.730
20 95  Marco Sorensen 
 Nicki Thiim 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE PRO 170 47.394
21 66  Stefan Mücke 
 Olivier Pla 
Ford GT LMGTE PRO 169 25 laps
22 97  Darren Turner 
 Richie Stanaway 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE PRO 169 44.003
23 77  Richard Lietz 
 Michael Christensen 
Porsche 911 RSR (2016) LMGTE PRO 169 1'11.303
24 98  Pedro Lamy 
 Paul Dalla Lana 
 Mathias Lauda 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE AM 166 28 laps
25 83  François Perrodo 
 Emmanuel Collard 
 Rui Aguas 
FerrariF458 Italia LMGTE AM 166 1'02.201
26 50  Paolo Ruberti 
 Pierre Ragues 
 Yutaka Yamagishi 
Chevrolet Corvette C7-Z06 LMGTE AM 165 29 laps
27 88  David Heinemeier Hansson 
 Patrick Long 
 Khaled Al Qubaisi 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 164 30 laps
28 86  Michael Wainwright 
 Adam Carroll 
 Ben Barker 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 164 1'16.498
29 67  Harry Tincknell 
 Andy Priaulx 
 Marino Franchitti 
Ford GT LMGTE PRO 155 39 laps
30 45  Roberto Merhi 
 Richard Bradley 
 Matthew Rao 
Oreca 05 LMP2 149 45 laps
31 4  Simon Trummer 
 Oliver Webb 
 Pierre Kaffer 
CLM P1/01 LMP1 98 96 laps
32 26   Roman Rusinov 
 René Rast 
 Alex Brundle 
Oreca 05 LMP2 74 120 laps

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 ニュルブルクリンク
サブイベント Sunday race
サーキット ニュルブルクリンク
記事タイプ レースレポート