WEC第6戦予選コメント:中嶋一貴「ここでも上位を狙う」、小林可夢偉「気温が高くて大変だった」

WEC第6戦予選後、中嶋一貴と小林可夢偉に話を訊いた

 FIA世界耐久選手権(WEC)第6戦COTA6時間レース予選。TOYOTA Gazoo Racingは5号車が6位、6号車が4位という結果だった。それぞれのマシンに乗る中嶋一貴と小林可夢偉に、予選後に話を訊いた。

中嶋一貴(5号車トヨタTS050ハイブリッド/予選6位)
「ちょっと変則的な予選でしたね。コース状況は午前中の方が良かったですね。予選では良いリズムを掴むことができなかったです。このコースは走る度にコースの状況が変わるので、それに合わせて走るのは結構大変でした。6番手のグリッドはまあこんなもんでしょう。明日の決勝レースに向けてクルマの性能を100%引き出せるように周到な準備をしなきゃですね。でも、いつも予選より決勝レースで力を出せるので、ここでも上位を狙って頑張ります」

小林可夢偉(6号車トヨタTS050ハイブリッド/予選4位)
「気温が高くて結構大変な予選でした。コースの状況が変わりすぎ。でも、4番手グリッドに着けられたのは決勝レースを考えるとまずまずです。目標は可能な限りのポイントを取ること。我々は決勝レースに強いので、その目標に向けてベストを尽くします」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 オースティン
サブイベント Friday qualifying
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー Kamui Kobayashi , Kazuki Nakajima
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 予選レポート