【WEC】お蔵入り2017年アウディR18スケールモデルを比較分析

今季撤退したアウディの2017年式R18のスケールモデル画像を2016年R18を比較する。

 金曜日、アウディが18年間活動してきたWEC(世界耐久選手権)からの撤退を発表する前から開発を進めていた、2017年仕様のR18のスケールモデル画像がソーシャルメディアに掲載された。

 アウディが撤退を発表した当時、今季のスパとバーレーン戦で優勝を遂げた2016年仕様のR18をさらに改良した2017年式R18は、少なくとも完成していたと考えられている。

 スケールモデルを観察すると、2016年式との外見の変化から2017年のアウディR18のアイデアを探ることができる。(上記写真を参照)

 ただし、WECのレギュレーションでは複数のエアロキットの使用が認められているため、画像の2017年スケールモデルだけで来シーズンを通した戦略を読み取ることは不可能だ。

1.ノーズ周辺のウイングが消失。

2.フロントノーズのグリルが消失。

3.2016年モデルよりもスプリッターがより平坦。

4.サイドポッド周辺にある気流をコントロールするためのダブルディフレクターが消失。

5.リヤホイールアーチの周辺のボディワークがよりコンパクト化。おそらくドライバーチェンジをスムーズにするためと見られる。

6.リヤの翼端板が前方に向けて更に傾斜している。ボディワークに不可欠な要素である可能性が高い。

7.フロントライトの形状が変更。

 アウディによると、2017年式R18はプライベーターでも使用することが可能であり、実際にR18でレースするためには約4500万ユーロ(約55億円)の運用費が必要になると考えられる。

【関連ニュース】

motorsport.comが選ぶ2016年のトップ10LMP1ドライバー:Part 1

motorsport.comが選ぶ2016年のトップ10LMP1ドライバー:Part 2

アウディ、今季限りでのWEC撤退を発表。フォーミュラEに注力

ポルシェ「2メーカーでも変わらない。WECの根本を変えないことが得策だ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
チーム Audi Sport Team Joest
記事タイプ 分析