【WEC】ジャニ「アウディの撤退で、チャンピオンシップはさらに難しくなる」

2016年WEC王者としてFIAの表彰式に出席した2号車ポルシェのニール・ジャニは、来季のチャンピオンシップについて語った。

 世界耐久選手権(WEC)の2016年のタイトルを獲得した2号車ポルシェのニール・ジャニとマルク・リーブ、ロマン・デュマは、ウィーンで開催されたFIA表彰式で優勝トロフィーを受賞した。このトリオのうち、来季の2号車に残るのはジャニのみだ。

 またアウディの撤退により、2017年はLMP1-Hクラスはポルシェとトヨタのみになり、レース優勝候補のマシンが減ることになる。

 2016年6月に開催されたル・マン24時間レースで優勝してからは、1度も表彰台に上がれなかったジャニは、タイトル候補車が減ったことで、来季のレースはさらに良いペースがなければタイトル獲得が難しくなると考えている。

「アウディが撤退するのは明らかに残念なことだ」とジャニは語った。

「今はポルシェとトヨタだけが残っている。でも今季は今までにないくらいとても競争の激しいシーズンだった」

「今年、アウディもトヨタも僕たちもレースに勝ってきた。来季はトヨタと僕たちだけが勝つ可能性が高い。それはつまり毎週のレースで良いペースがなければ、チャンピオンシップはさらに難しいものになるということだ」

「僕たちのレースに対するアプローチは少し変わる。それは間違いない」

【関連ニュース】

ポルシェ、ロッテラーの加入正式発表。ドライバーラインアップ確定

ジャニ「バーレーンは今季のポルシェを凝縮したようなレースだった」

アウディ、今季限りでのWEC撤退を発表。フォーミュラEに注力

ポルシェ「2メーカーでも変わらない。WECの根本を変えないことが得策だ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
ドライバー Jose Maria Lopez , Neel Jani
チーム Porsche Team
記事タイプ 速報ニュース