【WEC】マノー、ジネッタと提携し2018年LMP1クラス参戦を目指す

LMP2クラスに参戦中のマノーは、ジネッタと共に、2018年に向けてLMP1クラス参戦を目指す事を明らかにした。

 2016年よりLMP2クラスに参戦し始めたマノー・ワールド・エンデュランス・チャンピオンシップチームは、2018年はシャーシサプライヤーであるジネッタと提携し、LMP1クラスへ戦いの場を拡大すると発表した。

 1月上旬、ジネッタは10台分のシャーシを製造し、ワークスの支援を受けたプライベーターとしてマシンを走らせる計画にある事を明かしていた。もし実現すれば、マノーはジネッタにとって初めての顧客ということになる。

 スポーツディレクターであるグレーム・ロードンは、Autosportに対し次のように語った。

「現時点のP1クラスの状況を考えれば、2018年がプライベーターとして参戦するのに適切な時期であると思う」

「これまで我々はジネッタと何度か話し合い、P1ならば我々のマシンの強みを発揮できるという結論に至った」

 その一方、ロードンはP1へ参戦するために「P1参戦に向けてビジネスモデルを形成しなければならない」と話す。

「いつものことだが、財政的な問題が付きまとう。しかし今我々が計画に着手できなければ、成し遂げられることはないだろう」

 そしてロードンはマノーがLMP1クラスの参戦に成功させても、LMP2クラスにも参戦し続ける事を強調した。

「我々はLMP2の代わりにP1クラスに参戦するのではない。LMP2クラスで戦い続けるし、現段階では2017年に注力するのはLMP2だ」

 またロードンは、既存のオレカ05シャーシから最新の07仕様にアップグレードし、今シーズンもLMP2クラスに続投する事を明らかにした。

 マノーは、2カテゴリーをフル参戦する予定であり、2月2日にエントリーリストを発表するという。

【関連ニュース】

ジネッタのLMP1参戦計画に、伝説のデザイナーが参加

ロベルト・メリ「来年マノーにいるかどうかわからない」

中野信治、LMP2のマノーからWEC富士ラウンドに参戦!

ロバート・クビサ、バーレーンでバイコレスのLMP1をテストへ

SMPレーシング、2018年にLMP1参戦。BRエンジニアリングとダラーラがマシンを開発

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
チーム マナーモータースポーツ
記事タイプ 速報ニュース