【WEC】ロッテラー「最高のドライバーが集まるなら僕もFEに行きたい」

WECのLMP1クラスにカスタマーハイブリッドを導入すべきと訴えるロッテラーは、フォーミュラE参戦への興味が湧き始めているとも語った。

 アウディが今季限りでのWEC(世界耐久選手権)からの撤退を決めたことは、スポーツカーレースが今度どういった方向に進んでいくべきか、議論を巻き起こした。

 今季までアウディに在籍し、来季からはポルシェに加わることになっているアンドレ・ロッテラーは、その解決策はプライベーターの存在だと語った。

「プライベーターがこれらのクルマ(LMP1-H)を走らせることができないことは理解できる。なぜならそのテクノロジーは、多くのリソースを必要とするからだ」

「もしメーカーがプライベーターチームをサポートしたとしても、その仕事をこなしたり、パーツを供給する能力を持っているとは思えない」

「もし標準的だったり基準となるパーツがあれば、パッケージとしてそれを供給することができるだろう。おそらく数年後にはそれは可能になる。それについては、考慮すべきだと僕は思う」

「WECは今、ひとつのメーカー系チームを失った。そのため、LMP1のパッケージをプライベーターに提供することは、理に適っている」

「技術はそこにある。あとはなんとかそれを利用できるようにするだけだ。それは良いことだろう。なぜなら、最終的にはLMP1クラスのマシンがもっと必要なんだから」

「彼らが技術の一部をプライベーターのチームに販売することができれば、それはメカーが抱えるコストの問題を和らげる状況を作り出す可能性がある」

フォーミュラE参戦に興味!?

 ロッテラーはmotorsport.comの以前のインタビューで、フォーミュラEに参戦することについて”レースというよりも哲学だ”と、ほとんど関心がないことを語っていた。しかしアウディがフォーミュラEにより力を入れるようになったことなどを受けて、将来のオプションとして考え始めているという。

「フォーミュラEと我々が見慣れているレースを比較することに意味はない。しかし、自動車産業はより電気の方向に向かっていく。それにつれて、ブランドがそうなっていくことは、理に適っている」

「レースはエキサイティングだし、ドライバーたちも良い。素晴らしい都市にも行くことができる。しかし彼らは、1000馬力を誇り狂気的なスピードと加速能力を持つWECマシンほどエキサイティングなクルマを持っていない」

「フォーミュラEは始まったばかりだから、改良されていくだろう。しかし、シリーズがいつ速くなるのか、そしてバッテリーがどう開発されていくのかを予測するのは難しい。確かにそれは、今メーカーが注目しているものだ」

「僕は今そこに行く(フォーミュラEに参戦する)ことを検討している。もし全ての最高のドライバーがそこに行こうというなら、僕もそこに行きたいと思う」

【関連ニュース】

ロッテラー、フォーミュラEに”今は”興味なし「スポーツというより哲学」

ポルシェ、ロッテラーの加入正式発表。ドライバーラインアップ確定

アウディのWEC撤退、ロッテラー、一貴、可夢偉が想いを語る

【フォーミュラE, WEC】東京FEデモランのディ・グラッシ。来季以降日本のレースにも興味?

【SF】チャンピオンまであと0.726秒。ロッテラー「最後の最後まで、チャンピオン獲得に集中していた」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC , フォーミュラE
ドライバー Andre Lotterer
記事タイプ インタビュー