【WEC】上海6時間レース、スタートから4時間。6号車トヨタが30秒差で首位1号車を追う

WEC第8戦上海6時間レース。4時間経過で1号車ポルシェが依然首位。トヨタ6号車が2番手に浮上

 世界耐久選手権(WEC)上海6時間レースはスタートから4時間が経過した。

 上位勢はここまで4回のピットインを消化し、依然1号車ポルシェ919ハイブリッドが先頭を走り続けている。その約30秒後につけるのは、6号車トヨタTS050ハイブリッドで、小林可夢偉が2スティント連続で走り、先頭との差を縮めた。

 5号車トヨタは一時2号車ポルシェを抜いて3番手に上がったが、4回目のピットストップの際に再度逆転を許してしまった。

 アウディ勢はトラブルに見舞われている。8号車は給油システムの問題が解決せず、ここまでで既に5回のピットストップを強いられている。また、8号車と7号車は互いに接触し、この影響で7号車はジャッキアップ用のコネクターが壊れ、長時間ピットにとどまっている。

 なお、LMP2クラスの首位は26号車G-ドライブ。LM-GTE Proクラスは67号車フォードGT、LM-GTE Amクラスのトップは98号車アストン・マーチン・レーシングが、それぞれクラストップに立っている。

WEC上海6時間レース 4時間経過時順位

1. 1 Porsche Team
2. 6 Toyota Gazoo Racing
3. 2 Porsche Team
4. 5 Toyota Gazoo Racing
5. 8 Audi Sport Team Joest
6. 4 Bykolles Racing Team
7. 26 G-Drive Racing
8. 30 Extreme Speed Motorsports
9. 7 Audi Sport Team Joest
10. 36 Signatech Alpine
11. 13 Rebellion Racing
12. 43 RGR Sport by Morand
13. 31 Extreme Speed Motorsports
14. 27 SMP Racing
15. 37 SMP Racing
16. 35 Baxi DC Racing Alpine
17. 44 Manor
18. 67 Ford Chip Ganassi Team UK
19. 66 Ford Chip Ganassi Team UK
20. 51 AF Corse
21. 95 Aston Martin Racing
22. 77 Dempsey - Proton Racing
23. 71 AF Corse
24. 98 Aston Martin Racing
25. 83 AF Corse
26. 78 KCMG
27. 88 Abu Dhabi-Proton Racing
28. 86 Gulf Racing
29. 50 Larbre Competition
30. 97 Aston Martin Racing
31. 45 Manor

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 上海
サーキット 上海国際サーキット
記事タイプ 速報ニュース