【WEC】SMPレーシング、2018年にLMP1参戦。BRエンジニアリングとダラーラがマシンを開発

BRエンジニアリングはダラーラと組んで、2018年のWECにLMP1-Lカーを送り込む予定だ。

 BRエンジニアリングのオーナーであるボリス・ローテンベルグと、ダラーラのCEOのアンドレア・ポントレモリは、2017年のBR1の開発で連携することに合意し、SMPレーシングが2018年のWECのLMP1-Lクラスに参戦することになる。

 BRエンジニアリングのプロジェクトはイタリアで本日スタートし、ダラーラと共にマシンのデザインや構成、開発とテストに2017年を費やし、FIAのホモロゲーションを受けることになる。

 著名なレースチームであるARTグランプリが、コースでの作業を通してマシンの開発に関与する予定である。

 新しいシャーシは、WECのLMP1クラスのレギュレーションに合致するように製造される。BRエンジニアリングにとっては、2015年にBR01をLMP2マシンとして登場させた後の次のステップになる。BR01は2016年のヨーロピアン・ル・マンシリーズで3位、デイトナ24時間レースでポールポジションを獲得。今年のル・マン24時間レースではLMP2クラス3位を獲得している。

新しいLMP1マシンの狙い

 ロシアの会社であるBRエンジニアリングが、2018年のWECへの参戦継続とル・マン参戦を目標に、新しいプロトタイプカーを開発することに注力すると決定したのは、アウディのLMP1-Hクラスからの撤退と、LMP2クラスのマシンを製造する企業が制限されたことに影響を受けている。

「我々は自分たちで挑戦を掲げた」とローテンベルグは語った。

「LMP2の4つのマニュファクチャラーの中からシャーシを買うことも可能だったし、撤退してしまうことも可能だったが、我々は常に自分の道を選んできた」

「必ずしも必要ではなく、必ずしも簡単なわけではないが、間違いなく最も興味深く楽しみな道だ。プロジェクトの狙いは技術部門を含む、ロシアのモータースポーツの発展を保つことだ」

「我々は、才能のある子供たちがカートでキャリアをスタートし、GTカーやプロトタイプ、シングルシーターで成功するためのサポートに、多くの投資をしてきた。我々のプロトタイプカーであるLMP2のBR01は、ル・マンの表彰台に上がった初のロシアマシンだ」

 新しいLMP1のプロジェクトについて彼は「BR1は、我が国の高度な技術を引き付けることを主に狙った、この計画の継続である。ダラーラは、モーターレーシングに馴染みがある人にはよく知られている名前だ」と語った。

「我々はパートナーになった。BRエンジニアリングの新しいプロジェクトはここイタリアでスタートした。ヨーロッパとロシアの両方からベストなデザイナーとエンジニアが集結し、ロシアチームのSMPレーシングのためのロシアのプロトタイプカーを作るんだ。彼らは多くの仕事に直面するだろう」

 ダラーラはインディカーやWEC、ヨーロピアン・ル・マン、GP2とGP3、フォーミュラ3.5 V8、スーパーフォーミュラ、F3やフォーミュラEなど数多くのカテゴリにシャーシを供給している。ダラーラはすでに、アルファ・ロメオやアウディ、ブガッティ、フェラーリ、KTM、ランボルギーニ、マセラティなどといったマニュファクチャラーと共同で作業をしている。

 BRエンジニアリングもパルマにあるダラーラのファクトリーに、彼らのオフィスを構えることになる。

【関連ニュース】

【WEC】ポルシェ「2メーカーでも変わらない。WECの根本を変えないことが得策だ」

プジョー、低コスト”ノンハイブリッドLMP1マシン”の実現を提案

WEC:衝撃のアウディ撤退。LMP1はどうなってしまうのか?

アウディ、今季限りでのWEC撤退を発表。フォーミュラEに注力

アウディWEC撤退に対し、ACOとWECのCEOがコメント

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
チーム SMP Racing
記事タイプ 速報ニュース