【WEC】ウェーバー、バーレーンでの”感動的”な最終レースに期待

マーク・ウェーバーは、今週末のバーレーンで自身のキャリアに幕を降ろすのを、楽しみにしていると語る。

 今季4勝を挙げているにもかかわらず、マーク・ウェーバーが乗るポルシェ919ハイブリッドの1号車は、タイトルの可能性を失った状態で今週末の最終戦バーレーン6時間レースを迎える。一方、チームメイトの2号車はタイトルを巡って6号車トヨタTS050ハイブリッドと争っており、1号車の面々はこの2号車のサポート役に回ることになるだろう。

 しかし、ウェーバーにとってはそれ以上に特別なレースになる。彼はこのレースをもって、22年にもわたるレーシングドライバーとしてのキャリアに、終止符を打つことになるからだ。

「バーレーンは明らかに普通のレースではない。かなり感情的になるだろう」

 そうウェーバーは語った。

「それが最後の瞬間だということを知って、僕はバーレーンに着いた。僕は真剣に闘い、素晴らしい瞬間を迎えるだろう」

「週末を楽しみにしている。世界中からたくさんの友達が来てくれるしね。特にオーストラリアとヨーロッパから。最後の瞬間を、見に来てくれるんだ」

「もちろん、勝つことができればいいけど、その結果とは関係なく、スムーズな1日が送れれば良いと思っている。そして長い長いキャリアを振り返って、僕はもちろんとても誇りに思うよ」

「僕はもう一度だけ、クルマから降りて歩いてくる……それについては何度も考えた。ヘルメットとバラクラーバを脱ぎ、耳栓を取る、これらのことを、最後にもう1度だけ行うんだ。それは、今までとは違った感覚だろう。しかし、もうこれらのことをする必要がないってことを、楽しみにしている」

【関連ニュース】

アンドレ・ロッテラー、2017年はポルシェ移籍へ

ウェーバー後任はタンディが最有力? アウディのドライバーを招き入れる可能性も否定せず

ウェーバー「上海が僕にとって最後のシャンパンファイトになる」

インタビュー:マーク・ウェーバー③「オーストラリア人は欧州との文化も違いを学ばなきゃいけない。日本人もそうだ」

インタビュー:マーク・ウェーバー②「レースの週末は頻繁に目が醒めるようになった」

インタビュー:マーク・ウェーバー①「これをやる必要があるのかと思う割合が増えた」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 バーレーン
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Mark Webber
チーム Porsche Team
記事タイプ 速報ニュース