【WEC】マーク・ウェーバー緊急来日。独占インタビュー「これ以上レースですべきことはない」

バーレーンでのWEC最終戦を終えたばかりのマーク・ウェーバーが来日。レーシングドライバーからの引退などについて語った。

 11月22日、日本でのポルシェモータースポーツの1年を振り返るイヤーエンドパーティ「Porsche Night of Champions Japan」が行われ、レーシングドライバーとしての最後のレースを終えたばかりのマーク・ウェーバーが来日。motorsport.comのインタビューに応えた。

「地震にはびっくりした」と語るウェーバーは、WEC最終戦バーレーンを振り返った。

「最後の30分を担当したが、感情的になって、涙が出そうになった。今でも、思い出すと涙が出そうだ」

「最終戦を終えて、良い気分だよ。素晴らしいシーズンだったし、良いドライブも出来た。ああ、とても良いシーズンだったね」

 そう語ったウェーバー。しかし、もうレーシングカーには乗りたくないと言う。

「もうドライブしたくないね。僕はすごく長いことここ(レースの世界)にいたし、これ以上すべきことはない。もうリスクを冒したくないんだ。トラブルにも遭いたくない。僕の調子がまだ良い時に、キャリアを終えたかった」

「F1でも長く走ってきた。すごくチャレンジングなのは間違いないが、モータースポーツにリスクはつきものだ。素晴らしいクルマをドライブするのは、素晴らしいことだけどね」

 彼はこれまで、いくつかのインタビューで、「危険」と「プレッシャー」が引退の主な理由だと語ってきた。そのプレッシャーについて印象的なシーンがあった。2010年のF1アブダビGPのことである。当時のウェーバーは、ランキング2位でアブダビに乗り込んだ。しかし、予選では5位に沈み、タイトル獲得に黄色信号が灯った。その日の夜、ウェーバーはがっくりと肩を落とし、家族に両脇を支えられながらホテルへと帰った。

「決勝の前の夜だろ? あの時は相当緊張していた。普通の夜じゃなかったよ。予選の結果はあまり良くなかったしね。素晴らしいシーズンを戦ってきて、最終戦を迎えることができた。セブ(セバスチャン・ベッテル/当時のチームメイト)を何回も倒したしね。でも、タイトルを獲るのと獲らないのでは、ほんの僅かの差でも、大きく違うんだ。それがプレッシャーになった」

 ウェーバーはその年の日本GPが、レースキャリアの中で最も印象に残っていると語る。

「すごくハイレベルなレースだった。僕は2位だったんだけど、セブを攻め続けた。そして、結局1秒以内の差でフィニッシュしたんだから、すごくストロングだったよね」

 一方、最も印象に残っているマシンについて訊くと、意外な答えが返ってきた。

「2004年のウイリアムズFW26だね。最終戦で(ファン-パブロ)モントーヤが勝った後、僕はウイリアムズに移籍する前にテストしたんだ。このクルマは本当に速かった。すごい馬力だったし、とっても軽い印象だったんだ。翌年、僕が乗ったFW27も速いクルマだったよ。でも、ドライブするのは難しかった。エンジンは良かったけど、エアロダイナミクスがあまり良くなかったんだ」

「それから、(エイドリアン)ニューウェイが作った2010年のレッドブルRB6も印象的だね。何回も勝つことができたし」

 ウェーバーは既報の通り、来年はポルシェのアンバサダーを務める。その仕事については「とても楽しみだ」と語る。

「来年はポルシェのスペシャルアンバサダーになる。モータースポーツについても、クルマの外からアドバイスするし、幾つかのエリアでは、バックグラウンドからもアドバイスをする。そしてロードカーでも、すでに素晴らしいんだけど、より良くできるように、アドバイスするんだ。実は、すでに良いアイデアもある。それから、モーターショーなんかにも積極的に参加したいと思う」

 最後にウェーバーは、日本のファンに対しても次のように語った。

「この国でレースをするのは大好きだ。1998年、メルセデスで走っていた時(FIA GT選手権)に初めて鈴鹿に来た。F1でも、鈴鹿でのレースを楽しんだ。鈴鹿は世界でも一番のサーキットだし、とても美しい。富士でも、スポーツカーでレースをし、昨年は勝つことができた。それから、鈴鹿8耐も素晴らしいと聞いている。素敵なファンが多いし、人々は友好的だ。ポルシェの仕事で、また日本に戻ってこれたらいいね」

 なお、この日行われた「Porsche Night of Champions Japan」は、ポルシェ・カレラ・カップを始めとした、ポルシェ主催のレースを総括するイベント。各カテゴリーのチャンピオンが登壇したほか、現役のスーパーGTドライバーたちも、数多く顔を見せていた。

【関連ニュース】

ウェーバー「本当に素晴らしい年だった。まだ最後の仕上げが残っている」

ウェーバー、バーレーンでの”感動的”な最終レースに期待

インタビュー:マーク・ウェーバー③「オーストラリア人は欧州との文化も違いを学ばなきゃいけない。日本人もそうだ」

インタビュー:マーク・ウェーバー②「レースの週末は頻繁に目が醒めるようになった」

インタビュー:マーク・ウェーバー①「これをやる必要があるのかと思う割合が増えた」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC , F1
ドライバー Mark Webber
記事タイプ 速報ニュース