【WEC】ロベルト・メリ、最終戦でマノー復帰

WEC上海を欠場したロベルト・メリは、次戦バーレーンでマノーの45号車に復帰することが決まった。

 マノーのロベルト・メリは、上海で行われた前戦を欠場したが、バーレーンで行われる最終戦でマノーに復帰することが決まった。ジュリアン・カナルとロベルト・ゴンザレスとともに、45号車をドライブする。

 ゴンザレスは、前戦WEC上海に、マティアス・ベッシェとトー・グレイブスと共に出場した。しかしそのレースは、オープニングラップでベッシェがGTクラスのマシンと接触し、スピンを喫したため、早々にリタイアとなった。

 カナルにとっては、2015年にLMP2クラスでタイトルを獲得して以来のWECとなる。当時はOAKレーシングからサム・バードとロマン・ルシノフと共に出場していた。

 マノーの44号車は、引き続きリチャード・ブラッドレー、マシュー・ラオ、アレックス・リンの3名で最終戦を戦う。

 リンは上海でポールポジションを獲得した。しかしレースでは、トラックロッドの修復に時間を要し、44号車は9位でレースを終えている。

【関連ニュース】

 ロベルト・メリ、WEC上海を欠場。山岸大も参戦せず

【WEC】ポルシェ1号車完勝。2度のパンクに遭ったトヨタ6号車は2位。タイトル決着は最終戦へ

【WEC】26号車G-ドライブが連勝。36号車アルピーヌが王者に輝く:上海6時間レースLMP2

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 バーレーン
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Roberto Merhi
チーム Manor Racing MRT
記事タイプ 速報ニュース