【WEC】”王者”ポルシェ2号車、ドライバー大刷新か? リーブとデュマにシート喪失の危機

チャンピオンを獲得したばかりの2号車のドライバーの内、リーブとデュマは2017年のポルシェチームにいないかもしれない。

 マルク・リーブは、ロマン・デュマやニール・ジャニと共に2号車ポルシェ919ハイブリッドをドライブ。今季抜群の安定感を見せ、ポイントリーダーとして乗り込んだ最終戦バーレーンで6位フィニッシュながらも、今季のWECドライバーズタイトルを獲得した。

 しかしながらリーブは、2017年にポルシェでタイトルを防衛するためにチームに戻ることはないと、すでに通知されていると見られている。

 motorsport.comが彼に自身の将来について尋ねると、彼はコメントを拒否している。

 代わりにポルシェのLMP1チームのドライバーラインアップに加わるとみられているのは、2015年にアール・バンバーやF1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグと組んで、ル・マン24時間レースに勝ったことがあるニック・タンディと、今シーズン限りで撤退したアウディのワークスドライバーだったアンドレ・ロッテラーだ。

 マーク・ウェーバーの引退により、すでにチームにはドライバーの空きがひとつある。ジャニ、ティモ・ベルンハルト、ブレンドン・ハートレーらは残留予定となっている。

 2003年からポルシェのワークスドライバーを務めたリーブが、GTクラスのワークスチームに戻るかどうかはまだわかっていない。

デュマにもシート喪失の危機

 加えて2017年、ポルシェにはさらなるラインアップの変更があるかもしれない。デュマもシート喪失の危機に直面している。

 デュマがシート争奪戦に敗れた場合、ポルシェがどのようにドライバーを配置するかは見てみなければならないが、2015年のル・マン勝者である前述のバンバーが、彼のシートを得る最有力候補だ。

 デュマはまだ有効な契約を有していると主張しているが、来年LMP1に戻ってくるとは明言しておらず、「何かはしているさ」と答えたのみである。

「何が起きるか見てみよう」と彼はバーレーンでmotorsport.comに語った。

「僕は(ポルシェとの)2年の契約が残っているので、僕が何をするか見てみよう」

「何かはしているだろう。僕は来月で39歳だ。多くのことに勝利してきたので、今は大きな問題はない」

 一方、WEC最終戦バーレーンと同じ週末に行われていた、マカオGPにGTワールドカップでポルシェから出場していたバンバーは、フルタイムのLMP1シートを獲得できるかどうかはまだ言えないが、それが彼の目標だと認めた。

「それが僕が求めているものだ」と彼は語った。

「もし彼らが僕を欲しがったら、僕はチームに入れるだろう」

「確かに、LMP1マシンに戻ってトライしてみたい。2015年にル・マンに勝つことが出来たし、僕にとってそれが大きな目標だ。けど僕をチームに入れるかどうかは、彼ら次第なんだ」

【関連ニュース】

ポルシェ「知名度でなく実力重視」、来季マッサやモントーヤを起用する可能性も否定せず

【WEC】ジャニ「バーレーンは今季のポルシェを凝縮したようなレースだった」

【WEC】ポルシェ「2メーカーでも変わらない。WECの根本を変えないことが得策だ」

【WEC】アンドレ・ロッテラー、2017年はポルシェ移籍へ

【WEC,IMSA】ミッドシップの新型911 RSRが来季よりレースデビュー

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
ドライバー Andre Lotterer , Earl Bamber , Marc Lieb , Nick Tandy , Romain Dumas
チーム Porsche Team
記事タイプ 速報ニュース