【WECバーレーン】FP3:6号車トヨタ「順調にプログラムを進められている」

WECバーレーン FP3では、1号車ポルシェがトップタイムを記録した。

 気温26℃、路面温度32℃が午前11時30分(日本時間17時30分)にフリープラクティス(FP)3回目が始まったときのバーレーン国際サーキットのコンディションだ。快晴で風は殆どない。

 セッションが始まるとLMP1クラス、GTEクラスのクルマが一斉にコースイン、午後の予選に向けて最後の調整に入った。トップタイムを記録したのは1号車ポルシェ。1分40秒318のタイムは2位以下に0.5秒の大差を付けた。2番手は8号車アウディのルーカス・ディ・グラッシ。3番手に5号車トヨタが続いた。以下、7号車アウディ、2号車ポルシェ、6号車トヨタ、13号車レベリオン、4号車バイコレスの順だ。

 ところで、今年限りでWECからの撤退を決めているアウディ。最終戦を残してマニュファクチャラーズ選手権でトヨタに追われており、万全の体制で予選、決勝レースに臨む準備をする。しかし、セッション終了3分前にオリバー・ジャービスが8号車アウディをコース脇に止めた。理由はエンジントラブルだ。

「メインストレートを走行中に異音がして、エンジニアと交信した。エンジンに問題が見つかったので、すぐにクルマを止めた」と、ジャービスは話している。

 しかし、トラブルはかなり深刻で、予選に向けてエンジン交換を行うことに決めた。

 トヨタは6号車のタイムが伸びなかったが、別段トラブルがあったわけではない。村田久武パワーユニット開発部長は、「順調にプログラムをこなしている」と言う。気温は思ったほど高くなく、冷却にもタイヤの状態に関しても問題はない。

「もう少し気温が上がるほうがうちには良いんだけどね」と、村田。ポルシェ、アウディが案外高温に弱いという点をついての発言だろう。ただ、決勝レースは午後4時に始まって終わるのは深夜の10時であり、この時間ならば気温も路面温度も下がるはずだ。トヨタの思い通り行くかどうか。

 LMP2クラスは26号車Gドライブを筆頭に、36号車アルピーヌ、35号車アルピーヌ、31号車リジェと続く。GTEクラスは51号車AFコルセのフェラーリ、97号車アストンマーチン、66号車フォードの順だ。

 予選はこれより2時間後の午後5時30分(日本時間:11月19日午前1時30分)に始まる。

WECバーレーン FP3 タイム結果:

Cla#DriversCarClassTimeGap
1 1  Mark Webber 
 Timo Bernhard 
 Brendon Hartley 
Porsche 919 Hybrid LMP1 1'40.318  
2 8  Lucas di Grassi 
 Loic Duval 
 Oliver Jarvis 
Audi R18 LMP1 1'40.806 0.488
3 5  Anthony Davidson 
 Kazuki Nakajima 
 Sébastien Buemi 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 1'40.852 0.534
4 7  Andre Lotterer 
 Marcel Fassler 
 Benoit Tréluyer 
Audi R18 LMP1 1'41.000 0.682
5 2  Romain Dumas 
 Neel Jani 
 Marc Lieb 
Porsche 919 Hybrid LMP1 1'41.014 0.696
6 6  Stéphane Sarrazin 
 Kamui Kobayashi 
 Mike Conway 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 1'41.276 0.958
7 13  Alexandre Imperatori 
 Dominik Kraihamer 
 Matheo Tuscher 
Rebellion R-One LMP1 1'46.338 6.020
8 4  Simon Trummer 
 Oliver Webb 
 Pierre Kaffer 
CLM P1/01 LMP1 1'48.236 7.918
9 26  Roman Rusinov 
 René Rast 
 Alex Brundle 
Oreca 05 LMP2 1'50.431 10.113
10 36  Nicolas Lapierre 
 Gustavo Menezes 
 Stéphane Richelmi 
Alpine A460 LMP2 1'51.455 11.137
11 35  Paul-Loup Chatin 
 Ho-Pin Tung 
 David Cheng 
Alpine A460 LMP2 1'51.591 11.273
12 31  Pipo Derani 
 Ryan Dalziel 
 Chris Cumming 
Ligier JS P2 LMP2 1'51.805 11.487
13 30  Giedo van der Garde 
 Tom Dillmann 
 Sean Gelael 
Ligier JS P2 LMP2 1'51.864 11.546
14 43  Bruno Senna 
 Ricardo Gonzalez 
 Filipe Albuquerque 
Ligier JS P2 LMP2 1'51.946 11.628
15 37  Vitaly Petrov 
 Viktor Shaytar 
 Kirill Ladygin 
BR01 LMP2 1'52.497 12.179
16 27  Maurizio Mediani 
 Nicolas Minassian 
 Mikhail Aleshin 
BR01 LMP2 1'52.561 12.243
17 45  Roberto Merhi 
 Julien Canal 
 Roberto Gonzalez 
Oreca 05 LMP2 1'53.096 12.778
18 44  Richard Bradley 
 Matthew Rao 
 Alex Lynn 
Oreca 05 LMP2 1'53.365 13.047
19 51  Gianmaria Bruni 
 James Calado 
Ferrari 488 GTE LMGTE PRO 1'59.038 18.720
20 97  Darren Turner 
 Jonathan Adam 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE PRO 1'59.301 18.983
21 66  Stefan Mücke 
 Olivier Pla 
Ford GT LMGTE PRO 1'59.580 19.262
22 95  Marco Sorensen 
 Nicki Thiim 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE PRO 1'59.862 19.544
23 67  Harry Tincknell 
 Andy Priaulx 
Ford GT LMGTE PRO 1'59.920 19.602
24 77  Richard Lietz 
 Michael Christensen 
Porsche 911 RSR (2016) LMGTE PRO 1'59.949 19.631
25 71  Sam Bird 
 Davide Rigon 
Ferrari 488 GTE LMGTE PRO 1'59.955 19.637
26 83  François Perrodo 
 Emmanuel Collard 
 Rui Aguas 
Ferrari F458 Italia LMGTE AM 2'00.701 20.383
27 86  Michael Wainwright 
 Adam Carroll 
 Ben Barker 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 2'01.325 21.007
28 98  Pedro Lamy 
 Paul Dalla Lana 
 Mathias Lauda 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE AM 2'01.466 21.148
29 78  Christian Ried 
 Wolf Henzler 
 Joel Camathias 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 2'01.987 21.669
30 88  David Heinemeier Hansson
 Patrick Long 
 Khaled Al Qubaisi 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 2'02.528 22.210
31 50  Pierre Ragues 
 Ricky Taylor 
 Romain Brandela 
Chevrolet Corvette C7-Z06 LMGTE AM 2'04.359 24.041

【関連ニュース】

【WECバーレーン】2回のFPのトップタイムは唯一40秒の壁を破った2号車ポルシェ

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 バーレーン
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
記事タイプ フリー走行レポート