WEC富士決勝:トヨタ歓喜の優勝。2014年以来の勝利をホームの富士で達成

WEC第7戦富士決勝レースで、可夢偉/サラザン/コンウェイ組の6号車トヨタが優勝を果たした。

 FIA世界耐久選手権(WEC)第7戦富士6時間レースの決勝が行われ、6号車トヨタTS050ハイブリッド(小林可夢偉/ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ組)が8号車アウディR18を1.4秒抑え切り、今季初優勝をホームレースで達成した。

Start: #8 Audi Sport Team Joest Audi R18 e-tron quattro: Lucas di Grassi, Loic Duval, Oliver Jarvis leads

Photo by: Vision Sport Agency

  ポールポジションからスタートしたのは、8号車アウディR18。ドライバーはオリバー・ジャービスである。ジャービスはスタートで首位のポジションをキープし、2番手には引退を発表したばかりのマーク・ウェーバーが乗る1号車ポルシェ919ハイブリッドがつける。

 3番グリッドからスタートした5号車トヨタTS050ハイブリッドには、中嶋一貴が搭乗。しかし、スタートがうまくいかず、5番手まで順位を落としてしまう。

 レースがスタートして20分、7号車アウディR18がダンロップコーナーでオーバーラン。ただのドライビングミスかと思いきや、スローダウンし、ポジションをどんどん落としていく。ドライブするブノワ・トレルイエはなんとかピットまでマシンを運ぶも、すぐにマシンを降りてしまう。ハイブリッドシステムにトラブルが発生したようだ。

 6号車トヨタTS050ハイブリッドのスタートドライバーを務めたのは小林可夢偉。可夢偉のペースはよく、レーススタートから30分が経とうという頃に300R手前で1号車ポルシェを交わして2番手に浮上した。

 レース序盤、8号車アウディが後続との差を築き、順調に逃げていく。しかし、1回目のピットストップ後には6号車トヨタが急接近。2台による首位争いが繰り広げられ、1号車ポルシェはこれに徐々に遅れをとっていく。

 しかし、燃費の影響からか、8号車アウディはトヨタやポルシェよりもピットインのタイミングが早く、レースが進むとこれが大きな影響を及ぼしそうな、そんな状況になってくる。それでも8号車アウディのペース自体は速く、トヨタ6号車との差を少しずつではあるが広げていく。

 レース序盤にトラブルでピットインしたアウディ7号車は、やはりハイブリッドシステムのトラブル。チームはこの修復を諦め、エンジンのみでの走行を続けていくが、当然ペースは上がらず、後方を走るのみにとどまる。しかし、修繕の際、故障したフロントのMGUを引き摺りながら走りたくなかったアウディは、フロントのドライブシャフトを抜いて走行していた。そのことがレギュレーション違反になり、リタイヤとなった。

 8号車アウディと6号車トヨタの差は5秒程度でレースは推移、その後方5〜10秒のところを、1号車ポルシェが追う。5号車トヨタと2号車ポルシェはこの集団にはついていけない。

 レーススタートから間もなく4時間が経とうという頃、ステファン・サラザンが乗る6号車トヨタに、ティモ・ベルンハルトが乗る1号車ポルシェが急接近。2台は激しいバトルを繰り広げる。1コーナーでベルンハルトが前に出るも、サラザンもそうはさせじと抜き返す。しかし、直線での加速はポルシェが勝っているように見え、勝負あり。1号車ポルシェが2番手に浮上する。

 2番手に上がった1号車ポルシェが逃げていくかと思いきや、6号車トヨタはなんとかこれに食らいついていき、レース終盤での逆転を狙う。

 残り1時間45分という時点で、トップの8号車アウディがピットイン。これに遅れること5分後に6号車トヨタがピットイン。小林可夢偉が乗り込む。さらに10分後、1号車ポルシェがピットに入り、ブレンダン・ハートレーが乗り込んだ。このピットインで6号車トヨタが再び2番手に浮上。しかし、1号車ポルシェは真後ろだ。

 ポルシェのストレートスピードは速く、メインストレートではあっさり6号車トヨタの前に出るが、可夢偉は諦めずにコカ・コーラ・コーナーで抜き返す。2番手を守った可夢偉は、ハートレーとの差を上手くキープして周回を重ねていく。

 レース残り50分。210周を走破した先頭の8号車アウディR18がピットイン。給油とタイヤ交換を済ませてコースに復帰していく。コクピットには富士スピードウェイを知り尽くしているロイック・デュバル。デュバルは驚異的なスピードで、前を追っていく。

 残り45分というところで、この時点で先頭に立っていた6号車トヨタがピットイン。こちらはドライバー交代もタイヤ交換も行わず、給油のみでピットアウトしていく。これで6号車トヨタは8号車アウディの10秒以上前に出ることに成功する。その約10分後、1号車ポルシェもピットイン。ウェーバーがマシンに乗り込み、タイヤも交換するフルサービスだ。

 ウェーバーの日本での最後の勇姿となったが、フルサービスしたことで1号車ポルシェのポジションは、8号車アウディの後ろの3番手となる。

 すべてのピットインを終えた時点で、首位を行くのは6号車トヨタ(小林可夢偉)、2番手には8号車(デュバル)、3番手は1号車ポルシェ(ウェーバー)という順。優勝争いはこの3台に絞られた。ただ、アウディとポルシェがタイヤを交換したのに対し、トヨタは2スティント目のタイヤと、不利な状況である。

 しかし、小林可夢偉はこれによく耐えた。ウェーバーは思ったようにペースが上がらず、徐々に遅れ始めていく。しかしデュバルは猛烈なペースで飛ばし、可夢偉との差を徐々に縮めていく。可夢偉は必死の防戦。使い切ったタイヤで最大限のペースで飛ばし、周回遅れのマシンも無駄なく処理。そして、最後は1.4秒デュバルの追撃を抑え切り、トップでチェッカーを受けた。

 トヨタにとっては、2014年のバーレーン戦以来の優勝。残り3分というところで勝利を失った今年のル・マン24時間レースの雪辱を、チームのホームレースである富士で達成した。また、小林可夢偉にとってはこれがLMP1クラスでの初優勝である。

 2位には最後6号車を追い詰めた8号車アウディ、3位には1号車ポルシェが入った。トヨタのもう1台5号車は4位だった。

 LMP2クラスは、レース終盤に26号車G-ドライブ・レーシングと43号車RGRスポーツbyモランドが、激しいトップ争いを繰り広げた。ドライブするのは26号車がウィル・スティーブンス、43号車にはブルーノ・セナ。共に元F1ドライバーである。

 先頭を行く43号車を、メインストレートで26号車のスティーブンスが一時交わすが、このオーバーテイクはトラックリミットを違反してのモノだったため認められず。順位を戻してバトルやり直しを命じられる。しかしスティーブンスの速さが勝っており、再びオーバーテイク完了。セナはポジションを守りきることができなかった。

 これで26号車G-ドライブ・レーシングがトップチェッカー。2位には43号車が入った。両者のタイム差は1.398秒と、LMP1以上の僅差での決着だった。

 LM-GTE Proクラスは、67号車フォードGTがトップチェッカー、2位にも68号車フォードGTが入って1-2フィニッシュを達成。AFコルセのフェラーリを圧倒した。LM-GTE Amクラスは98号車アストン・マーチン・レーシングが独走でトップチェッカーを受けた。

 WECはこの後舞台を中国は上海に移し、11月5〜6日に第8戦が行われる。

FIA世界耐久選手権第7戦富士6時間レース決勝結果
Cla DriversCarClassLapsTimeGapIntervalPitsRetirementPoints
1   6   Stéphane Sarrazin 
  Kamui Kobayashi 
  Mike Conway 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 244 6:00'37.284     6    
2   8   Lucas di Grassi 
  Loic Duval 
  Oliver Jarvis 
Audi R18 LMP1 244 6:00'38.723 1.439 1.439 6    
3   1   Mark Webber 
  Timo Bernhard 
  Brendon Hartley 
Porsche 919 Hybrid LMP1 244 6:00'54.623 17.339 15.900 6    
4   5   Anthony Davidson 
  Kazuki Nakajima 
  Sébastien Buemi 
Toyota TS050 Hybrid LMP1 244 6:01'31.063 53.779 36.440 6    
5   2   Romain Dumas 
  Neel Jani 
  Marc Lieb 
Porsche 919 Hybrid LMP1 243 6:00'47.939 1 lap  1 lap  6    
6   13   Alexandre Imperatori 
  Dominik Kraihamer 
  Matheo Tuscher 
Rebellion R-One LMP1 229 6:00'51.150 15 laps  14 laps  7    
7   26   Will Stevens 
  Roman Rusinov 
  Alex Brundle 
Oreca 05 LMP2 223 6:00'54.127 21 laps  6 laps  7    
8   43   Bruno Senna 
  Ricardo Gonzalez 
  Filipe Albuquerque 
Ligier JS P2 LMP2 223 6:00'55.525 21 laps  1.398 7    
9   36   Nicolas Lapierre 
  Gustavo Menezes 
  Stéphane Richelmi 
Alpine A460 LMP2 223 6:01'21.750 21 laps  26.225 6    
10   30   Giedo van der Garde 
  Sean Gelael 
  Antonio Giovinazzi 
Ligier JS P2 LMP2 223 6:01'45.443 21 laps  23.693 7    
11   31   Pipo Derani 
  Ryan Dalziel 
  Chris Cumming 
Ligier JS P2 LMP2 222 6:00'38.760 22 laps  1 lap  7    
12   42   Jonny Kane 
  Lewis Williamson 
Gibson 015S LMP2 222 6:00'45.600 22 laps  6.840 7    
13   44   Roberto Merhi 
  Richard Bradley 
  Matthew Rao 
Oreca 05 LMP2 222 6:01'05.157 22 laps  19.557 8    
14   27   Maurizio Mediani 
  Nicolas Minassian 
  Mikhail Aleshin 
BR01 LMP2 222 6:01'45.418 22 laps  40.261 6    
15   35   Paul-Loup Chatin 
  Ho-Pin Tung 
  David Cheng 
Alpine A460 LMP2 221 6:01'58.848 23 laps  1 lap  7    
16   37   Vitaly Petrov 
  Viktor Shaytar 
  Kirill Ladygin 
BR01 LMP2 220 6:01'33.739 24 laps  1 lap  7    
17   67   Harry Tincknell 
  Andy Priaulx 
Ford GT LMGTE PRO 212 6:00'54.068 32 laps  8 laps  5    
18   66   Stefan Mücke 
  Olivier Pla 
Ford GT LMGTE PRO 212 6:01'09.574 32 laps  15.506 5    
19   51   Gianmaria Bruni 
  James Calado 
Ferrari 488 GTE LMGTE PRO 212 6:01'35.208 32 laps  25.634 5    
20   71   Sam Bird 
  Davide Rigon 
Ferrari 488 GTE LMGTE PRO 212 6:01'43.343 32 laps  8.135 5    
21   95   Marco Sorensen 
  Nicki Thiim 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE PRO 211 6:00'40.553 33 laps  1 lap  5    
22   97   Darren Turner 
  Richie Stanaway 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE PRO 211 6:01'42.967 33 laps  1'02.414 5    
23   77   Richard Lietz 
  Michael Christensen 
Porsche 911 RSR (2016) LMGTE PRO 210 6:00'39.697 34 laps  1 lap  5    
24   98   Pedro Lamy 
  Paul Dalla Lana 
  Mathias Lauda 
Aston Martin Vantage V8 LMGTE AM 208 6:00'52.206 36 laps  2 laps  5    
25   83   François Perrodo 
  Emmanuel Collard 
  Rui Aguas 
Ferrari F458 Italia LMGTE AM 207 6:01'15.242 37 laps  1 lap  6    
26   78   Christian Ried 
  Wolf Henzler 
  Joel Camathias 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 206 6:01'02.238 38 laps  1 lap  6    
27   86   Michael Wainwright 
  Adam Carroll 
  Ben Barker 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 205 6:01'08.259 39 laps  1 lap  5    
28   88   David Heinemeier Hansson
  Patrick Long 
  Khaled Al Qubaisi 
Porsche 911 RSR LMGTE AM 200 6:02'08.554 44 laps  5 laps  6    
29   45   Shinji Nakano 
  Tor Graves 
  Alex Lynn 
Oreca 05 LMP2 190 6:00'56.348 54 laps  10 laps  9    
30   50   Pierre Ragues 
  Ricky Taylor 
  Yutaka Yamagishi 
Chevrolet Corvette C7-Z06 LMGTE AM 172 6:01'58.170 72 laps  18 laps  6    
    4   Simon Trummer 
  Oliver Webb 
  Pierre Kaffer 
CLM P1/01 LMP1 79 2:06:47.385 165 laps  93 laps  3 Retirement  
    7   Andre Lotterer 
  Marcel Fassler 
  Benoit Tréluyer 
Audi R18 LMP1 36 2:14'59.874 208 laps  43 laps  2 Retirement  

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 富士
サブイベント Sunday Race
サーキット 富士スピードウェイ
ドライバー Kamui Kobayashi , Mike Conway , Stéphane Sarrazin
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ レースレポート