アウディ、今季限りでのWEC撤退を発表。フォーミュラEに注力

アウディは、WECとル・マン24時間レースからの、今季限りでの撤退を発表した。

 アウディは水曜日に声明を発表。それによれば、アウディは今季限りでWEC(世界耐久選手権)から撤退し、モータースポーツにおける主要な活動の場面をフォーミュラEに移すという。DTMのプログラムは継続するようだ。また、世界ラリークロス選手権に関する決定は未だなされていないが、アウディはEKSチームにマシンを提供することができると示唆している。

 アウディCEOのルパート・シュタートラーは、「我々は将来の電気エネルギーのために、レースを戦うつもりだ」と語っている。

「当社の生産車は、次第に電気自動車になっていく。そして当社のモータースポーツ用のクルマも、アウディの技術的な先鋒として、同じようにならなければならない」

 この日発表されたリリースにはまた、「アウディの歴史の中でも最大の変革期にある」と記されると共に、フォーミュラEへの関与を深めることも、強く記されている。

「フォーミュラEは、将来に向けた大きな可能性を秘めたレースシリーズだとみなしています。それが現在、アプト・シェフラー・アウディ・スポートとの提携を強化している理由だ。フルワークスへの道筋については、現在積極的に技術開発への取り組みに参加しています」

 報告によれば、WECの富士6時間レースでアウディのマシンがトップを走行中に、同シリーズからの撤退が検討されていたことが明らかになった。また、このシリーズにかかるコストと、ディーゼル技術が縮小傾向にあることも、撤退を決めた要因になったようだ。

 アウディは当初、2017年をもってWECから撤退すると言われていた。

「この18年間のプロトタイプレースにおいて、アウディは非常に成功した。ここから去るのは、非常に厳しいことだ」

 アウディのモータースポーツ部門を率いるヴォルフガング・ウルリッヒはそう語った。

「アウディ・スポート・チーム・ヨーストは、この期間のWECを形作った。他にはそのようなチームはない」

「私は、我々のチーム、ラインホルト・ヨースト氏と彼のチーム、ドライバーたち、そしてパートナーやスポンサーの皆さんに、この大きな成功を収めた協力に対して、感謝の気持ちを表したいと思う」

 このニュースにより、来季のWECのLMP1クラスには、ポルシェとトヨタの2チームのみが残るということになる。

【関連ニュース】

アウディWEC撤退に対し、ACOとWECのCEOがコメント

アウディ、ウルリッヒ代表に訊く「2018年のことは決まっていないが、開発は進めている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース