マルドナド、マノーからWECメキシコ戦に出走か?

パストール・マルドナドは、来月行われるWECメキシコ6時間レースに、マノーから出走することになりそうだ。

 来月、メキシコシティのエルマノス・ロドリゲス・サーキットで行われるWEC第5戦メキシコ6時間レースで、マノーのLMP2マシンに乗り、WECデビューを果たす可能性が高まっている。これは、同チームからWEC参戦が決まったアルフォンソ・トレダノが語ったものである。

「僕らはサードドライバーが決まるのを待っている。パストール・マルドナドになる可能性があるよ。チームは現時点では決断していないので、僕らはそれは待つ必要があるんだ」

 マルドナドはスポンサーの問題により、今季のF1シートを失った。そしてその後、様々なシリーズに参戦する可能性を探ってきた。例えばインディカーではアンドレッティのマシンに乗る可能性があったものの、同じくF1シートを失ったアレキサンダー・ロッシにそのポジションを奪われてしまった。また、最近ではKVレーシングのゲストとして、アイオワ州で行われたインディカーのレースを訪問している。

 WECメキシコ戦のプロモーターであり、LMP2クラスに参戦するRGRのオーナー兼ドライバーでもあるリカルド・ゴンザレスも、マノーのシートが空いていることを明かしている。

「チームにはまだ空席があることを理解している。誰がそのシートを得るのかは分からないが、我々はF1の経験も豊富なドライバーになる可能性があると聞いている」

 マノーの候補としては、マルドナドのほかにアントニオ・ピッツォニアの名も挙がっている。ピッツォニアはジャガーやウイリアムズでF1に参戦。改修前のエルマノス・ロドリゲス・サーキットでも、2006年にチャンプカーでレースを走った経験もある。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 メキシコ・シティ
サーキット アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
ドライバー Antonio Pizzonia , Pastor Maldonado
チーム マノー
記事タイプ 速報ニュース