一貴&可夢偉「タイヤに苦しんだ」と口をそろえる:WECニュルブルクリンク

ニュルブルクリンクで行われたWEC第4戦。そのレース終了後、中嶋一貴と小林可夢偉に話を訊いた。

 あまりにも”残酷”な結末だったル・マンから1カ月、トヨタは雪辱を果たすべく、ニュルブルクリンクで行われたWEC第4戦に挑んだ。しかし、ル・マンから一転して苦戦し、ポルシェとアウディに大きく差をつけられてしまった。

「タイヤの選択が原因だった」と語るのは、トヨタTS050ハイブリッドの5号車を駆る中嶋一貴である。

「選んだタイヤが金曜日ほどうまく働かなかった感じではあった。途中で違うタイヤをつけたら、そっちの方がフィーリングは良さそうでした。2回目に乗った時にはクルマは悪くなかったし、ペースもポルシェとはそんなに変わりませんでした」

 トヨタが選んだタイヤは、”高い温度対応”のタイヤだったという。

「高い温度対応のタイヤで行ったんですが、路面との相性がイマイチ良くなかった。グリップも思ったほどなかったですね」

 これについては、6号車を駆る小林可夢偉も、タイヤに苦しんだことを認めた。

「僕らはそれ(高い温度対応のタイヤ)しか使っていないんですけど、1回目はダメだったのに、2回目は良かった……その差が分からないんですよ。しかも1回目は新品、2回目は予選で使った中古なのに……ちょっとミステリーですね」

 具体的にはどうダメだったのか? 性能劣化(デグラデーション)の問題なのかとの問いに可夢偉は、次のように答えた。

「そういう問題ではなく、そもそもスイッチが入らなかったんです。温度が上がった、上がらないと言う問題ではなく、本当にグリップしないですから」

 今後のレースについては、「戦えるサーキットもあるかもしれない」と一貴は言う。

「ダウンフォースが足りない部分はあるような気がします。メキシコはちょっと分からないですけど、もう少し良い位置で戦えるんじゃないかと思えるサーキットもあります」

 一方の可夢偉は、「まだシーズンは半分」とポジティブだ。

「シーズンはまだ半分残っていますからね。ダメな時はダメなりに、ポイントを獲っていくのが大事だと思います。もちろん、ここでもう少し前に行きたかったですが、残念ながらどうしようもない状況でした」

「残りのレースに向け、改善できるところは改善していかなきゃと思います」

インタビュー:赤井邦彦

関連ニュース:「トヨタ首脳『自分たちのミスでチャンスにならなかった』:WEC第4戦ニュルブルクリンク」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 ニュルブルクリンク
サーキット ニュルブルクリンク
ドライバー Kamui Kobayashi , Kazuki Nakajima
チーム Toyota Racing
記事タイプ 速報ニュース