元F1ドライバーのヴァン・デル・ガルデ、LMP2クラスでWEC参戦

元F1ドライバーのヴァン・デル・ガルデらは、ESMレーシングからWECのLMP2クラスに参戦。30号車をドライブする。

 ギド・ヴァン・デル・ガルデ、シーン・ジェラール、GP2で活躍するアントニオ・ジョビナツィの3人は、スコット・シャープ、エド・ブラウン、ヨハネス・ヴァン・オーバービークに代わって、世界耐久選手権(WEC)のLMP2クラスに参戦中のESMレーシング30号車をドライブする。またマシンもテキーラ・パトロンから、インドネシアのケンタッキー・フライドチキンであるジャゴニャ・アヤムへと変更になる。

  チーム代表のシャープは以下のように述べた。

「ジャゴニャ・アヤムはLMP2プログラムに興味を持っており、我々にはすでに、マシンとスタッフが揃っている。年間エントリーも済ませてある」

 ヴァン・デル・ガルデは昨年、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)にG-ドライブから参戦し、ル・マン24時間レースにも出場している。

 ジェラールとジョビナツィは昨年アジアン・ル・マン・シリーズに参戦し、チームメイトとしてジャゴニャ・アヤム with ユーラシアから出場したふたりは2勝を挙げた。

 またジョビナツィは現在GP2に参戦しており、ドライバーズ選手権トップのピエール・ガスリー(Prema Powerteam)から10ポイント差でランキング2位につけている。今シーズンはあと2レース残っているが、どちらもWECと日程は被っていない。

 ESMレーシングは、引き続き31号車を走らせ、リャン・ダルツィール、ピポ・デラーニ、クリス・カミングがドライブする。

「我々は、テキーラ・パトロンESMというプロフェッショナルなチームと共に、このプロジェクトに参加できることを誇りに思っている」とジャゴニャ・アヤムのスポーティングマネージャーのフランチェスコ・プリンチペは話した。 

「マシンには競争力がありそうだし、ドライバーたちはどのレースでもベストを尽くせると自信を持っている」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
ドライバー Antonio Giovinazzi , Giedo van der Garde , Scott Sharp , Sean Gelael
チーム ESM Racing
記事タイプ 速報ニュース