可夢偉「アロンソに『スーパーフォーミュラに来ないか』と誘いたい」

小林可夢偉は、F1の連中はWECを”過小評価”していると信じている。そしてアロンソに、スーパーフォーミュラのレベルの高さを知ってほしいと語る

 小林可夢偉は、WECに参戦しているチームの努力は、いくつかのF1チームの上を行っていると語る。

「僕はF1の人々は、このカテゴリー(WEC)を過小評価してると思うんですよね。開発中のクルマにかける努力は、実はものすごく高いです。そして予算の面でも、いくつかのケースでは、F1チームが使っているより多いと思う」

 可夢偉はMotorsport.comに対してそう語った。

 多くのドライバーが、WECのように開かれたカテゴリーではなく、F1に集中するのかという点について可夢偉は、F1の方がメディアの注目が高いからだと考えている。

「実際に、僕らの心はよりオープンになっていると思う」

「僕は、誰でもフェルナンド(アロンソ)に、『F1の後は何をするの?』と訊くことができると思う。確か、彼は何回か、別のカテゴリーについて言及したと思う」

「僕は、メディアがF1に集中しすぎていると思う。それが問題なんですよ。ドライバーは、実際には心を開いてると思いますね」

「ニコ・ヒュルケンベルグは、なぜF1に乗っている途中でLMP1チームに加わったんだと思います?(ヒュルケンベルグは現役のF1ドライバーでありながら、昨年ル・マン24時間レースにポルシェからスポット参戦し、優勝を果たしている) それは、彼の情熱がレースをやることだったからだと思う。その情熱が、大きなレースを成し遂げるんですよね」

「僕たちとは逆の考えだと思いますけど、メディアはF1だけがベストの存在だと考えているんでしょう。お金はもちろんたくさんあるし、素敵な女性も多分たくさんいますけどね……」

 可夢偉はアロンソに対し、スーパーフォーミュラでレースすることを提案したいと考えている。

「それはすごいよね。でも、スーパーフォーミュラのレベルは、本当に高いんですよ」

 そう可夢偉は言う。

「ぜひフェルナンドに、日本に来てレースをしないかと聞いてみたいですね。彼はきっと、スーパーフォーミュラに出ているドライバーがこんなに強いのかって、驚くと思いますよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC , F1
ドライバー Kamui Kobayashi
チーム ケータハムF1 , ガズー・レーシング , Sauber , Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース