【WRX】ソルベルグ、2017年はVWの支援を受け2台体制参戦

ペター・ソルベルグはVWとモンスター・エナジーの支援を受け、クリストファーソンと共に今シーズンWRXに参戦することを明らかにした。

 元WRC王者であり、現在WRX(世界ラリークロス選手権)に参戦中のペター・ソルベルグは、彼がオーナーを務めるチームであるPSRXチームの2017年WRX参戦体制を明らかにした。2017年、PSRXチームはモンスター・エナジーとフォルクスワーゲン・ノルウェーの支援を受け、ドライバーのヨハン・クリストファーソンと2台のポロRXでWRXに参戦する。

 ソルベルグはシトロエンのマシンをドライブし2014年と2015年のWRXタイトルを獲得したが、昨年はアウディのマティアス・エクストロームに敗れた。

「正直に話すと、今回発表した体制は僕の夢だった」とソルベルグは語った。

「僕たちはこの交渉をまとめるのに最大限に注力していたし、ここまで至るのにかなりの時間を要した。しかし、今季のチャンピオンシップ争いに絡めるだけの実力がチームにあると信じている」

「フォルクスワーゲンはモータースポーツで何か出来ないか検討していたようだが、ダカール・ラリーとWRC(世界ラリー選手権)での圧倒的な実力を見れば明らかだ。彼らと共に世界選手権の舞台でラリークロスに参戦できるなんて、信じられないほどの出来事だよ」

 以前ソルベルグがプライベーターやスバルのワークスチームでWRCに参戦していた頃、共に仕事をしていたフランソア-シャビエル・ドメゾンという技術者がいた。今回のフォルクスワーゲンとの提携により、ソルベルグは現在同社のテクニカル・ディレクターを務めるドメゾンと再びタッグを組むことになる。

「このスポーツで僕が最も尊敬しているのは彼だ。今シーズンにおいて、是非とも一緒に働きたいと思える人物だ」とソルベルグは語った。

「FX(フランソア-シャビエル)は僕がマシンに望んでいることを理解していて、僕のための速いマシンを作ることができる」

 また今シーズンのRXコンストラクターズタイトルは、ソルベルグにとって特に重要な指標になるとみられている。今回ソルベルグのチームに加入したクリストファーソンは、昨年フォルクスワーゲン・ポロに乗りWRX年間2位だった。

「ヨハンが僕たちのチームに加入してくれたことで、本当に強いチームが結成された」とソルベルグは続けた。

「彼は信じられないほどの可能性を持つ、本当に強いドライバーだ」

「チームオーナーとして、マニュファクチャラーのチャンピオンを狙えることは、信じられないほど栄誉なことだろう。それが夢だった」

 フォルクスワーゲンのモータースポーツのディレクターであるセブン・スミーツは、WRCからの撤退後、ラリークロスに注目しているとAutosportに語った。

「我々はラリークロスに注目している」

「昨年、グローバル・ラリークロスで大きな成功を収めたフォルクスワーゲン・アンドレッティ・ラリークロスチームと共に働いているが、2017年のWRXを見てみたいと強く感じた」

「ペターのチームとフォルクスワーゲン・スウェーデンが結託し、今回の参戦を実現することができた。ペターがチームを運営し、我々がテクニカルサポートを提供することになるだろう」

「また我々はレースに技術者を派遣し、マシンを開発することになるが、資金調達と運営のためのスポンサーシップ関連はペターとスウェーデンのフォルクスワーゲンに委ねられている」

【関連ニュース】

【WRX,WTCC】「”ジョーカーラップ”をF1にも導入すべき」とWRX王者

2017年WRX暫定カレンダーが発表。初カレンダー入りの南ア戦は最終戦

【WRC】VW新車でのプライベーター参戦、2018年に先送り

フォルクスワーゲン、WRC撤退を発表

【ダカール】地滑りの影響で9日目キャンセル。被災地の支援も

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ World Rallycross
ドライバー Johan Kristoffersson , Petter Solberg
記事タイプ 速報ニュース