【WRC】1.6Lターボ380馬力のトヨタ・ヤリスWRCのスペック公開!

トヨタ・ヤリス WRC(日本名:ヴィッツ)のエンジンからトランスミッション、性能などスペックが公開された。

 トヨタ・ヤリス WRC(日本名:ヴィッツ)は、2017 年 FIA ワールドラリーカー技術規定(2017 FIA
World Rally Car Technical Regulation)に準拠する新世代ワールドラリーカーであり、1.6リッター直噴ターボエンジンを搭載し、約380馬力の出力を誇る。 

<エンジン

形式:直列 4 気筒直噴ターボエンジン

排気量:1,600cc
最高出力:380 馬力以上 

最大トルク:425Nm 以上 

ボア×ストローク:83.8mm×72.5mm

エア・リストリクター:36mm(FIA 規定による)

<トランスミッション

ギアボックス:油圧式 6 速シフト
駆動方式・差動装置:4WD、機械式ディファレンシャル×2、アクティブ・センター・ディファレンシャル (トルクスプリットオプション) 

クラッチ:焼結ツインプレート・クラッチ

<シャシー/サスペンション

フロント/リア:マクファーソン・ストラット

サスペンションストローク量:非公開 

ステアリング:油圧式ラック&ピニオン

ブレーキ・システム:

・グラベル用:300mm(空冷および水冷) ・ターマック用:370mm(空冷および水冷)

<寸法および重量

全長/全幅/全高:1,085mm(空力パーツ込)/1,875mm/調整可能 

トレッド幅:調整可能
ホイールベース:2,511mm
最低重量:1,190kg 

<性能

加速性能:非公開 

最高速度:201 kph(理論値)

【Toyota Global Newsroom】

【関連ニュース】

【WRC】トヨタ、17年WRC体制発表。豊田社長「トヨタは負け嫌い」

ラトバラ、17年WRC復帰のトヨタ加入が明らかに

オジェ、Mスポーツとの契約発表。「表彰台の一番上が目標!」

2017年WRCカレンダーが発表。オジェが希望していたリバーススタートが再び復活

トヨタのWRC用テストマシン”ヤリスWRC”がTGRFで日本初公開

王者オジェがトヨタのマシンをテスト。ヤリスの弱点を指摘

2017年WRC:トヨタはマイクロソフトとのパートナー提携を発表

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 Toyota Yaris WRC Plus 2017 launch
記事タイプ 速報ニュース