【WRC】2017年WRCカレンダーが発表。オジェが希望していたリバーススタートが再び復活

来季より、オジェとフォルクスワーゲンが希望し続けたリバーススタートが再び復活する。

 世界ラリー選手権(WRC)は2017年より、走行順に関するレギュレーションを2014年に採用していたリバーススタートにすることを発表した。

 今季タイトルを獲得したセバスチャン・オジェは、すべてのイベントで第一出走者を務めており、グラベル(未舗装路)ラウンドでいわば”砂利掻き役”を担わざるを得なかった。グラベルラリーは出走順によって有利不利があり、走行順が遅ければ遅いほど走行ラインの砂利が掃けてタイムが上がる傾向にある。結果的にもオジェは今季のグラベルで1度も優勝できていない。

 シーズン中、このレギュレーションをオジェとフォルクスワーゲンは批難しており、11月30日に行われたFIA世界モータースポーツ評議会で協議された。

 協議の結果、2014年のレギュレーションに則り、金曜日のみポイントリーダーが先行し、土曜日と日曜日のイベントはリバーススタートすることが決定した。

 さらに2017年以降のマニファクチャラー・トロフィー・シリーズの開催が認められた。

 他のサポートカテゴリーと同様にトロフィー・シリーズの参加者は7イベントに参加することができ、上位6台が入賞となる。

 ジュニアWRCチャンピオンシップは2014年以降シトロエンDS3が使用されていたが、来季よりフォードR2に置き換えられることになった。

 2017年WRCカレンダーは、以下の通りである。

2017 WRC schedule:

DateEvent
20-22 January  Monte Carlo
10-12 February  Sweden
10-12 March  Mexico*
7-9 April  France (Corsica)
28-30 April  Argentina
19-21 May  Portugal
9-11 June  Italy (Sardinia)*
30 June - 2 July  Poland
28-30 July  Finland
19-20 August  Germany
6-8 October  Spain*
27-29 October  Great Britain (Wales)
17-19 November  Australia

*現在開催調整中

【関連ニュース】

2017年の規定変更がWRCコミッション内で決定

王者オジェがトヨタのマシンをテスト。ヤリスの弱点を指摘

フォルクスワーゲン、WRC撤退を発表

2017年WRC暫定カレンダーが公表。新たなレギュレーションも承認される。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
記事タイプ 速報ニュース