【WRC】来季オプションを検討中のオジェ。MスポーツのフィエスタRSを試走

今週の金曜日にセバスチャン・オジェは、Mスポーツのフォード・フィエスタRSをテスト走行させた。

 金曜日に2016年世界ラリー選手権チャンピオンのセバスチャン・オジェは、Mスポーツのフォード・フィエスタRSをウォルターズアリーナラリーコンプレックスでテスト走行した。その際、チーム代表であるマルコム・ウィルソンも出席した。

 オジェは午前中のみ走行し、午後はMスポーツのオット・タナクにマシンを引き継いだ。

 また彼は水曜日にカタルーニャでトヨタのヤリスWRCを走らせており、フォルクスワーゲンの撤退を受け2017年のオプションを検討していると見られている。

 現在Mスポーツは、最終的な決定を下す前に2017年のWRCマシン4台全てテストしたいと考えているオジェを尊重していることを明らかにした。

 一方、ヒュンダイはすでにラインアップが確定していることでオジェを入れる余地がなく、シトロエンはC3 WRCを試走する前にまず契約を結ぶようオジェに要求している。

【関連ニュース】

王者オジェがトヨタのマシンをテスト。ヤリスの弱点を指摘

ハンニネンのチームメイト候補はWRC2ドライバーが濃厚か

 フォルクスワーゲン、WRC撤退を発表

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
ドライバー Sébastien Ogier
チーム M-スポーツ
記事タイプ 速報ニュース