【WRC】王者オジェがトヨタのマシンをテスト。ヤリスの弱点を指摘

4度の世界チャンピオンに輝いたフォルクスワーゲンのオジェが、トヨタのヤリスを試走した。

 先週のラリー・オーストラリアで2位となり、4度目のタイトルを獲得したフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジェは、カタルーニャのタラゴナ地域にてターマックとグラベルをトヨタ・ヤリスWRCでテスト走行した。

 オジェはマシン性能を確かめていたが、完全には満足いかなかったようだ。彼はサスペンションが弱点であることを指摘している。

 現在のトヨタのラインアップは、ユホ・ハンニネンがドライバー起用されると発表されただけである。他の有力な候補としてはWRC2チャンピオンのエサペッリカ・ラッピが挙げられているが、オジェの同僚であるヤリ・マティ・ラトバラやWRC2ドライバーのティーム・スニネンも視野に入っている。

 またオジェは、今週にMスポーツのフォード・フィエスタを試走する予定だ。フォルクスワーゲンが今季で撤退するため、彼は次のキャリアを検討している最中にある。

 オジェのMスポーツへの移籍は依然として可能性が高いが、シトロエンのマシンも試走している。彼はフォード・フィエスタRSを乗るまで決定は下さないと話している。

【関連ニュース】

ハンニネンのチームメイト候補はWRC2ドライバーが濃厚か

 フォルクスワーゲン、WRC撤退を発表

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
ドライバー Sébastien Ogier
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース