【WTCC】2017年マカオGPにWTCCが復帰。2014年以来のWTCCマカオ開催へ

世界ツーリングカー選手権は、来季マカオGPに戻ってくることになりそうだ。

 世界ツーリングカー選手権(WTCC)は2014年を最後に、マカオでレースを行っていない。昨シーズンから、最終戦をカタールのナイトレースで行っている。以前のマカオGP主催者とのレーススケジュールの調整が行き詰まったためだ。

 長年マカオGPを仕切ってきたバリー・ブランドがイベントの運営から離れ、状況が変わった。

 今年GTカップと同様、F3マカオGPにFIAワールドカップの格が与えられ、象徴的なイベントにFIAがより深く関わってくるようになった。

 結果としてマカオGPは2017年、”ワールドカップ”が3戦開催されることになりそうだ。WTCCは”ツーリングカー・ワールドカップ”として歴史的なイベントに参加することになる。

「我々はマカオには戻ってくることはないと言っていたが、アジアでの象徴的なレースは、常に国際的なメディアへの露出を歓迎してくれるだろう」とWTCCのプロモーターであるフランソワ・リベイロは語った。

 WTCCがマカオから去った後、2015年から始まった新しいシリーズであるTCR・インターナショナル・シリーズがマカオのエントリーを引き継いでおり、今年も最終戦の開催が予定されている。

 しかしながら、今年のレースはチャイナ・ツーリングカー・チャンピオンシップのマシンと、数台のスポット参戦のTCRマシンとの合同イベントとして開催される。そして、来年以降の開催は行われないと認めている。

Neil Hudson / TouringCarTimes

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCC , TCR
記事タイプ 速報ニュース