【WTCC, WEC】来季の去就を示唆するロペス「ル・マン24時間出場は僕の夢」

FIA表彰式にて3度目のチャンピオントロフィーを受賞したWTCCのロペスは、WECトヨタのドライバーになることが噂されている。

 3度目の世界ツーリングカー選手権の王者に輝いたシトロエンのホセ・マリア・ロペスは、ウィーンで開催されたFIA表彰式にてトロフィーを受賞した。

 その表彰式でロペスは、2017年に世界耐久選手権(WEC)に参戦する可能性を示唆した。彼は6号車トヨタのステファン・サラザンに代わってドライブすると噂されている。

「シトロエンとの契約は12月31日まであるため、まずそれを終える必要がある」とロペスは話した。

「僕はフォーミュラEにも参戦している。そして確かに、僕の夢がル・マン24時間レースに出場することであることは、いつも僕が口にしていることだ」

「今は、他に話すことは何もない。他の人たちが話していたとしても、それはそれで良いと思う。でもそれは公式のものじゃないよ」

【関連ニュース】

【WEC】最終戦表彰台に届かず無念のサラザン。でも「個人的にはベストシーズン」

【WEC】トヨタ、来季ル・マンでは3台体制か? 2018年の規制変更が影響する可能性あり

WTCC日本ラウンド:ロペスがレース2で2位。2016年タイトル獲得を決める

【WTCC】2017年WTCCカレンダー発表。モンツァとマカオがカレンダーに復帰

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCC , WEC
記事タイプ 速報ニュース