トム・コロネル、”携帯電話の使用”で5000ユーロの罰金:WTCC

トム・コロネルは、WTCCドイツ戦の予選終了後、本コース走行中に携帯電話を使用したとして、5000ユーロの罰金を課せられた。

 ニュルブルクリンク24時間レースの併催として行われたWTCC第5戦ドイツラウンドで、トム・コロネル(ロール・モータースポーツ)Roal Motorsport)に5000ユーロの罰金が課せられた。その理由は”セッション中にコクピットで携帯電話を使ったこと”である。

 コロネルは予選で、ホセ-マリア・ロペス(シトロエン・トタル)とイヴァン・ミュラー(シトロエン・トタル)に続き、3位のポジションを獲得していた。トップとの差は4.5秒である。その後、ピットの戻る途中でコロネルは、自らのSNSアカウントを用い、ファンに対してその結果を知らせるための生中継を、携帯電話を通じて行った。

 マシンに携帯電話を積み込むことは違反ではないものの、コロネルは運転しながら携帯電話を使用した。これについてスチュワードは違反とみなし、5000ユーロのペナルティを課した。

 この件についてスチュワードは、次のように説明している。

「予選終了後、そのドライバーはマシンをドライブ中にコース上で携帯電話を使用した。これは、FIAのイメージに反する行為である」

「これは国際競技規則(ISC)の12.1.1c及び12.1.1dに違反している。そしてレースディレクターの携帯電話の使用に関する通達を、競技を通じて尊重していない」

 罰金を科せられたコロネルはその後、クラウドファウンディングを通じて罰金額に関するサポートをファンに求めていた。

 なお、WTCCドイツラウンドは、レース1、レース2ともにロペスが優勝を果たし、ランキング首位を堅持した。ランキング2位だったティアゴ・モンテイロ(カストロール・ホンダ)は、レース1の最終ラップにハイスピードでクラッシュを起こし、病院に搬送されている。この影響でレース2に出走することができず、このラウンド無得点に終わっている。

 

Neil Hudson / TouringCarTimes

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCC
イベント名 ニュルブルクリンク
サーキット ニュルブルクリンク
ドライバー Tom Coronel
記事タイプ 速報ニュース