F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
ホンダF1、フェアでクリーンなPU開発競争望む
セントラルラリーにヤリスWRC投入のトヨタ。その目的は?
メルセデス、2021年以降もF1参戦濃厚
セナ愛機をマッサ&フィッティパルディが走らせる

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、ライバルメーカーとのフェアな開発競争を望んでいると語った。

メルセデスF1チームの代表であるトト・ウルフは、2021年以降のF1に参加する確約は無いが、様々な兆候が参戦継続を示していると話した。

F1王者のエマーソン・フィッティパルディと彼の孫であるピエトロ・フィッティパルディ、フェリペ・マッサらが、サンパウロで行われたF1ファンイベントに登場。アイルトン・セナ没後25周年として行われたこのイベントで、様々なマシンのデモ走行を行なった。

トップニュース

F1 フェラーリ「3強支配は変わらない」 3強のF1“支配”はまだ続く? フェラーリ、予算制限後も“序列は変わらない”と確信
Misc ラリージャパンの試金石。セントラルラリーのコースをドライバー称賛 ラリージャパンの試金石。セントラルラリーのコースにドライバーから称賛の声
F1 ハミルトン「引退後もメルセデスと関わり続けるのは魅力的」 ハミルトンはF1引退後に何をする?「メルセデスと関わり続けるのは魅力的」
F3 プローニ、大クラッシュ時に着用のヘルメットなどを競売に 参戦資金の為やむなく……プローニ、大クラッシュ時に着用のヘルメットなど競売に
MotoGP ロッシ、トップライダーの変化を分析 今のバイクに上手く適応している……ロッシ、トップライダーの変化を分析
F1 ルクレール、ブラジルGPでPU交換。グリッド降格へ ルクレール、F1ブラジルGPでパワーユニット交換。10グリッド以上の降格へ
F1 ”レームダック”状態のハース、シーズン終了を待ち望む ハース、シーズン終了を待ち望む「今は”守備11人”でサッカーしているような状況」
F1 レッドブル、2020年はアルボン&フェルスタッペン レッドブル・ホンダ、2020年もアルボンとフェルスタッペンのコンビ継続
F1 トロロッソ、2020年もガスリーとクビアトのコンビで参戦 トロロッソ・ホンダも2020年ドライバー発表。ガスリーとクビアトを継続起用
Taikyu 熾烈を極めたST-TCRクラス王座争いは19号車アウディに軍配! 熾烈を極めたST-TCRクラス王座争いは19号車アウディに軍配!
WRC テストイベントに見た、新生ラリージャパンへの期待 魅力的なステージの連続……テストイベントに見た、新生ラリージャパンへの期待

ホンダF1の田辺TD、PUの合法性巡る議論に「フェアでクリーンな戦いを望む」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、ライバルメーカーとのフェアな開発競争を望んでいると語った。

セントラルラリーを駆け抜けたヤリスWRC。PRだけじゃない、トヨタの”目的”は?

セントラルラリー愛知・岐阜に、勝田貴元のドライブで参戦したヤリスWRC。トヨタがこのマシンを投入したのは、PRだけが目的ではないようだ。

メルセデス、2021年以降もF1参戦濃厚。“長期的な”参加を目指す?

メルセデスF1チームの代表であるトト・ウルフは、2021年以降のF1に参加する確約は無いが、様々な兆候が参戦継続を示していると話した。

マッサ&フィッティパルディ、アイルトン・セナの愛機を駆る

F1王者のエマーソン・フィッティパルディと彼の孫であるピエトロ・フィッティパルディ、フェリペ・マッサらが、サンパウロで行われたF1ファンイベントに登場。アイルトン・セナ没後25周年として行われたこのイベントで、様々なマシンのデモ走行を行なった。

3強のF1“支配”はまだ続く? フェラーリ、予算制限後も“序列は変わらない”と確信

2021年から大幅なルール改定が予定されているF1だが、トップチームは今と変わらず上位を占めるだろうと、フェラーリは予測している。

ラリージャパンの試金石。セントラルラリーのコースにドライバーから称賛の声

WRCラリージャパンのテストイベントとして開催されたセントラルラリー愛知・岐阜。参戦したドライバーからは、コースに対して称賛の声が挙がった。

ハミルトンはF1引退後に何をする?「メルセデスと関わり続けるのは魅力的」

ルイス・ハミルトンは、引退後もメルセデス、そしてダイムラーと深く関わり続けることは「魅力的だ」と語った。

参戦資金の為やむなく……プローニ、大クラッシュ時に着用のヘルメットなど競売に

アレックス・プローニは、FIA F3で大クラッシュを喫した際に着用したヘルメットやレーシンググローブなどをオークションに出品する。

今のバイクに上手く適応している……ロッシ、トップライダーの変化を分析

バレンティーノ・ロッシは先頭集団を走るトップライダーたちが、現在のバイクが要求してくるライディングスタイルに上手く適応することができている、と分析した。

ルクレール、F1ブラジルGPでパワーユニット交換。10グリッド以上の降格へ

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1ブラジルGPで4基目のエンジンを搭載するため、グリッドペナルティを受けることになる。

ハース、シーズン終了を待ち望む「今は”守備11人”でサッカーしているような状況」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、今季は”レームダック”状態となっているため、シーズン終了が待ちきれないと語った。

レッドブル・ホンダ、2020年もアルボンとフェルスタッペンのコンビ継続

レッドブル・ホンダは、2020年のドライバーとしてアレクサンダー・アルボンを起用することを発表。マックス・フェルスタッペンとのコンビを継続させることを明らかにした。

トロロッソ・ホンダも2020年ドライバー発表。ガスリーとクビアトを継続起用

トロロッソ・ホンダは2020年も引き続き、ピエール・ガスリーとダニール・クビアトのラインアップでF1を戦うことを明らかにした。

熾烈を極めたST-TCRクラス王座争いは19号車アウディに軍配!

2019スーパー耐久第6戦岡山。トップ4台が2ポイント差にひしめく接戦となったST-TCRクラスは今季2勝目を飾った#19 BRP★Audi Mie RS3 LMSが初のシリーズチャンピオンに輝いた。

魅力的なステージの連続……テストイベントに見た、新生ラリージャパンへの期待

2020年に開催される予定のWRC”ラリージャパン”のテストイベントとして行われた、セントラルラリー愛知・岐阜。ひと昔前では考えられなかったような、民家の前を駆け抜けるコースレイアウトなど、本開催に向け十分期待を抱かせる内容だった。

F1、CO2排出削減に本腰。2030年までに”カーボンニュートラル”化を目指す

F1は二酸化炭素の排出削減を進め、2030年までに”カーボンニュートラル”化することを目指すという方針を発表した。

SGT×DTM特別交流戦の暫定エントリーリスト発表、合計22台35名が富士に集結

いよいよ来週に迫った「スーパーGT×DTM特別交流戦」の暫定エントリーリストが公開。スーパーGT15台、DTM7台が富士スピードウェイに集結する。

ベッテル、失意のシーズン序盤に”現実逃避”?「現実を見ないようにしていた」

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリがメルセデスに遅れをとった2019年シーズン序盤は、現実を見ないようにしていたという。

WRC最終戦ラリー豪州の開催中止が正式決定「ラリーを開催するのは適切ではない」

ラリー・オーストラリアの主催者は、今週末に開催が予定されていたWRCの最終戦について、周辺地域の山火事の状況を考慮し、中止を決定したことを明らかにした。

メルセデスのウルフ代表、ブラジルGPを“欠席”へ。2013年の就任以来初

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、F1ブラジルGPで2013年以来初めてレースを欠席することになる。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第4回:エンジン作りに”ゴール”はない

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

あなたが好きなF1マシンはどれ? ニッポンのF1ファンが選ぶ”美しい”F1マシントップ10。

MotoGPコラム:強豪チームに上り詰めたスズキ。その戦闘力と“これから”

第12戦イギリスGPで今季2勝目を挙げたスズキ。今季のスズキは大きく戦闘力を挙げてきているが、これまでの推移と“来季”の戦いに目を向けてみよう。

【連載】受け継がれる“驚速”の遺伝子(3):2019スーパーフォーミュラ、さらに異次元の領域へ

今年から新型マシン『SF19』が導入されるスーパーフォーミュラ。現在では海外ドライバーも積極的に参戦するようになるなど国内外で注目度も高まっているが、いよいよ新マシンのデビューが間近に迫ってきた。

空気が薄い! 冷却と空力にどう対処する?|メキシコGPピットレーン直送便

25日から走行が始まる2019年F1第18戦メキシコGP。日本GPから2週間、標高が高く気圧の低いメキシコ・シティで、各車どんなパフォーマンスを見せるのか? アップデートを中心に、パーツのクローズアップをピットレーンがらお届け。

F1メカ解説:メルセデスが鈴鹿で見せた”反撃”

今シーズン夏休み明け、フェラーリに差をつけられることになったメルセデス。しかし日本GPでアップデートを投入。予選では差をつけられたものの、決勝ではタイヤマネジメントも活かし、勝利を手にした。彼らはどんな改良を施してきたのか?

終盤戦でも、F1の開発は止まらず。各チームが鈴鹿に持ち込んだ空力アップデート

2019年の日本GPを制したのは、メルセデスだった。メルセデスはそれまで、進歩を遂げたフェラーリの前に苦戦続き。しかし鈴鹿に持ち込んだ空力のアップデートが功を奏したか、戦闘力を向上させ、フェラーリを撃破した。ただ今回アップデートを行ったのは、メルセデスだけではなかった……。

F1メカ解説|日本GPピットレーン直送便|各チームが持ち込む”細やかな”改良

日曜日に予選と決勝レースが行われることになった219年のF1日本GP。各チームが持ち込んだアップデートパーツを、ピットレーンから直送!

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。