F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
33 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
20 days

エクストリームE、各チーム男女1名ずつのドライバーラインアップが義務付け

シェア
コメント
エクストリームE、各チーム男女1名ずつのドライバーラインアップが義務付け
執筆:
2020/05/01 8:48

2021年の1月にスタートする予定の、完全電動のオフロードカーレースシリーズ”エクストリームE”に参戦するチームは、男女平等を推進するため、男女ひとりずつ、合計2名のドライバーラインアップを揃えることが義務付けられた。

 完全電動オフロードカーによるレースシリーズ”エクストリームE”は、2021年1月から始動する予定になっている。そしてこのレースに参戦するチームは、男女ひとりずつ、2名のドライバーを揃えることが義務付けられた。

 このようなレギュレーションが採用されるのは、国際的なモータースポーツ選手権では、初めての例になると言えよう。

 エクストリームEの最初のシーズンには5イベントが予定されていて、いずれのイベントも6.2マイル(約10km)のコースを2周して争う。

 レースはドライバーとコ・ドライバーの組み合わせで走行することになり、1周すると別のドライバーとコ・ドライバーのコンビに交代する必要がある。これもレースの一部ということになる。

 エクストリームEの創設者であり、CEOでもあるアレハンドロ・アガグは、次のように語った。

「どんなバックグラウンドのドライバーでも、カレンダー全てのイベントで同じツールで戦うことができるようにすることを、スポーティング・フォーマットで確実にしている」

「我々は男女平等を目指して努力しており、このフォーマットは、その目標を真に反映している」

「誰もが一緒にレースをし、最も効果的な組み合わせのドライバー、チーム、エンジニア、そしてクルマがトップになるだろう」

 エクストリームEのドライバープログラムには、女性のみのフォーミュラカーシリーズ”Wシリーズ”の初代チャンピオンに輝いたジェイミー・チャドウィックや、IMSAなどに参戦するキャサリン・レッグなど、3人の女性ドライバーが含まれている。

 スウェーデンのツーリングカードライバーであるミカエラ・アーリン-コットリンスキーは、エクストリームEのタイヤサプライヤーであるコンチネンタルのテストドライバーとして、550bhpのパワーを発揮する同シリーズ用マシン”オデッセイ21”をドライブした唯一の女性ドライバーとなっている。

 FIAのウーマン・イン・モータースポーツ委員会の委員長であるミシェル・ムートンは、次のように語る。

「これは女性と男性がチームを組み、一緒に、そして同じマテリアルで戦う素晴らしいチャンスです」

「アレハンドロと彼のチームは、女性レーサーの能力を強調し、彼女たちにチャンスを与えることができる具体的な行動により、我々のスポーツにおける男女平等を確保すべく、サポートし続けています」

「チームのラインアップが発表されるのを見るのは興味深いです。来年の初めに始まるシーズン1を楽しみにしています」

 レッグも次のようにコメントを寄せた。

「そのフォーマットを聞いた時、まるでクリスマスの朝に目覚めるような気持ちでした。モータースポーツ全体にとって、正しい方向へ向けた大きな一歩です。私のレーシングキャリアにおいて、こういうチャンスを楽しみにしています」

「フォーミュラEとこのエクストリームEは、テクノロジー、持続可能性、環境への影響を打ち破る最前線にいます。そして今、エクストリームEは男女平等を広めることにも挑戦します」

 アガグは当初、最初のシーズンに12チームが参戦することを目指していた。しかし今月初め、目標を8チームに下方修正している。

 これまで参戦を決めているのは、アプト・スポーツライン、アンドレッティ・オートスポート、HWA、ベンチュリ、ヴェローチェ・レーシング、およびQEVテクノロジーズの6チームである。

Read Also:

次の記事
元F1ドライバーのデ・ラ・ロサに、エクストリームE新チームが代表就任をオファー

前の記事

元F1ドライバーのデ・ラ・ロサに、エクストリームE新チームが代表就任をオファー

コメントを読み込む

この記事について

シリーズ エクストリームE
執筆者 Matt Kew