エクストリームE、第2戦セネガルはより低速でテクニカルに。バトルもより激しくなる?

エクストリームEは、セネガルで開催される第2戦で開幕戦よりも低速のコースレイアウトを使うことで、オーバーテイクを促進しようとしている。

エクストリームE、第2戦セネガルはより低速でテクニカルに。バトルもより激しくなる?

 4月にサウジアラビアで開催された、電動SUVによるオフロードレース『エクストリームE』の初戦デザートXprix。レース自体は成功裏に終わったものの、砂埃がひどかったため、予選はタイムトライアル形式に変更。決勝レースの台数も4台から3台に削られた。また先行車が巻き上げる砂埃で視界が悪かった影響か、オーバーテイクは第1コーナーでしか起こらなかった。

 今週末、セネガル・ダカールの塩湖『ラックローズ』で開催されるエクストリームEの第2戦は、オーバーテイクを増やすため、より低速でテクニカルなレイアウトが採用されるようだ。また、砂浜でのレースとなるため、4台でのレースも実施されるという。

Molly Taylor, Johan Kristoffersson, Rosberg X Racing, Laia Sanz, Carlos Sainz, Sainz XE Team, and Cristina Gutierrez, Sebastien Loeb, X44

Molly Taylor, Johan Kristoffersson, Rosberg X Racing, Laia Sanz, Carlos Sainz, Sainz XE Team, and Cristina Gutierrez, Sebastien Loeb, X44

Photo by: Zak Mauger / Motorsport Images

 エクストリームEのサーキットデザインコンサルタントであり、オフィシャル・リザーブドライバーでもある、2度のDTM王者ティモ・シャイダーは、次のように述べている。

「かなりの高速コースだったサウジアラビアの後は、よりテクニカルなコースで、より多くのラインをとることが可能で、全体的に低速なコースを目指していた」

「それが実現できた。1周目を走ってみて、それに成功したことに満足している。我々が望んでいた通りの結果だ。トリッキーなエリアもあるが、危険なエリアはない」

「だが、まだ注意しなければならないエリアがあるので、スピードやドライビングを管理しなければならない」

「いくつかのステージではスピードを出しすぎるとクルマにダメージが生じたり、スピンしたり、あるいは横転してしまう可能性もあるが、それは望んでいない」

「最終的に、ドライバーたちはサウジアラビアとは全く異なるコースレイアウトに直面することになる。可能性という意味で、レースはより良いものになるだろう。私はそれが好きだし、それこそがピュアなレースだ」

「彼らは(1コーナーの後)ラップの残りの部分でも一緒に走ることになるだろう」

 それでもオーバーテイクが困難だった場合、チャンピオンシップの共同創設者であるアレハンドロ・アガグは”スーパーセクター”のタイムを競うというアイデアの採用も検討しているようだ。

 これは指定されたセクターを最速で走り抜けたドライバーのチームに5ポイントが与えられるというものであり、「常に限界まで攻めようとする動機」を確保するための措置だ。

 2001年に三菱パジェロでダカールラリーを制した経験を持つ、オフィシャル・リザーブドライバーのユタ・クラインシュミットは、次のように話した。

「私たちは(新しいサーキットを)気に入っています」

「非常にテクニカルで、サウジアラビアとはまったく違うものです。ここではスピードが遅く、ダストも少なく、特に日曜日のオーバーテイクが容易になります」

「多くの走行ラインを見つけられるでしょう。非常にチャレンジングです」

Read Also:

シェア
コメント

関連動画

エクストリームE、最初のレース『デザートXPrix』は大成功? 共同創設者のアガグ「最高の週末だった」
前の記事

エクストリームE、最初のレース『デザートXPrix』は大成功? 共同創設者のアガグ「最高の週末だった」

次の記事

ハミルトンの“プロジェクト44”とは? 新たなメディアタレントマネージャーと仕事を開始

ハミルトンの“プロジェクト44”とは? 新たなメディアタレントマネージャーと仕事を開始
コメントを読み込む