FRJもてぎラウンド:2連勝を飾った阪口晴南がランク首位へ「気を緩めずに次戦も頑張る」

2020年のフォーミュラ リージョナル ジャパニーズチャンピオンシップ(FRJ)の第4大会がツインリンクもてぎで行なわれ、阪口晴南が土曜日の第9戦、日曜日の第10戦ともにポール・トゥ・ウィンを飾り、ドライバーズランキングでも首位に躍り出た。

FRJもてぎラウンド:2連勝を飾った阪口晴南がランク首位へ「気を緩めずに次戦も頑張る」

 今シーズンから日本でも開催が始まったフォーミュラ リージョナル。新型コロナウイルスの影響で予定が大幅に変更され、開幕は8月初旬……しかし早くもシーズン後半となる第4大会に突入した。

 開幕戦から他を圧倒する速さをみせている阪口は富士スピードウェイで行なわれた第1大会で3連勝をマーク。続くスポーツランドSUGOでの第2大会はスーパーGTとの日程重複のため欠場を余儀なくされたが、富士24時間レースのサポートレースとして行なわれた第3大会でも、2戦連続でポール・トゥ・ウィンを獲得する速さをみせた。

 今回のツインリンクもてぎ大会は、雨模様となる難しいコンディションで公式予選が行なわれた。阪口はここでも2戦連続でポールポジションを獲得すると、19日(土)の第9戦決勝ではホールショットを決めて徐々に後続を引き離す走りを披露……後続に対して9.5秒の大差をつけて優勝した。2位には古谷悠河(TOM’S YOUTH)、3位には今回がフォーミュラ リージョナルデビューとなった三浦愛(SuperLicence)が入った。

 20日(日)に行なわれた第10戦は直前まで降っていた雨の影響で、ダンプ路面でのレーススタートとなった。1コーナーでは複数台が絡むアクシデントが発生するなど波乱の展開となったが、ここでも冷静なスタートを決めて序盤からリードを広げていったのは阪口だった。途中雨がパラついた場面でもペースを落として様子を見るなど冷静に対処。今回も2番手の古谷を大きく引き離し、もてぎ大会2連勝を飾った。2位には古谷、3位にはマスターズクラスにもエントリーしている#11 植田正幸(Rn-sports F111/3)が続いた。

 今回もライバルを全く寄せ付けない独走の展開となった阪口。これでドライバーズランキングでも高橋知己を逆転して首位に返り咲いた。毎戦危なげない走りを見せているのだが、それでも内容面では細かいところで課題がある様子で、次戦も気を緩めずにさらなるパフォーマンス向上を目指したいと語った。

「開幕戦からずっとそうなんですけど、もっとフォーミュラ リージョナルのクルマを速く走らせる方法があるんじゃないかなと、常にチームと考えながらやっています。そこはもっと成長しないといけないなと思っています。とはいえ勝つことが一番重要なので結果という意味では満足していますが、走りという意味ではもっと詰めていきたいなと思います」

「ライバルたちも差を詰めていますし、目に見えるギャップよりも実際には小さいと思っています。古谷選手は(第10戦の)最後も自分と変わらないか、少し上回るペースで走っていたと聞いています。引き続き気を緩めずに、次回の岡山大会もいい週末にしたいです」

Read Also:

シェア
コメント
FRJ第3戦も阪口晴南が圧勝、最終ラップまで攻め続ける走りをみせ3連勝

前の記事

FRJ第3戦も阪口晴南が圧勝、最終ラップまで攻め続ける走りをみせ3連勝

次の記事

国内フォーミュラ界の“伝説”がカムバック! 本山哲、Fリージョナルジャパンにスポット参戦

国内フォーミュラ界の“伝説”がカムバック! 本山哲、Fリージョナルジャパンにスポット参戦
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP
執筆者 吉田知弘