F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

MotoEオーストリア:決勝は初のウエットコンディションに。優勝はディ・メリオ

シェア
コメント
MotoEオーストリア:決勝は初のウエットコンディションに。優勝はディ・メリオ
執筆:
2019/08/13 5:35

レッドブルリンクで行われたMotoE第2戦はEG 0,0 Marc VDSのマイク・ディ・メリオが優勝となった。

 今年から新たに開幕を迎えた、電動バイクによって争われるレースであるMotoE。その第2戦がレッドブルリンクで行われ、マイク・ディ・メリオ(EG 0,0 Marc VDS)が優勝した。

 MotoGP第11戦オーストリアGPの併催で行われたMotoE第2戦だが、前日夜から降った雨によりコースはウエットコンディションに。レースは5周に減算され、ウエット宣言がなされてスタートを迎えた。

 ポールポジションからのスタートだったディ・メリオは、ザビエル・シメオン( Avintia Esponsorama Racing)に前に出られ、ホールショットを逃した。しかしその後ターン3でシメオンをかわしてトップに復帰した。

 その後ろでは9番グリッドスタートだったエリック・グラナド(Avintia Esponsorama Racing)がオープニングラップで一気に2番手にまで浮上し、2周目のターン3でディ・メリオをオーバーテイク。先頭に立った。

 しかしグラナドは1周をリードした後にターン3でクラッシュ。戦列から離脱することとなった。

 先頭を行くディ・メリオは2番手に1秒ほどのギャップをつけるが、最終周にエクトル・ガルゾ(Tech 3 E-Racing)にギャップを詰められてしまう。しかしガルゾはターン4でオーバーランを喫してしまい、そのままクラッシュしてリタイアに終わった。

 結局レースはディ・メリオが2.2秒の差をつけて優勝。2位にはシメオンが入った。3位はブラッドリー・スミス(One Energy Racing)となった。

 開幕戦で優勝を飾ったニキ・トゥーリ(Ajo MotoE)だが、オープニングラップのターン4でのオーバーランが響き、15位に終わっている。

【リザルト】MotoE第2戦オーストリア 決勝

Pos. Rider Team Gap
1 Mike Di Meglio Marc VDS  
2 Xavier Simeon Avintia 2.238s
3 Bradley Smith SIC 4.368s
4 Alex de Angelis Pramac 5.071s
5 Matteo Ferrari Gresini 5.155s
6 Sete Gibernau Pons 6.845s
7 Josh Hook Pramac 7.961s
8 Jesko Raffin Intact 8.907s
9 Niccolo Canepa LCR 10.331s
10 Lorenzo Savadori Gresini 11.637s
11 Kenny Foray Tech 3 16.446s
12 Randy De Puniet LCR 18.062s
13 Mattia Casadei SIC58 19.584s
14 Nicolas Terol Angel Nieto 21.244s
15 Niki Tuuli Ajo 22.490s
16 Maria Herrera Angel Nieto 25.746s
17 Eric Granado Avintia 1:10.619s
NC Hector Garzo Tech 3 1 lap
次の記事
MotoE、またしても火災発生。充電中のバイクから出火も、大事には至らず

前の記事

MotoE、またしても火災発生。充電中のバイクから出火も、大事には至らず

次の記事

ホンダ、MotoE参戦に興味も、”戦える準備ができるまで”様子見?

ホンダ、MotoE参戦に興味も、”戦える準備ができるまで”様子見?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoE
イベント Austrian GP
サブイベント Race
ドライバー Mike di Meglio
チーム Marc VDS Racing 発売中
執筆者 David Gruz