フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

FIAとF1の間に生じた”亀裂”。今後全面戦争に発展してしまうのか?

FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長の発言に、公式な書簡として”抗議”したF1。両者はこれまで、表面的には良好な関係を築いていたように見えたが、この綻びが発端となり、今後大きな事態に発展する可能性はあるのだろうか?

トヨタWRC代表のラトバラ、『GRヤリスRally2』で全日本ラリー選手権参戦へ。9月のラリー北海道が最有力か

トヨタ世界ラリー選手権チームのヤリ-マティ・ラトバラ代表が、新開発の『GRヤリスRally2』でのラリー出場を目指していることが明らかになった。

持続可能燃料ってレースマシンで使うと何が違う? 未来のMotoGPに向けて開発進めていたスズキに聞いた

世界的な脱炭素への取り組みが高まる中、MotoGPも2024年から燃料の一部に持続可能なバイオ燃料を使用することが義務付けられる。こうした変更はバイクのエンジン開発にどういった影響があるのか? 2022年限りでMotoGPは撤退したものの、事前開発を行なっていたスズキに話を聞いた。

WRCチーム、テスト削減で”出張”も逆にコスト増? 雪ラリー対策でフィンランドやエストニアのラリーに参戦

トヨタ、ヒョンデ、M-スポーツは、来月のWRCラリー・スウェーデンに向けて、フィンランドとエストニアの国内ラリーで、テスト走行に臨むようだ。

エイトケン、今後はスポーツカーレースに専念。ウイリアムズF1を離れることを認める「僕は幸運なドライバーのひとりだ」

ジャック・エイトケンは、スポーツカーレースに専念するため、2023年を前にウイリアムズを離れることを決めたと明かした。

シボレー、新型『コルベットZ06 GT3.R』を公開。2024年のデイトナ24時間レースでデビュー予定

シボレーは、2024年のロレックス。デイトナ24時間レースでのデビューに先駆け、新型『コルベットZ06 GT3.R』を公開した。

K2 R&D LEON RACING、2023年のスーパーGT参戦体制を発表。蒲生尚弥&篠原拓朗コンビ継続し5年ぶり王座目指す

K2 R&D LEON RACINGは、2023年のスーパーGT・GT300クラスに継続参戦することを発表した。

モータースポーツにおける”ガラスの天井”をどう打ち破る? 業界のさらなる女性参画に求められる「等身大の憧れ」

近年、モータースポーツ界では女性ドライバーやエンジニアを支える仕組みが形成されつつあるが、このスポーツに参画しようとする女性の母数が少ないのも事実……そうした現状を打破するために必要なのは「自身を重ねることができるの憧れの人」の存在ではないだろうか。

F1人気の高まりに、フォードも動くか?「検討が必要なのは明らか」レッドブルとの提携も噂に 

アメリカ国内でF1の人気が急速に高まっている中で、アメリカの自動車メーカーであるフォードもF1復帰を検討しているようだ。

フェラーリのバスール新代表が明言「チームにナンバー1は存在しない」。しかし“時が来れば”オーダー発動も厭わない?

フェラーリの新チーム代表であるフレデリック・バスールは、今季のチームにナンバーワンドライバーは設けないものの、必要であればためらいなく“アクションを起こす”と語った。

ドゥカティ新型、エアロダイナミクスで“隠し玉”アリ! セパンテストでお披露目予定と明かす

ドゥカティの2023年型デスモセディチGPには、セパンテストまで公開されないエアロダイナミクス上のイノベーションが存在すると、ジジ・ダッリーニャが語った。

フォーミュラEディルイーヤePrix:ポルシェ勢強し! ウェーレインがクリーンな一戦を制す。開幕戦勝者デニスが2位

フォーミュラEシーズン9第2戦ディルイーヤePrixの決勝レースがサウジアラビアにて行なわれ、パスカル・ウェーレイン(ポルシェ)が制した。

今のフェラーリには、チャンピオンになるために必要なモノが全て揃っている……新代表バスール自信「2位を目指すなんて、野心の欠如だ!」

新たにフェラーリのチーム代表を務めることになったフレデリック・バスールは、チームにはチャンピオンになるために必要な全てのモノが揃っており、それ以下の成績を目標にするのは「野心の欠如」であると語る。

KTM移籍のミラー、夢はでっかく「開幕戦で完全適応」!? 史上初3メーカー優勝なるか

ジャック・ミラーは2023年シーズンにドゥカティからKTMへマシンを乗り換えるが、その適応期間をできるだけ短くしていくことに楽観的な姿勢を見せている。

ハッキネン&クルサードのF1往年コンビがレースの舞台で久々の再会!「マクラーレン時代のように接触しないで」との声も

2023年のレース・オブ・チャンピオンズに共に参加するミカ・ハッキネンとデビッド・クルサード。かつてマクラーレンで共にF1を戦ったふたりが再会を喜んだ。

F1新規参戦希望はアンドレッティのみ? F1は複数候補の存在を主張もFIA会長は「今のところ1チーム」と否定

FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長は、複数のF1参戦候補が存在すると言われる中、グリッドに加わることに興味を示したのはアンドレッティのみだと主張している。

アルファタウリ、昨年までアルファロメオの冠スポンサーだったPKNオーレンとの契約を発表。クビサの移籍は伴わない見通し

スクーデリア・アルファタウリは、昨年までアルファロメオのタイトルスポンサーを務めていたPKNオーレンとパートナーシップを結んだことを発表した。

ハンコックタイヤ、グリップが7割足りない?? フォーミュラE王者経験ベルニュが「コンクリートみたいに滑る」と痛烈批判

ジャン-エリック・ベルニュは、フォーミュラEのGen3マシンとともに導入されたハンコック製のタイヤのグリップ不足に大きな不満を示しており、「まるでコンクリートのよう」と揶揄している。

ルーカス・アウアー、デイトナ24時間のプラクティス中に大クラッシュ。救出後搬送も腰椎に“重大な”骨折

メルセデスのルーカス・アウアーは、2023年デイトナ24時間レースのプラクティスで大きなクラッシュを喫し、背骨に重傷を負った。

英国貴族院がFIA会長を猛バッシング。人権問題懸念し送った書簡に返答なく「なぜ議員を無視できる? 非常に無礼でプロ意識に欠ける」

FIA会長のモハメド・ベン・スレイエムは、英国貴族院からの人権に関する問い合わせに返答しなかったため、同院の議員から「非常に無礼でプロ意識に欠ける」と非難されている。

バスティアニーニ「ドゥカティは他に比べて細部で先んじている」ファクトリーで迎える新シーズンにもやる気満々

ドゥカティファクトリーチームに昇格したエネア・バスティアニーニは、ドゥカティのGPマシンは他メーカーよりも「“細部”で勝っている」と語った。

F1フル参戦復帰するヒュルケンベルグ、3年間の”休み”はポジティブだったと明かす「過去を振り返って反省する、良い機会になった」

2023年にハースからF1復帰を果たすニコ・ヒュルケンベルグは、F1から離れていた時間はポジティブなモノであり、過去を反省する貴重な時間を与えてくれたと語った。

スペインの”侍”がMotoGPに帰ってくる! ペドロサ、スペインGPでKTMから2度目のワイルドカード参戦決定

ダニ・ペドロサは、4月に行われるMotoGPスペインGPにKTMからワイルドカード参戦を果たすこととなった。

日産/ニスモがスーパーGTの2023年参戦体制を発表。ドライバーラインアップは前年と変わらず、星野一樹がインパルの監督に就任

日産が2023年シーズンのスーパーGT参戦体制を発表。昨年と同じドライバーラインアップでシーズンに臨むことが明らかとなった。

F1レースディレクターも育成が大事! FIA、次世代育成プログラムを強化し”交代制”の維持を目指す?

FIAは2023年もF1レースディレクターのニールス・ウィティヒを続投させるが、次世代を育成するプログラムも強化していく方針を発表した。

共にF1を夢見た亡き親友のために……ガスリー、新天地アルピーヌでの成功誓う「移籍時、真っ先にユベールのことを思った」

2023年にアルピーヌへ移籍するピエール・ガスリーは、新天地で成功を収めることができれば、亡き友アントワーヌ・ユベールへの素晴らしい手向けになると語っている。

KTM、2023年のMotoGPチーム体制を発表。ジャック・ミラー加入でムードも変わる?

KTMはMotoGP2023年シーズンの体制発表を実施。ブラッド・ビンダーを継続起用しつつ、新たにジャック・ミラーを獲得し、2023年はさらなる飛躍を目指している。

ホンダ移籍のリンス、同じく元スズキの河内健の加入でさらに自信? 「素晴らしいニュース。スズキの成功で彼は重要だった」

アレックス・リンスはスズキのMotoGP撤退によりLCRホンダへ移籍したが、ホンダ(HRC)にスズキ時代を通して共に働いてきた河内健が加入したことを喜んでいる。

アルファロメオ/ザウバー、新チーム代表がついに決定。アレッサンドロ・アルンニ・ブラビを任命、ザイドルCEOとの二人三脚で飛躍目指す

アルファロメオF1チームの代表として、ザウバーのマネージングディレクターであるアレッサンドロ・アルンニ・ブラビが新たに任命された。

トヨタ自動車の豊田章男社長、4月から同社の会長に就任。新社長はGRカンパニーの佐藤恒治プレジデント

トヨタ自動車は、2023年4月1日付で新会長に豊田章男氏が就任することを発表した。

マクラーレン、インディカーを3台体制に拡充。オワード、ロッシ、ローゼンクヴィストの強力トリオ

インディカーに参戦するアロー・マクラーレンは、2023年から3台でのフル参戦に体制を拡充。フェリックス・ローゼンクヴィストを引き続き起用する。

マルケス、レッドブルのアスリート向け施設を訪問。過去4回手術の右腕も回復良好か

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、2023年シーズンの開幕に向けてレッドブルのトレーニング施設を訪問。2020年に骨折した右腕の回復は順調な様子だ。

ジュニアフォーミュラの雄カーリン、買収により新体制に。過去には佐藤琢磨や角田裕毅らを輩出

FIA F2やFIA F3などに参戦するイギリスのレーシングチームであるカーリンは、ニュージーランドの自動車メーカーであるローディン・カーズの買収を受け、2023年からチーム名称を変更する。

スーパーGT鈴鹿テストでクラッシュの山下健太、翌日に無事退院。テスト2日目は降雪によりキャンセル

スーパーGT鈴鹿テストで大クラッシュを喫したTGR TEAM ENEOS ROOKIEの山下健太だが、幸い大事には至らずクラッシュ翌日に退院した。

”雪不足”のラリー・モンテカルロはなんか違う……ドライバーは対応求めるも、WRC「今年が異常だっただけ」

WRCは、2023年シーズン開幕戦ラリー・モンテカルロに雪や氷がほぼなかったにも関わらず、近い将来ルートを変更する予定はないという。

全てが実を結べばトップチーム入りも十分あり得る! アルピーヌF1、サフナウアー政権が取り組む地道な改善の数々

2022年はコンストラクターズランキング4位となり、今後はトップチームに近付くことを目指すアルピーヌ。昨年からチームに加入したオットマー・サフナウアーは様々な点でチームの改善を促そうとしている。

プラマック・レーシング、2023年MotoGP戦うカラーリングを発表。今季もドゥカティからのファクトリーサポート継続

プラマックは、2023年のMotoGPで使用するドゥカティ・デスモセディチのカラーリングを発表した。

ハースF1、2023年マシンのカラーリングを“一番乗り”で発表へ。新車の正式お披露目はバーレーンテストか?

ハースは2023年のF1マシン『VF-23』のカラーリングを1月31日に発表することを明らかにした。

アストンマーチン、2022年は序盤大苦戦から劇的復活……ストロール「2〜3年前の僕らだったら、そんな芸当は無理だった」

2022年、シーズン序盤は大苦戦を強いられたアストンマーチン。しかしアップデートを投入することでV字回復を遂げ、入賞の常連となった。ストロール曰く、数年前ならこんなことは不可能だったという。

理想はプラス1メーカー? WRC、2025年から導入予定の新レギュレーションに自信「我々はF1を含め他のシリーズの一歩先を行っている」

WRC(世界ラリー選手権)は、ハイブリッドパワーの使用量が引き上げられる次世代のRally1レギュレーションにより、新たなメーカーの参入を促すことができるはずだと信じている。

今度はマシンが脆すぎる? フォーミュラE、”喧嘩レース”が批判集めたGen2からGen3移行も開幕戦では堅牢性に不満の声

フォーミュラEシーズン9から新たに導入されたGen3マシン。カウルが付いていたことで接触が多いと批判を受けたGen2からの移行となったものの、開幕戦ではGen3マシンの堅牢性の欠如がドライバーから指摘されている。

手ぶらで気軽にモータースポーツ! 『Honda Sports Driving Program スクールプログラム』2023年も開催

無限は、ホンダモビリティランドと共同運営を行なう参加型モータースポーツ『Honda Sports Driving Program スクールプログラム』を2023年も引き続き開催すると発表した。

V12サウンドに酔いしれる! サインツJr.、テーラーメイドの『812コンペティツィオーネ』を納車

F1ドライバーを務めるカルロス・サインツJr.がフェラーリ『812コンペティツィオーネ』を納車した。

BMW、デイトナ予選は振るわずもレースには自信アリ? 「信頼性と運用性の高さがもっとも大切」

IMSA開幕戦デイトナ24時間の予選で、GTPクラスの下位に沈んだBMWだが、決勝レースではいいパフォーマンスを発揮できる自信を持っているようだ。

角田裕毅、F1新シーズン開幕に向けてイモラでプライベートテスト実施。AT02をドライブ

スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は、2023年シーズンに向けてイモラ・サーキットでのプライベートテストに参加した。

今後国内レースのトレンドに? ドライバー出身の“アドバイザー”はチームに何をもたらすのか

スーパーGTでチャンピオンに輝いたTEAM IMPULの星野一樹をはじめ、国内カテゴリーではつい最近まで現役だった(もしくは今も現役の)ドライバーをチームの“アドバイザー”に起用する例が見られるが、これはチームにとってどのようなメリットをもたらすのか?

ホンダのル・マン挑戦計画が動き出す……アンドレッティ、IMSA”アキュラ勢”WTRとの提携でWECフル参戦目指す

マイケル・アンドレッティは、ウェイン・テイラー・レーシングとIMSAで提携を結んだことから、将来的にはル・マン24時間レースに参戦したいと語っている。

バニャイヤ、MotoGP王者の証”1”を選択も「驕ってはいけない」と自分に戒め。【1番は連覇できず】の呪いを跳ね除けられるか?

MotoGP2023年シーズンにチャンピオンのフランチェスコ・バニャイヤはチャンピオンの証である『1』をパーソナルナンバーとして選んだ。『1』を使うライダーが現れるのは11年ぶり。彼は防衛を目指しつつも、自分がチャンピオンだと驕ることのないようにしたいと語った。

2兆円超えの買収騒動めぐり、F1とFIAが対立? FIA会長の”過大評価”発言は「容認できない権利侵害」

FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長は、サウジアラビアのF1買収計画について評価額が過剰だと発言したが、F1の商業権に介入しているとして批判されている。

フィッティパルディ、2023年もハースF1のテスト兼リザーブドライバーを継続。新世代のF1マシンは、彼のスタイルに合っている?

ハースF1は、ピエトロ・フィッティパルディを2023年シーズンも引き続きテスト&リザーブドライバーとして起用することを明らかにした。

F1チームとの複数年契約はドライバーにとっての誇り。ウイリアムズの大黒柱アルボン「自分が築いてきたモノを実感できる」

ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは、F1キャリア初期にアップダウンの激しいシーズンを過ごした後、ウイリアムズで安定的な地位を築くことができたのは「名誉なことだ」と考えている。

F1日本GPでの王座巡る世紀の大混乱……FIA会長はポイントシステム変更を明言もご立腹「元々チームが決めたことなのに、責任を取るのは我々」

FIAは昨年の日本GPでポイントシステムに関して混乱が起こったことを受け、レース短縮時におけるポイント減算のルールを変更する予定であると明言した。

【MotoGPコラム特別編】スズキからホンダへ!? ジャーナリストも想定外、日本人・日本企業同士での“頭脳”移籍は何を意味するのか?

MotoGPの2023年シーズンに向けた各チームの発表会が近づいているタイミングで、ホンダ(HRC)が2022年限りで撤退したスズキから、河内健をテクニカルマネージャーと招聘したことが分かった。日本企業から日本企業へのスタッフの移籍はかなり珍しいことだが、“電撃移籍”が意味することについて、ジャーナリストの西村章が考察した。

ポール目前でクラッシュ……ポルシェのタンディ、デイトナ24時間レース予選でマシン破損も「あまり大きなダメージはない」

ポルシェのニック・タンディは、ロレックス・デイトナ24時間レースの予選でクラッシュを喫したものの、マシンには「あまり大きなダメージ」はなかったと明かしている。

逃した魚はあまりに大きかった……鮮烈デビューのミハエル・シューマッハーをわずか1戦で失ったジョーダンF1、明暗分けた契約書の“トリック”

1991年にジョーダンからF1にデビューし、わずか1戦でベネトンに電撃移籍したミハエル・シューマッハー。当初ジョーダンと1993年シーズンまでの契約を結ぶ予定だったシューマッハーがなぜ、チームを離れることに“成功”したのか?

スーパーGT2023年シーズンに向けたテストが鈴鹿で始動。山下健太が130Rで大クラッシュもルーキーレーシングは無事を報告

2023年シーズンに向けたスーパーGTのテストが鈴鹿サーキットで実施されている。TGR TEAM ENEOS ROOKIEの山下健太は130Rでクラッシュしたが、チームによると大事には至らなかったようだ。

WRC開幕戦はトヨタの“圧勝”。しかしヒョンデ勢はそれほど焦っていない?「心配する必要はない」とヌービル

ティエリー・ヌービルは、WRC開幕戦ラリー・モンテカルロでトヨタ勢が見せた速さを恐れてはいないものの、ヒョンデにはやるべきことがあると語った。

メルセデス”1年生”のラッセル、昇格初年度でハミルトン打ち負かすも気分はF1ルーキー?「コース内外で学びがたくさん」

2022年シーズン、メルセデスへ昇格したジョージ・ラッセルは、高いレベルにあるチームに適応するために「ルーキーのような」感覚を覚えることもあったと振り返った。

「優先事項はマルケスに勝てるバイクを用意すること」ホンダMotoGP、新シーズンは日照り終わらせられるか?|アルベルト・プーチ独占インタビュー

ホンダMotoGPのチームマネージャーを務めるアルベルト・プーチは2023年シーズンの展望についての独占インタビューに応じ、ホンダとしてはマルク・マルケスが勝利できるバイクを用意することが優先事項だと語った。

シワ寄せはファンに。サウジアラビアのF1買収計画、2兆6100億円の評価額は大げさとFIA「レース主催者にいくら請求するつもり?」

サウジアラビアの政府系ファンドが200億ドル規模のF1買収を試みたことに対して、FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長は正しい評価が下されていないと警告している。