F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
182 articles
フィルターをクリアにする
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

TOTALが明かす、WECとWRCの燃料&オイル”裏事情”。2030年の市販ガソリンも開発中?

motorsport.comは、トタルのコンペティションディレクターであるロマン・オブリーにインタビューを行なった。

アクセルは左手、ブレーキは右手……ザナルディが両手で操作可能な自身のコックピットを解説

『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参戦したアレッサンドロ・ザナルディ。事故で両脚を失った彼は、ハイパフォーマンスなDTMマシンを両手だけでコントロールしている。

「MCは周りに受け入れられなかった」土屋武士監督が来季車両変更の真意を語る

2019シーズンいっぱいでマザーシャシーの使用を一旦取りやめ、来季は別のマシンで参戦することを宣言したつちやエンジニアリング。土屋武士監督が、その決断に至った経緯を語った。

来季のWEC”ハイパーカー”に期待するトヨタ。初年度は4チームが参戦?

トヨタのパスカル・バセロンは、来季のWECからスタートする”ハイパーカー”クラスについての展望を語った。

WEC上海で敗北喫したトヨタ、ハンディキャップへの”支持”は変わらず

WEC上海で優勝を逃したトヨタ。しかし、テクニカルディレクターのパスカル・バセロンは、”サクセス・ハンディキャップ”を支持し続けているという。

ダカールラリー挑戦のアロンソが見せる優れた適応力。一方で”勇敢さ”が欠点にも?

TOYOTA GAZOO Racing SAのグリン・ホール代表は、フェルナンド・アロンソのクロスカントリーラリーへの適応力は予想以上だと語った。

次はSF連覇へ……F1を経験しても“まだ終わらない”山本尚貴の挑戦

F1日本GPのフリー走行1回目に、トロロッソ・ホンダから出走した山本尚貴。90分という限られたセッションの中で経験し、手に入れたものを引っさげ、今度は新たな“挑戦”に立ち向かおうとしている……。

FIAやF1チームは、台風19号の脅威にどう対処したのか?|F1日本GP

レーシングポイントのスポーティング・ディレクターであるアンディ・スティーブンソンはmotorsport.comのインタビューに応じ、鈴鹿サーキットに迫る台風19号からスタッフの身を守るためにチームとFIAが講じた措置について語った。

小山美姫、初めての海外挑戦で痛感した『自分に足りないもの』

今シーズン、日本人ドライバーとしてただひとりWシリーズに挑戦した小山美姫は、自分に足りないものがわかった1年だったと語った。

ホンダMS部長清水宏氏が目指す、“本業”とモータースポーツの調和

2019年4月にホンダのモータースポーツ部の部長職に就いた清水宏氏。motorsport.com日本版は清水部長に独占インタビューを行い、部長としての職務内容、そしてホンダにおけるモータースポーツ活動の役割などについて話を訊いた。

ここで屈するわけにはいかない……宮田莉朋、“夢”をかけて全日本F3終盤戦へ

全日本F3選手権に参戦中の宮田莉朋が、残り5戦となった2019シーズンにかける想いを語った。

「良い形で終わることができた」ホンダ山本MDに訊く、2019年F1前半戦

ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターに、2勝+ポールポジション1回という実績を残した2019年シーズン前半戦の評価について訊いた。

“ロシアのフェルスタッペン”になりたい……シュバルツマンが抱く大きな野望

F3ドライバーのロバート・シュバルツマンは、F1ドライバーになることが最終目標ではなく、母国ロシアでのF1人気を爆発させる存在になりたいと語った。

デイトナ24時間連覇を目指す小林可夢偉が語った、“刺激だらけ”の初陣

2020年のデイトナ24時間レース参戦が決まった小林可夢偉が、初参戦時に受けた印象や刺激、そして2連覇に向けての意気込みを語った。

移籍後も強さを発揮し続ける山本尚貴「モチベーションがどんどん上がっている」

スーパーフォーミュラでランキング首位を快走する山本尚貴は、今季チームを移籍してレースを重ねるたびにモチベーションが上がっており、より自信を深めながらレースができていると語った。

フェルスタッペンの猛追を後押しした”モード11”。悪影響なしとレッドブル首脳

レッドブルのヘルムート・マルコは、オーストリアGP終盤でマックス・フェルスタッペンが使用したエンジンモードは今後のレースに悪影響を及ぼさないと話した。

ホンダ山本MDが語る「勝つための条件が全て揃っていた」オーストリアGP

ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターが、13年ぶりの勝利を手にしたオーストリアGPを振り返った。

小山美姫、Wシリーズで直面した“課題”とFIA F4で知った“現実”

日本人として唯一「Wシリーズ」に参戦している小山美姫は、前半戦を終えての心境を語った。

ル・マン初制覇を逃した小林可夢偉「これが僕の人生。逃げずにチャレンジし続ける」

2019年のル・マン24時間レースで2位に終わった小林可夢偉は、レースを終えての率直な心境を語った。

快進撃をみせるフェネストラズ「目標は来年SFにステップアップすること」

全日本F3選手権でランキングトップを快走するサッシャ・フェネストラズが、シーズン前半を振り返るとともに、来年以降の目標について語った。

「本当に長かった……」苦節3年、45号車アウディが待望のST-TCR初優勝

富士スピードウェイで行われた2019スーパー耐久第3戦。今年もサバイバルレースとなったST-TCRクラスだが、最後まで力強く周回を重ねた#45 BRIN・NAUB RS3 LMSが待望のチーム初勝利を飾った。

AMRワークスドライバーのダレン・ターナー「S耐での2レースは本当にいい経験になった」

2019年のスーパー耐久シリーズで序盤2レースのみ参戦したダレン・ターナーは、鈴鹿とSUGOのレースを振り返り、非常に良い経験になったと語った。

小山美姫、いよいよWシリーズ開幕戦へ「この大きな舞台に立たせてくれた日本の皆様に感謝」

日本人として唯一『Wシリーズ』に参戦する小山美姫が開幕戦を前に意気込みを語った。

「新しい道を築いていきたい」笹原右京、PCCJをきっかけに再びヨーロッパ進出を目指す

2019年はポルシェ・カレラ・カップ・ジャパンに挑戦する笹原右京は、ポルシェをきっかけにして再びヨーロッパの舞台を目指したいと語った。