トップイベント
F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
202 articles
フィルターをクリアにする
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

開発の肝はコミュニケーション。“ひとつの目標”に向かう組織作りが奏効|ヤマハ開発リーダーに訊く(2)

2019年のヤマハはMotoGPでコンストラクターズランキング2位と、苦戦した2018年から改善を示した。新たにヤマハのモトGPグループのグループリーダーに就任した鷲見崇宏氏に、ヤマハ内部でのコミュニケーションの改善などについて訊いた。

“選択と集中”の開発。目指したのは『コーナ前後100mの強さ』|ヤマハ開発リーダーに訊く(1)

2019年のヤマハはMotoGPでコンストラクターズランキング2位になるなど、苦戦した2018年と比べれば改善を示した。新たにヤマハのモトGPグループのグループリーダーに就任した鷲見崇宏氏に、開発の狙いなどについて訊いた。

鳥肌モノの経験……ルクレール、モンツァ優勝を思い出す「跳ね馬の一員だと実感」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、2019年のイタリアGPで勝利し、表彰台に登った時のことを回顧。フェラーリのファン”ティフォシ”たちの熱烈な声援に、「鳥肌が立った」と語った。

MotoGP絶対王者マルケス、ダカール出場に意欲。4輪なら兄弟チーム結成!?

MotoGPで6度のタイトル獲得を誇るマルク・マルケスは、将来ダカール・ラリーに出場したい意向を示し、4輪の場合は弟のアレックス・マルケスをコ・ドライバーにしたいと語った。

福住仁嶺がGT300王座獲得と共に手にした“新たな改善点”

初めての“ハコ車”レースとは思えないほど安定した走りをみせ、高木真一とともにGT300王者に輝いた福住仁嶺。本人も「安定した走りができた」という2019シーズンの軌跡を追った。

東京パラリンピックで3大会連続の金メダル獲得へ……鉄人ザナルディ”準備万端”

昨年11月に行なわれたスーパーGT×DTM特別交流戦にBMWから参戦したアレッサンドロ・ザナルディ。彼にとって今回の来日は“レース参戦”以外にもうひとつ目的があった。

スーパーGTで魅せた強い気持ちを胸に……“世界のヤマケン”、次なる舞台へ

2019年のスーパーGT(GT500クラス)でシリーズチャンピオンに輝いた山下健太。勝負どころで見せた“強い気持ち”を胸に、2020年は新たな挑戦に立ち向かう。

「トムスと出会って人生が変わった」ニック・キャシディの歩みと“これから”

2019年にスーパーフォーミュラ王者となったニック・キャシディは、日本のレースカテゴリーで3つのタイトル(2015年全日本F3、2017年スーパーGT、2019年スーパーフォーミュラ)を獲得したドライバーとなった。今回はそんな彼の“これまで”と“これから”に迫った。

濃密な1年……F1出走を果たした山本尚貴が2019年に見た“夢と現実”

日本人ドライバーとして5年ぶりとなるF1出走を果たした山本尚貴の2019年を振り返る。

自分を成長させてくれる相手……フェネストラズ&宮田、“ライバル”を振り返る

2019年の全日本F3選手権でチャンピオンをかけて戦ったサッシャ・フェネストラズと宮田莉朋。お互いに自身を成長させてくれた素晴らしいライバルだったという。

言葉で表現できないほど“想いが詰まった1台”……土屋武士が語る25号車MCとは

2019シーズンいっぱいでスーパーGTの舞台から姿を消すことになったつちやエンジニアリングの25号車マザーシャシー。チームオーナーでありドライバー、監督、エンジニアとしてこのクルマに携わった土屋武士が想いを語った。

25号車MCと成長した5年間……松井孝允「このクルマがあったから今の自分がある」

2019シーズンいっぱいでスーパーGTの舞台から姿を消すことになったつちやエンジニアリングの25号車マザーシャシー。このマシンに携わり、苦楽を共にしてきたドライバーたちが“マザーシャシー”について語る。

佐藤琢磨と似た境遇? 遅咲きの“開拓者”室屋義秀が示す『空への入り口』

エアレース王者として、世界にその名を知られる室屋義秀。自らの力で道を切り拓いてきた彼は、子供たちにその“法則”を示そうとしている。

またF1が好きになる……熱田護カメラマンが“あの頃”と変わらず『伝えたいモノ』

2019年でF1取材500戦を突破した熱田護カメラマン。1992年から全戦取材を続ける彼が『撮り続けたいモノ』とは一体何なのか?

「毎回のアップデートが面白かった!」GT500王者の山下健太を育てた25号車MCの魅力とは

2019シーズンいっぱいでスーパーGTの舞台から姿を消すことになったつちやエンジニアリングの25号車マザーシャシー。このマシンに携わり、苦楽を共にしてきたドライバーたちが“マザーシャシー”について語る。

25号車MCでの“わずかな経験”が今も活きる……近藤翼「メンタル面を鍛えられた」

2019シーズンいっぱいでスーパーGTの舞台から姿を消すことになったつちやエンジニアリングの25号車マザーシャシー。このマシンに携わり、苦楽を共にしてきたドライバーたちが“マザーシャシー”について語る。

「本当にレースで勝つのが難しいクルマ……」坪井翔が25号車MCでの経験を語る

2019シーズンいっぱいでスーパーGTの舞台から姿を消すことになったつちやエンジニアリングの25号車マザーシャシー。このマシンに携わり、苦楽を共にしてきたドライバーたちが“マザーシャシー”について語る。

王者から絶対王者へ……さらなる進化をみせたGTNET GT-R

各クラスともに白熱した2019年のスーパー耐久。その中でも他を寄せ付けない強さを見せつけたのが、ST-Xクラス2連覇を果たした#1 GTNET GT3 GT-Rだった。

25号車MCが教えてくれたもの……佐藤公哉「自分に繊細さや丁寧さが身についた」

2019シーズンいっぱいでスーパーGTの舞台から姿を消すことになったつちやエンジニアリングの25号車マザーシャシー。このマシンに携わり、苦楽を共にしてきたドライバーたちが“マザーシャシー”について語る。

新生SRS生が見せた驚異の伸び率。佐藤琢磨“校長”の哲学が世界への道を拓く?

インディカー参戦の傍ら、鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)2部門のプリンシパルとして活動した佐藤琢磨。ブライトリング主催のトークイベントに登場した佐藤に、“琢磨体制”1年目のSRSについて話を聞いた。

TOTALが明かす、WECとWRCの燃料&オイル”裏事情”。2030年の市販ガソリンも開発中?

motorsport.comは、トタルのコンペティションディレクターであるロマン・オブリーにインタビューを行なった。

アクセルは左手、ブレーキは右手……ザナルディが両手で操作可能な自身のコックピットを解説

『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参戦したアレッサンドロ・ザナルディ。事故で両脚を失った彼は、ハイパフォーマンスなDTMマシンを両手だけでコントロールしている。

「MCは周りに受け入れられなかった」土屋武士監督が来季車両変更の真意を語る

2019シーズンいっぱいでマザーシャシーの使用を一旦取りやめ、来季は別のマシンで参戦することを宣言したつちやエンジニアリング。土屋武士監督が、その決断に至った経緯を語った。

来季のWEC”ハイパーカー”に期待するトヨタ。初年度は4チームが参戦?

トヨタのパスカル・バセロンは、来季のWECからスタートする”ハイパーカー”クラスについての展望を語った。