フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
117 articles
フィルターをクリアにする
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

F1参戦が目前で頓挫……あの時の悔しさを原動力に、復帰したスーパーGTでチームを率いる芳賀美里

2000年代中盤にスーパーGTチームを率いていた芳賀美里は、F1チームを運営するという夢に近付いていたが、夢半ばで頓挫。その時の悔しさが、再びモータースポーツ界に身を置き、頂点を目指す原動力となっている。

現世界王者のジョアン・ミルが今シーズンタイトル防衛の可能性がまだある訳

2020年世界王者のジョアン・ミルは今シーズン第9戦を終了した時点で未だ目立った成績を収められていない。それにも関わらず、タイトル防衛の可能性はまだ十分にあると、motorsport.com独占のインタビューでその理由を語った。

【インタビュー】ハースのメカニックが語る、F1を仕事にするための第一歩「とにかく履歴書を送ってみよう」

ハースF1チームでナンバー1メカニックとして働くエリオット・パークスに、その仕事内容や求められるスキルなどを聞いた。

『007』のカースタントを経て……資金不足から這い上がった“ボンド・ガール” 「レースが心の拠り所」

F1のパドックには、世界最速かつエキゾチックなF1マシンをドライブした経験を持つ“スーパースター”が大勢いる。しかし中には、F1関係者でさえ羨むような経歴を持つ人物もいる。そのひとり、ジェシカ・ホーキンスはかの有名なスパイ映画『007』のジェームズ・ボンドのスタントドライバーを務めていた。

【スーパーGT】18年ぶりのビッグタイトルを目指すスバル。新型BRZでの戴冠はレース活動拡大の第一歩に?

2003年WRC以来の選手権タイトルをスーパーGTで目指すスバル。新型BRZによってそれが実現すれば、同社のモータースポーツ活動拡大にも繋がるかもしれない。

【インタビュー】F1パフォーマンスエンジニアになるためには……求められる資格やスキル、素養とは?

ハースF1でパフォーマンスエンジニアを務めるエドワード・リーガンに、仕事内容や変遷、求められるスキルなどの話を聞いた。

【インタビュー】F1復帰を諦めないダニール・クビアト。彼の未来はどこにあるのか?

ダニール・クビアトは、今もF1へのカムバックを諦めてはいない。彼はアルピーヌのリザーブドライバーを務めることで、そのチャンスを掴むための最初の一歩を踏み出すことができていると考えている。

【特別インタビュー】渡米から早10年以上……佐藤琢磨がインディカーで感じた衝撃、面白さ、幸せ

2010年にアメリカへと渡り、今やインディカーの歴史に名を残すドライバーのひとりとなった佐藤琢磨。彼がヨーロッパのレースからアメリカのレースに転向して感じた衝撃や、それぞれの違いなどについて語ってくれた。

F1を拒絶する毎日……苦しい10年を乗り越え、人生の“新章”に突入したハイメ・アルグエルスアリ

2011年限りでF1を離れ、2015年にモータースポーツからの引退を表明したハイメ・アルグエルスアリは、F1について考えることすら苦痛だった日々を乗り越えて、今では新しい自分になれたという。

平川亮、WECテストで千載一遇のチャンスを掴みとれるか「SFを欠場してでも参加したかった」

ポルティマオで行なわれるトヨタのハイパーカーテストに参加する平川亮は、今回のテストが今後のキャリアに向けての大きなチャンスだと考えており、タイトル争い中のスーパーフォーミュラを欠場してでも参加したかったと語った。

【特別インタビュー】「インディは本当に楽しい」佐藤琢磨がアメリカ最高峰のレースに魅せられる理由

インディ500で3度目の優勝を目指す佐藤琢磨。アメリカでのレース活動をスタートさせて10年以上が経ったが、彼をそこまで魅了するものは何なのか?

【トップインタビュー】現役ドライバーから運営に。立場が変わっても中嶋悟が忘れなかった“正直さ”

日本人F1ドライバーのパイオニアとして、5シーズンに渡って世界最高峰の舞台に身を置いた中嶋悟、その知られざるエピソードを聞くインタビューの第2回。

【インタビュー】ホンダ長井昌也モータースポーツ部長(2)“松下騒動”を語る

2021年4月より、ホンダのモータースポーツ部長に就任した長井昌也にmotorsport.comがインタビュー。前半では今後のモータースポーツの在り方、後半ではメーカーとドライバーの関わり方を中心に語ってもらったが、第2回の今回はその後半部分をお届けする。

【インタビュー】ホンダ長井昌也モータースポーツ部長(1)「今は大きな転換期。新しいことを認めなくては」

2021年4月より、ホンダのモータースポーツ部長に就任した長井昌也にmotorsport.comがインタビュー。前半では今後のモータースポーツの在り方、後半ではメーカーとドライバーの関わり方を中心に語ってもらったが、第1回の今回はその前半部分をお届けする。

ヤン・マーデンボロー、スーパーGT復帰への強い思いを語る「僕にはやり残したことがある」

昨年限りでスーパーGTのシートを失ったヤン・マーデンボローは、まだやり残したことがあると考えており、「いつかは必ず戻ってくる」とスーパーGT復帰への強い思いを覗かせた。

Moto3デビュー2ヵ月で3連勝。“未来の王者”と注目集めるペドロ・アコスタは何者なのか? 

2021年シーズンにMoto3デビューを果たし、一気に頭角を表したペドロ・アコスタ。既にチャンピオン候補と目されているが、彼は目の前のレースに集中しており、急激な注目にもペースを乱す様子を見せていない。

次代のF1候補生“岩佐歩夢” 第3回:F1を志したのは2年前。その裏にある“本当の目標”

2021年はレッドブルジュニアの一員としてFIA F3に参戦する岩佐歩夢。アルファタウリの角田裕毅に続く次の日本人F1ドライバー候補の筆頭である岩佐は一体どんなドライバーなのか? 彼の知られざる経歴やバックボーン、私生活などを3回に渡る連載で紐解いていく。今回はその第3回。

次代のF1候補生“岩佐歩夢” 第2回:沈着冷静な走りが身上。野生の本能をスパイスとして加えられるか

2021年はレッドブルジュニアの一員としてFIA F3に参戦する岩佐歩夢。アルファタウリの角田裕毅に続く新たな日本人F1ドライバー候補の筆頭である岩佐は一体どんなドライバーなのか? 彼の知られざる経歴やバックボーン、私生活などを3回に渡る連載で紐解いていく。今回はその第2回。

次代のF1候補生“岩佐歩夢” 第1回:レッドブル育成として臨むFIA F3では「優勝狙える」と自信

2021年はレッドブルジュニアの一員としてFIA F3に参戦する岩佐歩夢。アルファタウリの角田裕毅に続く新たな日本人F1ドライバー候補の筆頭である岩佐は一体どんなドライバーなのか? 彼の知られざる経歴やバックボーン、私生活などを3回に渡る連載で紐解いていく。

関口雄飛、若手とのタッグがさらなるモチベーションに「若かった頃を思い出させてくれた」

関口雄飛は、ここ数年スーパーGTで若手ドライバーたちとコンビを組むことで、失いかけていたモチベーションを取り戻すことができたと明かした。

【トップインタビュー】F1引退を決めた中嶋悟。その心を晴らした本田宗一郎からの一言

日本人F1ドライバーのパイオニアとして、5シーズンに渡って世界最高峰の舞台に身を置いた中嶋悟。今回はそんな中嶋に、F1時代の知られざるエピソードを伺った。

昨年は表彰台も獲得し大きく前進。笹原右京、2年目はチーム力×スピードでさらなる高みへ

笹原右京は、2020年のスーパーGTでTEAM MUGENは大きく前進したと考えており、2021年はこの勢いを少なくとも維持し、さらなる高みを目指したいと語った。

”狂った”跳ね馬に振り回されたキャリア。でも「後悔なし」:アレジ特別インタビュー

1989年、ティレルからF1にデビューしたジャン・アレジは、その初戦フランスGPでいきなり4位に入賞。翌年には表彰台を獲得するなど、将来のチャンピオン候補として注目された。しかし1991年にフェラーリに加入したのが運の尽きだった……。

F1の将来の形はどうなっていくのか? F1の商業戦略責任者に訊く

新型コロナウイルスのパンデミックという、大きな危機をなんとか乗り越えることができたF1。このF1の商業戦略や事業開発を担うひとりが、ヤン・ガンガクマランだ。彼がF1の長期的な方向性を考え、それに向けた活動を推進させている。

【トップインタビュー】高橋国光が海を渡り受けた“衝撃”「日本は全てにおいて遅れていた」

半世紀以上に渡ってモータースポーツ界の最前線に身を置いてきた高橋国光氏にmotorsport.comがインタビュー。2輪ライダー時代の知られざるエピソードなどを伺った。

2020年ホンダ系ドライバーの大活躍は、相乗効果の賜物?:佐藤琢磨インタビュー

2020年にインディ500で2勝目を挙げた佐藤琢磨。しかし彼だけでなく、ホンダ系ドライバーが大活躍したのが、2020年シーズンだった。佐藤は、それぞれのドライバーの活躍が相乗効果になったと考えている。

【インタビュー:ルイス・ハミルトン】タイトルを獲る以外の、もうひとつ重要だった目標

メルセデスのルイス・ハミルトンは、7度目のドライバーズタイトルを獲得した。しかし今シーズンには、もうひとつの重要な目標があったと語る。

【トップインタビュー】坂東正明「理想は“世界統一戦”。みんなで発展の可能性を探らねば」

スーパーGTの運営団体であるGTアソシエイションを率いる坂東正明代表にmotorsport.comがインタビュー。第2回となる今回は、海外への展開を中心に話を聞いた。

「女性であることはマイナスじゃない」Juju、14歳は初の海外挑戦で濃密な1年に

2020年は戦いの舞台をヨーロッパに移し、デンマークF4に参戦したJuju(野田樹潤)。精神的にもタフだったという海外挑戦1年目を振り返り、大きく成長できたと語った。

自らが果たせなかった“夢の続き”をF1で……佐藤琢磨、角田裕毅に想い託す

2021年シーズンのF1昇格が有力視されている角田裕毅について、佐藤琢磨は「自分たちが成し遂げられなかった“F1での夢”を託したい」とエールを送った。

夢の女性F1ドライバーを目指して! カルデロン「SFでのチャンスを最大限に活かしたい」

アルファロメオF1チームの開発ドライバーであり、スーパーフォーミュラにも参戦するタチアナ・カルデロンが、オンラインインタビューでその思いを語った。

【トップインタビュー】坂東正明「メーカーに『SGT抜きには考えられない』と思わせたい」

スーパーGTの運営団体であるGTアソシエイションを率いる坂東正明代表にmotorsport.comがインタビュー。コロナ禍におけるスーパーGTの取り組みや、スーパーGTがこれから見据えるものについて話を聞いた。

半年ぶりに帰ってきた“Are You Ready”。ピエール北川アナが語るファンの存在

新型コロナウイルス感染防止対策で前半4戦が無観客での開催となったスーパーGTは、第5戦から観客を入れて開催されるようになった。その中でも場内実況を担当するピエール北川アナウンサーから、観客のいるスーパーGTはどのように見えたのだろうか。

「チップ・ガナッシに復讐したわけじゃない」佐藤琢磨インディ500”2勝目”インタビュー

今年のインディ500を制し、同レース通算2勝目を挙げた佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)がmotorsport.comアメリカ版の取材に応じ、今回の勝利は、2012年に敗れたチップ・ガナッシに対する復讐だったと考えてはいないと語った。

ドゥカティ復帰は実現寸前だった……ホルヘ・ロレンソ、独占インタビューに語る

MotoGPを2019年限りで引退したホルヘ・ロレンソ。現在はヤマハでテストライダーを務める彼が、motorsport.comのインタビューに応じ、ドゥカティ復帰説や現在のMotoGP、ドヴィツィオーゾのドゥカティ離脱などについて語ってくれた。

コロナに感染せず、出走するのが最優先。小林可夢偉「特別な9月にしたい」

今年もル・マン24時間にTOYOTA GAZOO Racingの一員として挑む小林可夢偉は、新型コロナウイルスに感染せず、しっかりとレースに出走することを最優先に考えたいと語った。

共にSRSで後進を育成……中野信治が考える、佐藤琢磨インディ500”2勝目”の意義

佐藤琢磨と共に、鈴鹿サーキット・レーシングスクールで後進の育成に充る中野信治。その中野は、今回佐藤がインディ500で2勝目を挙げたことによって、スクールの生徒と国内ドライバーが奮起することを期待すると語った。

まるでフォーミュラ! クインタレッリ、新型GT-Rの進歩に太鼓判「2014年以降で最高のクルマ」

まもなく開幕を迎える2020年のスーパーGT。#23 MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリは、今季のマシンは2014年以降で最高だと語った。

前代未聞。MotoGPとF1の日本GPが中止に……その背景には何があったのか?(3)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年のF1とMotoGPの日本GPが開催中止となった。残る国際イベントは鈴鹿8耐のみ……。

前代未聞。MotoGPとF1の日本GPが中止に……その背景には何があったのか?(2)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年のF1日本GPの開催が中止されることが発表された。MotoGP日本GPの中止発表に続く、日本のファンにとっては衝撃の発表……その真の理由とは?

前代未聞。MotoGPとF1の日本GPが中止に……その背景には何があったのか?(1)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年のMotoGPとF1の日本GPの開催が中止されることが発表された。その細かい経緯について、モビリティランドの田中薫社長に訊いた。

時には我慢も必要……“元祖日本一速い男”星野一義監督がコロナ禍で感じたこと

4月以降は政府が緊急事態宣言を発出したことを受け、国内モータースポーツ界も完全にストップした状況が続いた。その中で“元祖日本一速い男”として知られるチームインパルの星野一義監督が感じた事とは……。

仮想ル・マンでフェルスタッペンとアロンソ襲ったトラブルを、rFactor開発者が説明

6月13~14日に開催されたバーチャル・ル・マン24時間レースは、シムレースにおける重要なマイルストーンとなったが、いくつか技術的なトラブルにも見舞われた。

自宅に超本格シミュレータを完備。シーズン開幕に向けフェネストラズは準備万端

2020年は国内最高峰カテゴリーであるスーパーフォーミュラとスーパーGT(GT500)に参戦するサッシャ・フェネストラズ。自宅に高性能のシミュレータを完備している彼は、“ステイホーム”を続けながらも開幕に向けて着々と準備を進めている。

カルデロンの代打でSFバーチャル戦に参加した道上監督「難しくもあり面白かった」

スーパーフォーミュラのバーチャルレースに“代打出走”したTHREEBOND DRAGO CORSEの道上龍監督が、レースの感想を語った。

野尻智紀が“あえて”コントローラーパッドでSFバーチャル戦に参加した理由

5月17日にJ SPORTSで放送されたスーパーフォーミュラのバーチャルレース。参加した全員のドライバーがステアリングコントローラーを用意する中、野尻智紀だけが通常のコントーラーパッドでレースに臨んだ。

【インタビュー】タチアナ・カルデロン「ここまで頑張れたのはレースが大好きだから」

今季からスーパーフォーミュラに参戦するタチアナ・カルデロンに、motorsport.comはオンラインによるインタビューを実施。知られざるバックボーンや意気込みを訊いた。

F1仕事の流儀:セーフティカードライバー編「“慣れ”は禁物。常に高い集中力が必要」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はFIAの公式セーフティカードライバーを務めるベルント・マイランダーに話を聞いた。

BMWは2020年のGT500参戦を検討していた……Team Studie鈴木代表が現状を語る

2020年からスーパーGTでもClass1規定が導入されたことで、ドイツツーリングカー選手権(DTM)で活躍するBMWがGT500クラスへの参入を本格的に検討しているようだ。

F1とフォーミュラEは将来融合する? FE王者ベルニュ「それが僕の夢」

ジャン-エリック・ベルニュは、F1とフォーミュラEを組み合わせることで、モータースポーツの未来が形作られると考えている。

F1仕事の流儀:広報責任者編「人間関係が最も大事。携帯はいつでも電源オン」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はアルファタウリF1でコミュニケーション部門の責任者を務めるファビアナ・ヴァレンティに話を聞いた。

新体制で国内レース再挑戦、Team Studie鈴木代表がスーパーGT復帰へ意気込み語る

久しぶりにスーパーGTの舞台に帰ってきたBMW Team Studie。チームを率いる鈴木康昭代表は「やり甲斐のあるシーズン」だと、今季に向けた意気込みを語った。

F1仕事の流儀:ヘルメットマネージャー編「常に“答え”を持っていることが重要」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はBELLヘルメットのレーシングマネージャーを務めるマイケル・オーメントに話を聞いた。

F1仕事の流儀:レースエンジニア編「我々はオーケストラの指揮者」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はアルファロメオでキミ・ライコネンのレースエンジニアを務めるジュリアン・シモン-ショータンに話を聞いた。

【インタビュー】サッシャ・フェネストラズ:第1回「プロになる夢が叶った」

2020年は日本の2大トップカテゴリーであるスーパーGTのGT500クラス、そしてスーパーフォーミュラに参戦するサッシャ・フェネストラズ。そんな彼にインタビューを行ない、その率直な心境を訊いた。

VSロッシの名勝負。09年カタルニアGPをロレンソが回顧「あの頃は若く傲慢だった」

2009年のカタルニアGPではホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシによる素晴らしいバトルが繰り広げられた。今も語られる同レースでのオーバーテイクを、引退したロレンソが振り返った。

リヴィオ・スッポ独占インタビュー。ストーナー、そしてマルケス……トップチームを率いた男が語る

ドゥカティとレプソル・ホンダでチーム監督を努めたリヴィオ・スッポがmotorsport.comの独占インタビューに応えた。

eスポーツ王者から“リアル”の頂点へ。“日の丸戦士”フラガ「F1日本GPに出たい」

eスポーツレース界のスターであるイゴール・フラガは、カストロール・トヨタ・レーシングシリーズを制し、リアルレースの世界でもチャンピオンに輝いた。日本で生まれ育った彼は、F1ドライバーとなって“故郷”に凱旋することを夢見て、ジュニアフォーミュラの階段を駆け上がっている。

スーパーGTには、まだまだ大きな可能性がある:ホンダ・モータースポーツ部長に訊く2

ホンダは今季のスーパーGTに、FR化されたNSXで挑む。同社の清水宏モータースポーツ部長は、CLASS1規定が導入されるスーパーGTに参戦するために、FR化する以外の選択肢はなかったと語る。また、スーパーGTにはまだまだ大きな可能性があると考えているようだ。

環境対策は必須……ホンダF1の将来はどうなる?:ホンダ・モータースポーツ部長に訊く1

まもなく開幕を迎えるF1。ホンダはマネージング体制をさらに強化し、F1への注力を増すという。しかし、現在の契約は2021年まで。環境への対策など、F1が今後進んでいく方向性が、ホンダがF1を継続するかどうかの判断に重要な要素になっているようだ。