フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
187 articles
フィルターをクリアにする
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

タチアナ・カルデロンのレース日記|第1回:ハイレベルなスーパーフォーミュラで奮闘し自信取り戻す

2020年から日本のスーパーフォーミュラに参戦しているタチアナ・カルデロンが綴るレース日記。第1回は、ヨーロッパのF2で悪夢を味わったカルデロンが、日本で自信を取り戻していくまでについて語ってくれた。

F1エミリア・ロマーニャGP緊急任務! イモラのヌシ『フォルムリーノ君』を攻略せよ

F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの舞台となるイモラ・サーキットには、パドックのヌシがいる。彼に気に入られることが、このレースを制する鍵になるかもしれない……。

【インタビュー】ファン・パブロ・モントーヤが語る、F1とインディカーの将来、そして後進の育成

元F1ドライバー、ファン・パブロ・モントーヤのロングインタビュー。現在は息子をレースの世界に送り込み、後進の育成にも関心を持つ彼は、モータースポーツの行く末をどう見ているのか?

パワーユニットはF1界の“嫌われ者”? その是非について改めて考える

2014年にF1で導入されて以降、音やコストなどの点で度々批判を浴びてきたパワーユニット。しかしF1の将来のことを考えれば、それは決して悪手ではなかったはずだ。

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:コレが小椋スタイル。昇格2戦目5位でも“満足しない”

ロードレース世界選手権のMoto2クラスへの挑戦を始めた日本人ライダーの小椋藍。彼は第2戦ドーハGPでは開幕戦17位から一気にポジションを上げる5位でフィニッシュし、初ポイントを獲得した。早くも成長を見せた感のある小椋だが、「今回は経験あるライダーとの走りを通じて、多くのことを学び、吸収できたレースだった」と語るなど、収穫の多いレースとなったようだ。

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:『“今の限界”はポイント圏外』将来の飛躍へ“学び”の時

2021年のロードレース世界選手権開幕戦カタールGPで、Moto2クラスに参戦する小椋藍は17位でレースを終えた。中量級での初めてのレースではポイント圏外と悔しい結果となったが、小椋はレースを通じて学びを進め、連戦のドーハGPではポイントを獲得したいと語った。

【特集】歴代日本人F1ドライバーの“初陣”を振り返る……角田裕毅は歴史を塗り替えるか?

2014年以来7年ぶりの日本人F1ドライバーとして、2021年F1開幕戦のグリッドに並ぶ角田裕毅。彼はバーレーンの地で“歴史”を塗り替えることができるのか? 今回は歴代日本人F1ドライバーのデビュー戦の成績を写真と共に振り返る。

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:いざ中量級Moto2へ。開幕への仕上がりは?

2021年のロードレース世界選手権Moto2クラスは熱い。なぜなら前年にMoto3クラスで最終戦にまでもつれるタイトル争いを演じた小椋藍がステップアップを果たしているからだ。motorsport.com日本版ではその小椋藍の戦いに密着。今回はカタールで行なわれたプレシーズンテストから、Moto2での戦いに向けた意気込みなどを聞いた。

角田裕毅は初日の午後に登場! バーレーンのF1プレシーズンテスト担当ドライバー情報

いよいよ始まるF1プレシーズンテスト。2021年シーズンが本格的にスタートするが、3日間のテストでどのドライバーがいつ走行するのかを簡単に紹介する。

F1からインディカーに転向……成功を収めた10人のドライバー

昨年までF1を戦っていたロマン・グロージャンが、2021年からインディカー・シリーズに挑戦する。今回は、F1からインディカーへと転向し成功を収めたドライバーたちを紹介していこう。

アストンマーチンF1が目指した“美しいグリーン”。そこには12ヵ月にも及ぶ長い戦いが

3月3日に発表された、美しいグリーンのアストンマーチンAMR21。実はこのカラーリングが完成するまでには、多くの歳月と試行錯誤を要したのだった……。

【2021年F1新車】ハースVF-21:フォトギャラリー

ハースF1の発表した2021年シーズンの新車『VF-21』をフォトギャラリーでチェック!

角田裕毅にアルファタウリが”絶大なる”期待を寄せる理由……今季最も経験豊富なルーキー

角田裕毅は、FIA F3とFIA F2をそれぞれ1年ずつで卒業し、渡欧3年目という脅威的な速さでF1に辿り着いた。その角田に、所属チームであるアルファタウリが絶大な期待を寄せている。

角田裕毅、渡欧からわずか2年でF1昇格。関係者たちが目の当たりにした彼の“すごさ”とは?

FIA F2のルーキーシーズンで大躍進を遂げ、F1シートを射止めた角田裕毅。彼を特別な存在にした要因は何なのだろうか? 角田本人と、彼と共に仕事をしてきた人間に話を聞いてみた。

負傷のアロンソ、F1プレシーズンテストには参加できる? 怪我の影響を医師に訊く

F1復帰を間近に控え、自転車トレーニング中に事故に遭い負傷してしまったフェルナンド・アロンソ。その影響はどの程度なのだろうか?

【ギャラリー】2020年型ヤマハ・YZR-M1 マーベリック・ビニャーレス機

2020年シーズン、計7勝を収めたヤマハ勢。マーベリック・ビニャーレスの駆った2020年型YZR-M1の美麗スタジオショットをお届け。

【ギャラリー】ドゥカティ・デスモセディチGP 全マシン・全ライダー(2003〜2021)

2003年よりロードレース世界選手権MotoGPクラスへ参戦を開始したドゥカティ。彼らの歴代マシンとライダーをフォトギャラリーでご覧いただこう。

【特集】遅咲きの2世ドライバー……デイモン・ヒルが振り返るF1ベストレース5選

デイモン・ヒルが史上初となる親子2代でのF1ワールドチャンピオンに輝いて25年が経とうとしている。そんなヒルのF1時代のベストレースを本人の回想と共に紹介する。

最速から最後尾へ……ウイリアムズの”ジェットコースター”のようなF1キャリア

ここ数年はグリッド最後列を争うなど、厳しい戦いが続いているウイリアムズ。しかしかつてこのチームは、F1を席巻し、言うならば今のメルセデスのように”最強”の名をほしいままにしていた。しかし浮き沈みが多かったのも事実……その歴史を振り返る。

リカルドのシート合わせに密着! F1で快適な”座席”が重要なワケ

F1マシンにおけるドライバーの居住スペース、それがコクピットである。極限状態で戦うドライバーにとって、その快適さは必要不可欠。そのため、シートもドライバーひとりひとりに合わせて作られる。その工程をご紹介しよう。

アイルトン・セナが獲得した3つのタイトル。彼にとって最高のシーズンは1991年?

アイルトン・セナがチャンピオンを獲った3シーズンの中で、1991年は語られることが最も少ないシーズンかもしれない。しかしこの年は、彼にとっては最も成功したシーズンであると言えるのではないだろうか。

エントリー台数34の“戦国時代”……1991年のF1を彩った無得点チームたち:後編

18チーム34台という膨大な数のエントリーがあった1991年のF1で、1ポイントも獲得できなかった6つのチームの知られざる物語にスポットを当てる。今回はその後編。

エントリー台数34の“戦国時代”……1991年のF1を彩った無得点チームたち:前編

18チーム34台という膨大な数のエントリーがあった1991年のF1。今回は、その中で1ポイントも獲得できなかった6つのチームの知られざる物語にスポットを当てる……。

2021年WECエントリーリスト

2021年1月21日に発表された、WECの2021年シーズンエントリーリスト

F1キャリア50戦で入賞ゼロ……ルカ・バドエルは“無能ドライバー”だったのか?

F1における無得点ドライバーの最多出走記録を持ち、2009年にはフェラーリで散々なレースをしたことで知られるルカ・バドエル。そんなバドエルは“無能”の烙印を押されてしかるべきドライバーだったのだろうか?

【ギャラリー】2020年型ホンダ・RC213V アレックス・マルケス機精密スタジオショット

2020年のMotoGPを戦い抜いた、ホンダ・RC213V。レプソル・ホンダでアレックス・マルケスが駆ったマシンの精密スタジオショットをお届け。

激動の1年、劇的な瞬間が数多く生まれた……読者が選ぶ2020年ベストレース・ベストモーメント

Twitterにて募集した、2020年のベストレース・ベストモーメントの結果を一挙に紹介!

“今季最高の1台”はチャンピオンマシン? それとも……読者が選ぶ2020年ベストマシン

Twitterにて募集した、2020年のベストマシンの結果を一挙に紹介!

絶対王者か? それとも“二冠王”か? 読者が選ぶ2020年ベストドライバー/ライダー

Twitterにて募集した、2020年のベストドライバー/ライダーの結果を一挙に紹介!

【特集】千載一遇のチャンスで輝きを放った……代役F1ドライバーの活躍を振り返る

2020年のF1サクヒールGPでは、新型コロナウイルス陽性となったルイス・ハミルトンに代わり、未だキャリア無得点のジョージ・ラッセルが最強メルセデスのマシンをドライブする。今回は代役出場で印象的なパフォーマンスを見せたF1ドライバーたちを振り返る。

“史上最高”のF1を目指すためには何が必要か? 元敏腕エンジニアがF1の未来を語る

かつて敏腕エンジニアとして活躍したボブ・ベルは現在、F1の技術を広く社会に役立てようと奔走している。そんな彼に、F1の目指すべき道、未来について語ってもらった。

勝利せずとも……ニュルブルクリンクで印象的な活躍をしたF1ドライバー:2004年佐藤琢磨

今週末、ニュルブルクリンクで久々にF1のレースが行なわれる。2004年、同地で行なわれたF1ヨーロッパGPで印象的な活躍を見せたドライバーがいた。BARホンダ006を駆った佐藤琢磨である。

【完全図解】F1ステアリングホイール進化史:後編〜究極の操作性を目指して〜

F1のステアリングホイールは、年々進化を続けてきた。そんな進化の歴史を、ジョルジョ・ピオラのイラストと共に振り返っていく。今回はその後編。

【完全図解】F1ステアリングホイール進化史:前編〜技術革新の始まり〜

F1のステアリングホイールは、年々進化を続けてきた。そんな進化の歴史を、ジョルジョ・ピオラのイラストと共に振り返っていく。今回はその第1回。

毎年同じカレンダーじゃつまらない! 往年のF1開催地を復活させる“特別枠”を望む声

F1関係者たちは、新型コロナウイルスのパンデミックによって生まれた普段とは違う開催カレンダーが、ドライバーやファンにとって刺激的であることを知ったようだ。

【PR】“走る歓び”を全てのレース好きに。『アセットコルサ コンペティツィオーネ』が持つ圧倒的クオリティと裾野の広さ

PlayStation4用リアルレースシミュレータ『アセットコルサ コンペティツィオーネ』の日本語版が、9月24日に発売される。今回はこのゲームを実際に体験し、その魅力や、それぞれのユーザーに応じた楽しみ方を探ってみた。

今のコンセプトにも通じる? 1992年フェラーリの革新……F92A”ダブルフロア”

1990年代初頭、フェラーリは非常に厳しい時期を過ごした。1992年用マシンF92A は、革新的なダブルフロアを搭載し、そのパフォーマンスが有望視されていたが、チームの運命を変えることができなかった。

今季は“フェラーリ史上最悪の1年”となるのか? 過去苦戦したシーズンを振り返る

2020年は史上稀に見る大苦戦となっているフェラーリ。彼らの不振はF1における70年の歴史の中で最悪レベルなのか? 今回は跳ね馬が苦杯をなめたシーズンをピックアップして振り返る。

セナのアタックラップはなぜ速く見える? それを紐解き、現代に活かすF1映像チーム

サーキットを駆けるアイルトン・セナのマクラーレンは、ラップタイム的には現代のマシンよりもかなり遅いにも関わらず、むしろ速く見える。F1の映像チームはその謎を紐解き、F1ファンにより迫力のある映像を届けようと奮闘している。

アストンマーチンとの契約が成立しなければ……将来ペレスはどこに行く?

来季からアストンマーチン と名称を変えるレーシングポイント。同チームには、今季限りでフェラーリを離れるセバスチャン・ベッテルが加入するとの噂がある。そうなった場合、チームを離れることになると見られるセルジオ・ペレスはどこに行くのか……。

使用禁止になった”画期的”デバイス7:フレキシブルウイング……未来永劫、魅力的な開発領域

F1に登場した最も”トリッキー”なソリューションは、柔軟性を持つウイングとボディワークだ。しかしレギュレーションでは、断固としてそれを禁止すべく対処してきた。

企画『eスポーツを知る』第5回:グランツーリスモが見据える、“次のステージ”

グランツーリスモシリーズの生みの親、山内一典プロデューサーは新作の『グランツーリスモ7』発売にあたり、意外な発言をしている。今作は近年注目を集めているオンラインレースよりも、オフラインのモードを主体とするというのだ。しかしモータースポーツの未来を考えれば、これは大きな意味を持つはずだ。

F1仕事の流儀:フィジオ編「ドライバーの“右腕”として、心身共にサポート」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はカルロス・サインツJr.担当フィジオ(トレーナー)、ルパート・マンウェアリングだ。

どんな環境でも結果を残す。レッドブルが無視できなかったイゴール・フラガの才能〜前編〜

2020年からレッドブルジュニアの一員となったイゴール・フラガ。日本でレースキャリアを始めた彼がここまでたどり着くには、様々な紆余曲折があった。前編では彼のキャリア初期を本人のインタビューと共に紐解いていく。

必要? それとも不必要? F1最後の弱小チーム……奮闘も消滅した、マノーF1

F1の歴史は、華々しい活躍をするトップチームによる、激しいタイトル争いによって彩られている。しかしその裏では、数々の弱小チームも登場。彼らの戦いも、決して無視できないものだ。ここでは最後の弱小チーム、マノーの活躍を振り返る。

憧れの人の代役を務め、跳ね馬”1戦限り”のシートを手に……モルビデリの想い

1991年の最終戦直前、アラン・プロストは急遽フェラーリを追放された。代役に就いたのはジャンニ・モルビデリ。憧れのプロストの代役を、複雑な想いで務めたという。

使用禁止になった”画期的”デバイス6:圧倒的性能も”危険?” ブラバムのファンカー

1978年のスウェーデンGPでF1デビューを果たしたブラバムBT46B。”ファンカー”として有名なこのマシンほど、F1の歴史上登場してすぐに結果を残し、そしてすぐに使用が禁止された例はない。

F1仕事の流儀:チーフメカニック編「機械だけでなく、人を動かす力が重要」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はハースのチーフメカニック、マット・スコットに話を聞いた。

2020年ル・マン24時間レース:フルエントリーリスト

2020年のル・マン24時間レースに参戦する59台のマシンと、これまでに発表されているドライバーをチェック!(9月16日発表時点)

また盛大に祝える日を願って……“ウィズコロナ”のF1で失われる感動的な光景

2020年シーズンのF1は、新型コロナウイルスのパンデミックによる混乱の中で、7月にようやくスタートしようとしている。しかしながらその“新しい活動様式”の中で、いくつかの象徴的なイベントが失われてしまう可能性がある。

ラップタイム1分切り?? バーレーン”半オーバル”をシミュレータで走ってみた!
ビデオ・インサイド

ラップタイム1分切り?? バーレーン”半オーバル”をシミュレータで走ってみた!

今季後半戦でF1レースの開催が見込まれるバーレーン。同地では2戦の開催が予定され、そのうち1戦は、ほぼ”オーバル”のレイアウトになることが検討されている。この”オーバル”レイアウトはどんなモノになるのだろうか?

F1でわずか1勝、されど1勝……10人のドライバーたち

70年のF1の歴史の中で、1勝のみでグランプリシーンから去っていったドライバーも数多くいる。そのドライバーの中から特筆すべき10人をピックアップ。

リバースグリッド予選レースは、F1を救うのか……2005年F1日本GPを例に検証

F1は公式YouTubeチャンネルで、2005年のF1日本GPのフルレースの無料配信を開始した。なぜこのレースが選ばれたのか……これは最近、今年のイベントでリバースグリッドの予選レースを行なうという案が反対されたことと、無関係ではないだろう。

使用禁止になった”画期的”デバイス5:安定したダウンフォース発揮のため……ブロウンディフューザー

F1マシンのパフォーマンスを探し当てるには、少々の才能が必要だ。そして既成概念に捉われない思考、そしてレギュレーションの境界を押し広げる意欲もなければいけない……。

トラブルメーカーであり革新車……フェラーリ640「美しきゲームチェンジャー」

F1マシンが目立つ時、それは数々のレースで勝利を手にしたか、素晴らしい強さでタイトルを勝ち取ったか、そのいずれか……という単純なモノではない。それ以外の要素でも、人々に記憶に残ることもある。フェラーリ640はそんな1台だ。

モータースポーツのそもそも論(1):エンジンって何なんだ?

モータースポーツに限らず、人々の生活に身近な存在の”エンジン”。そもそも、どんな構造になっていて、どんな役割を果たしているのだろうか?

ウェーバーとレッドブル、その関係の”終焉”が始まった日:2010年トルコGP

レッドブルがF1の中団グループから抜け出し、トップグループの一角に加わった時、マーク・ウェーバーとセバスチャン・ベッテルの間の緊張が高まり始めた。その最初の綻びは、2010年のトルコGPで始まった……。

かつて親友だったふたり……ロズベルグとハミルトンの友情が崩壊した日:2014年モナコGP

2010年代のF1において記憶に残る戦いを繰り広げたルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグ。ふたりの友情は、2014年モナコGPで崩壊した。

【F1メカ解説】”難攻不落”モナコに登場した、奇抜なアイデア……もっとダウンフォースを!

狭く、曲がりくねったモンテカルロ市街地コースで開催されるF1モナコGP。ここを攻略するためには、他のサーキットとは異なる能力……つまり多くのダウンフォースと俊敏性が必要だ。チームはこれまで、アドバンテージを築こうと、様々な解決策を投入してきた。