フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
180 articles
フィルターをクリアにする
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

【F1メカ解説】”走り慣れた”バルセロナに登場した、各チームのアップデート

カタルニア・サーキットで始まった、F1スペインGP。そこに持ち込まれた各チームのマシンのディテールを観察!

ハミルトンとボッタスで、リヤウイングの仕様を分けたメルセデス……これが”7回王者”ポルトガル勝利の要因か?

メルセデスは、F1ポルトガルGPでルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスに異なる仕様のリヤウイングを使わせた。最終的にはハミルトンが勝負を収めたが、このリヤウイングの違いも、両者の差を生み出す一因になったかもしれない。

なぜレッドブルのトラックリミット違反に対する不満は受け入れられない?……FIAが反論

レッドブルはF1ポルトガルGPにてマックス・フェルスタッペンがトラックリミットを逸脱したとしてファステストラップの追加ポイントを失ったことに苛立ちを隠せていない。

【F1メカ解説】ポルトガルGPに持ち込まれた、各チームの最新アップデート:ピットレーン直送便

アルガルヴェ・サーキットで始まった、2021年のF1第3戦ポルトガルGP。各チームは今回のレースにも、様々なアップデートパーツを持ち込んできた。

レッドブルRB16Bの「見せたくない所」が見えた! 最速マシンの”秘密”を読み解く

F1チームは、ライバルにマシンデザインの”秘密”を見られないようにするため、多大な注意を払っている。しかし、想定外の事態が生じた場合、その秘密が露見してしまうこともある。エミリア・ロマーニャGPでは、レッドブルのマシンの詳細を観察することができた。

【F1メカ解説】Z字型フロア、すでにトレンド化……しかし、大きく異なる各チームの解決策

フロアの面積が縮小されることになった2021年のF1。最大限のフロア面積を確保するならば、フロアの後方は斜めに細い形状になるはずだが、効果的にダウンフォースを生み出すべく、各チームの頭を悩ませた。その結果としてトレンド化しつつあるのがZ字型のフロアだ。

【F1メカ解説】”不安定”だったメルセデスW12に改善の兆し……チームは何をやったのか?

シーズン開幕前テストで遅れを取ったメルセデス。しかし時が経つに連れ、その戦闘力を取り戻しつつある。彼らは一体何をやってきたのか? またメルセデス以外のチームも、アップデートを行ない、戦闘力を向上させている。

【F1分析】開幕2戦で露呈した“移籍組”の低調ぶり。なぜ彼らはここまで苦しんでいるのか?

2021年のF1は開幕2レースが終了したが、特にチームを移籍したドライバーたちの苦戦が目立っている。今、彼らに何が起こっているのだろうか‏?

【F1メカ解説】エミリア・ロマーニャGP初日に激写されたマシンの“裏側”

F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの初日に撮影された写真では、これまで見られなかったマシンの細部を確認することができた。

【F1メカ解説】エミリア・ロマーニャGPピットレーン直送便:3週間で各チームアップデートを準備

イモラ・サーキットで開催される2021年のF1第2戦エミリア・ロマーニャGP。開幕戦から3週間の間に、各チームはアップデートを準備し、このグランプリに持ち込んでいる。

各F1チームで解釈分かれる新規則のフロア。”Z字型”が2021年のトレンドになる?

2021年のレギュレーションに適したフロアの形状について、各F1チームの意見は大きく2つの意見に分かれているようだ。

【F1分析】アルファタウリ・ホンダは2021年に”サプライズ”を起こせるか?

角田裕毅が加入し、2021年のF1開幕戦で印象的な活躍を見せたアルファタウリ・ホンダ。今後も、彼らの活躍は続くのだろうか? 開幕戦を見る限り、そうなる可能性は高そうだ。

変わりつつあるF1のスポンサー事情。広告塔の域を超えたより深いパートナーシップへ

かつてはタバコ広告などがマシンを彩っていたF1。しかしそれから数十年が経ち、スポンサーシップの形は新しい時代に突入しつつある。

FIA、F1マシンの車検を強化。レース後1台をランダムに選出し、徹底調査……その理由とは?

FIAの技術部門は、ますます複雑化するF1テクニカルレギュレーションの監視を強化するため、今季開幕戦バーレーンGPから、新たな”秘策”を導入した。

F1ドライバーには”優れた洞察力”も必要! ハミルトンは名スパイ?「ケーブルの細かい違いに気づいた」

ライバルチームの動向に目を光らせるのも、F1を形作るひとつの要素であり、ドライバーによるフィードバックも重要になってくる。

【F1分析:バーレーンGP決勝】ハミルトンの秀逸すぎるタイヤマネジメント……絶体絶命の状況を打破

下馬評を覆し、2021年のF1開幕戦バーレーンGPを制したルイス・ハミルトン。決勝レースのペースを分析してみると、彼の抜群なタイヤマネジメント術が見えてきた。

【F1分析】やっぱりレッドブルが決勝でも強い?|バーレーンGPのFP2、ロングランペース検証

F1バーレーンGPのFP2のロングランペースを分析。その結果、やはり決勝でもレッドブル勢が速そうだというデータが見て取れる。またデビュー戦の角田裕毅のペースも、十分に期待が持てると言えそうだ。

【F1メカ解説:2021年開幕戦バーレーン】初戦で見えてきた、各チームの”秘密”兵器

開幕戦の舞台バーレーン・インターナショナル・サーキットに集った20台のF1マシン。木曜日のパドック/ピットレーンでは、各チームが新シーズンに向けて手塩にかけて育ててきたデバイスを確認することができた。

2021年のF1レギュレーションはどう変わる? 開幕を前にチェック!

2021年のF1がいよいよ開幕する。角田裕毅のデビュー、ホンダF1の最終年ということもあり大きく注目を集めているが、そのシーズンを楽しむためにも、今一度その詳細をおさらいしておこう。

マクラーレンF1、”画期的”なディフューザーを採用。他チームが真似をする?

今季のF1はダウンフォースを削減するため、空力のレギュレーションに変更が加えられた。しかし各チームはこのダウンフォースを取り戻すために、様々な解決策を採用。中でもマクラーレンはディフューザーに興味深い処理を施してきた。

【F1メカ解説】プレシーズンテストに登場した2021年マシン。そこから垣間見える開発の跡

バーレーン・インターナショナル・サーキットで始まったF1の2021年プレシーズンテスト。そこで投入されたマシンからは、新車発表時には分からなかった様々な開発の跡が垣間見えた。

ダウンフォース”10%削減”レギュレーション……対策できたかは実際に走るまで分からない??

今季のF1に課された、空力面のレギュレーション変更。これによりF1チームは、大きな課題を抱えることになった。

F1新車”雑感”解説:ウイリアムズFW43B。昨年のレーシングポイントのようなサイドポンツーン

ウイリアムズが発表したニューマシンFW43Bは、カラーリングのみならず、マシン後部にも大きく手が入れられているようだ。

F1新車”雑感”解説:アルピーヌA521。エンジンカウルの形状が変更、他とは一線を画す

エンジンカウルが大幅変更されたアルピーヌA521。新パワーユニットの投入は来年に延期されたため、真の意味での躍進を目指すのは、来年になるのかもしれない。

F1新車”雑感”解説:アストンマーチンAMR21。今度は”グリーンメルセデス”?

アストンマーチン”復活”初となるマシンAMR21が、3月3日に発表された。このマシンは、レーシングポイントRP20からそのカラーリングがガラリと変わったが、それと同時にサイドポンツーンも変更。メルセデスに近くなっている印象を受ける。

F1新車”雑感”解説:メルセデスW12。エンジンカウルの膨らみの意味は?

メルセデスが発表した2021年用のニューマシン”W12 Eパフォーマンス”は、カウルが細く絞り込まれた印象。そのためか、カウルには目立つ膨らみが存在する。

【F1分析】メルセデスW11はどのようにして作られたか? “史上最速F1マシン”となる可能性も

2022年の新規則導入に先駆け、2021年はダウンフォース量を削減するレギュレーションを制定したF1。これはつまり、2020年のメルセデスW11が“史上最速のF1マシン”となる可能性が高いことを意味している。

メルセデスF1の新車W12の”重箱の隅をつつく”ような開発……この怠らない姿勢が最強の証

2014年以来、圧倒的な強さでF1の世界を支配してきたメルセデス。彼らはどこか一箇所のみが秀でているわけではなく、様々な部分での細かい開発の積み重ねが、その成績を後押ししている。少しだけ公開された新車W12にもその努力が垣間見えた。

【F1メカ解説】メルセデス強さの秘密。パワーユニットだけじゃない……秀逸・俊敏な空力開発

圧倒的な強さを維持しているメルセデス。確かに優秀なパワーユニットを持っているが、それだけではない。秀逸かつ、細かな空力開発も、彼らの強みと言えるだろう。

レッドブルは何かを隠している? 2021年のF1新車『RB16B』の走行写真を一切公開せず

F1チームは新車の秘密を隠そうとするものだが、今季のレッドブルは徹底して新車『RB16B』の情報を漏らさないようにしている。

F1新車”雑感”解説:アルファタウリAT02”その2”。発表時とはノーズもフロントサスもまるで違う!

アルファタウリがイモラで新車AT02をシェイクダウン。しかしそのマシンは、発表会の際に公開されたイメージとは、大きく異なっていた。

F1新車”雑感”解説:レッドブルRB16B。60%が昨年型と同じ……でもリヤサスペンションに変更あり

レッドブル・ホンダは2021年用のニューマシンRB16Bを公開した。チームは60%は昨年型と同じと言うが、リヤサスペンションには変更が加えられているのが確認できる。

レッドブル、“ポストホンダ時代”に向け見通し良好か。新会社設立で柔軟性も確保

2021年限りでホンダがF1活動を終了するため、2022年以降はホンダ製PUを引き継いで自社で運用していくこととなったレッドブル。そのための“必須条件”でもあった2022年からのPU開発凍結は合意となり、見通しは概ね良好に見える。

F1が目指すアメリカでの”2レース目”……それは目指す価値のあるものなのか?

F1のオーナー企業であるリバティ・メディアは、アメリカでのF1人気を高めようと躍起になっている。その一環として国内2レース目のF1を画策しているが、その現実味はどの程度あるのだろうか?

F1新車”雑感”解説:アルファロメオC41。ウイングステー外側の下向きフィンの意味は?

アルファロメオF1が発表した、2021年用ニューマシンC41。彼らも2トークンを使いノーズを改修してきたが、フロントウイングステーの外側につけられた下向きのフィンの意味が気になるところだ。

F1新車”雑感”解説:アルファタウリ・ホンダAT02。既に2020年中盤レベルの性能?

アルファタウリが2021年用F1マシンとして登場させたAT02。カラーリングが変わったことによりイメージが大きく変わるが、中でも注目なのは、フロアの複雑な形状だ。

KTM、タイトル挑戦に“スーパーエンジン”は必要ない? 2021年が有望な理由

MotoGPの2021年シーズンに向け、KTMが“スーパーエンジン”を開発するのではないかというライバルたちの懸念は、KTM側がそれを否定したことでひとまず杞憂に終わった。しかし彼らはタイトルを目指す上で本当に“スーパーエンジン”を必要としていないのだろうか?

F1新車”雑感”解説:マクラーレンMCL35M。メルセデスのPUはやっぱりコンパクト?

最初に2021年用F1マシンを発表したマクラーレン。今季はマシンの開発に厳しい制限があるが、空力面は比較的自由であり、よく見れば各所に変更が加えられている。

【F1技術分析】躍進狙うアストンマーチン、開発トークンでモノコックを変更か?

アストンマーチンは、2021年に向けてより多くのパフォーマンスを引き出すため、開発トークンを使ってモノコック周辺を再設計しているようだ。

フェラーリ、新車『SF21』で冷却系を再設計? PU初始動の動画から見えてくる進歩

フェラーリは3月10日に2021年シーズンを戦う新車『SF21』を発表するが、チームが発表したPUの初始動動画で、その進歩が垣間見えた。

F1スプリント”予選”レース実現へ、越えなければならないいくつかのハードル

F1は土曜日スプリントレースを開催する方向に舵を切った。うまくいけば、今季複数のレースで実験的にこのアイデアが実施されるが、そのためにはまだ越えなければならないハードルがいくつか存在する。

2021年、各チームに課される空力開発ハンデとは? 鍵となるのは”6月30日”

2021年から導入される空力開発ハンデキャップ。各チームに課される制限値は? 6月30日、そしてフランスGPがひとつの鍵になるかもしれない。

新たに施行されるF1”空力開発制限”は、”努力と効率”が報われるハンデキャップ?

2021年シーズンから、F1には様々な新しい規則が導入される。各チームの空力開発時間を制限する”空力試験制限”もそのひとつ。強いチームほど少なく、弱いチームほど多く風洞実験やCFDを行なうことができるのだ。ある意味F1で初の”ハンデ”ということになる。

F1チームの短い冬休み、宿題は山盛り! 予算制限や新レギュレーションにどう対応する?

F1チームが冬の間、新車の準備や最新のレギュレーションへの対応に追われていることは周知の事実だが、このオフシーズンには新たなアプローチが必要とされている。

角田裕毅が見せた驚異の成長曲線。その“柔軟な姿勢”がF1昇格の要因に

周囲が驚くようなスピードでステップアップを続け、F1へとたどり着いた角田裕毅。成長のためには自らのアプローチを変えてみせるその柔軟性が、彼をここまで押し上げたのかもしれない。

20人中6人が感染……F1ドライバーに新型コロナウイルス感染者が多いのはなぜか?

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが、新型コロナウイルスの感染した。これで、同ウイルスに感染したF1ドライバーは6人。現役のほぼ1/3が感染したということになる。F1ドライバーが多く感染しているのには、何か理由があるのだろうか?

メルセデスのマシンがF1最強であるために……W05〜W07開発ヒストリー

現在F1最強の名を欲しいままにしているメルセデス。しかし2013年までは、年に1勝できるかどうかのチームだった。2014年、現行のパワーユニットレギュレーションが施行されると、彼らは一気に登り詰めた。そして、それには十分な理由が存在する。

最近のF1マシンは速くなりすぎ? ダウンフォース削減に踏み切らせた驚異のタイム向上

2021年シーズンのF1では、タイヤへの負荷を軽減するためにダウンフォース量が削減される。その背景には、ここ数年間の驚異的なまでのパフォーマンス向上があった。

V12で王者になったのは実はひとりだけ……セナ&MP4/6の物語

多くのF1ファンは、V12エンジンに今も幻想を抱いている。しかし実は、V12エンジンを駆るドライバーがチャンピオンを獲得したのは、過去ひとりだけ。1991年にマクラーレンMP4/6・ホンダを走らせたアイルトン・セナだけだ。

2021年フロア規則変更……最も大きい影響を受けるのはレッドブルかメルセデスか?

2021年のF1マシンは、昨年のマシンから開発が凍結されているため、勢力図に変化はないのではないかとの見方が強い。しかしながら、どうも一部改訂される規則には、勢力図に大きく影響を及ぼす可能性がありそうだ。

メルセデスは、シーズン後のテストを活用するため、アブダビGPを犠牲にした?

最終戦アブダビGPでレッドブルのマックス・フェルスタッペンに完敗を喫したメルセデス勢。しかし彼らは将来のため、この1戦を犠牲にしたのではないかという疑念が生じている。

F1メカ解説:2021年に向け、各チーム空力処理をテスト……跳ね馬の複雑な計測装置

いくつかのF1チームは、2021年用パーツのテストを、シーズン中からスタートさせていた。アブダビGPでは特に、フェラーリが行なっていた来季に向けたテストに注目が集まった。

F1アブダビGP、”対コロナ”厳戒態勢で開催。前代未聞の大移動、そして大規模隔離を実施

F1最終戦アブダビGPは、2020年シーズンの中でも最も厳しい新型コロナウイルス感染拡大防止対策の下で開催が進められている。

F1分析|衝撃の大クラッシュから、グロージャンはどうやって生還できたのか?

F1バーレーンGPで激しいクラッシュを経験したにもかかわらず、コクピットから脱出し、軽症で済んだロマン・グロージャン。この事故と彼の生還劇は、F1がこれまで進めてきた安全性向上策を裏付けることになった。

フロントウイング”7度違う”ミスで真価は見えずも……レッドブル、トルコに改善パーツ投入

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、イスタンブールパーク・サーキットで行なわれたF1トルコGPで、左右のウイングの設定が7度ずれていたことにより、勝利のチャンスを逃した。その設定ミスにはどれほどの影響があったのか?

F1メカ解説|まさに”汚れた英雄”……空力解明のヒントに? 黒く染まったF1マシン

トルコGPの決勝レースを走り、黒く汚れたF1マシンたち。そこには、空力効果の解明に繋がるヒントが複数存在する。

F1メカ解説|大荒れトルコで明らかになった、各F1チーム”ヒミツ”の空力

大荒れとなったF1トルコGP。再舗装されたばかりの路面に浮いた油分が、各マシンのボディワークに描き出した筋。それこそが、本来ならばチームが隠して置きたかった、空力面の秘密を暴いた……。

F1界の絶対王者ハミルトン、電撃引退の可能性は本当にあるのか?

「2021年もF1のグリッドにいる保証はない」とコメントしてドライバー市場をざわつかせたルイス・ハミルトンだが、彼のF1電撃引退は果たして現実的なのだろうか?

”秘密の”フロントウイングを投入したレッドブル。それが意味するモノとは?

レッドブルの2020年シーズン用マシンRB16は、シーズン序盤の段階で、空力的にかなり敏感であることが分かった。チームはこの傾向を解消するため、様々なアップデートを定期的に施している。

ようこそ未知の世界へ……情報不足のF1アイフェルGP。決勝には驚きが?

F1ドライバーとチームは、アイフェルGPの”未知”に挑もうとしている。2013年以来久々の開催、予想以上の低温、そして金曜走行のキャンセル……タイヤの性能がどうなのか、誰にも分からないまま決勝レースを迎えることになるのだ。